チワン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チワン族
Madame Xian.jpgLu Rongting.jpgCen Chunxuan (1).jpg
Huang Xianfan Graduation Photo.jpgLu Tao.jpgWeiguoqing.jpg
チワン族の著名人の写真
洗夫人陸栄廷岑春煊
黄現盧燾韋国清
各種表記
繁体字 壯族
簡体字 壮族
拼音 Zhuàngzú
注音符号 ㄓㄨㄤˋ ㄗㄨˊ
広東語発音: Jong6juk6
テンプレートを表示

チワン族壮族)(チワンぞく、チワン語: Bouxcuengh, 旧表記 Bouчcueŋь, ポウシューン)は、主に中国南部やベトナム北部に住居する原住民族である。中国では広西チワン族自治区中西部や雲南省南西部、広東省東部、貴州省南部、湖南省南部などの山間部に約1,854万人(2010年の第6回全国人口調査統計による)が住み、中国最大の少数民族となっている。言語はタイ・カダイ語族に属するチワン語を話す。壮族(そうぞく)、チョワン族、チュアン族と言う日本語表現もある。

名称[編集]

チワン族(壮族)
Bouxcuengh
Zhuang people of Longzhou Guangxi.jpg
広西チワン族自治区竜州県の板池“美人村”のチワン族
総人口
1854万人(2010)
居住地域
中華人民共和国の旗 中国広西チワン族自治区人口:14.207.143人(2000)[1]
雲南省人口:1.144.021人(2000)[2]
広東省人口:570.200人(2000)[3]
貴州省人口:52.065人(2000)[4]
海南省人口:50.507人(2000)[5]
湖南省人口:23.559人(2000)
河北省人口:20.832人(2000)
浙江省人口:18.998人(2000)
言語
チワン語
宗教
主に道教仏教

三国時代の俚人や僚(獠)人が祖先ではないかとされる。代以来、主に撞、僮、などと呼ばれ、中華人民共和国成立後は僮族に統一されたが、僮には「わらべ」、「しもべ」などの差別的な意味があるため、1965年に壮族(Zhuàngzú)と改称された。日本では漢字のままで「壮族(そうぞく)」ということもあるが、一般的には漢字を使わず、「壮」の中国語読みの「チュワン」から「チワン族」と呼ぶ。自称に近い音でいえば「シューン族」となる。

歴史[編集]

嶺南地区(ほぼ現在の広東・広西)の原住民族として長い歴史を持っている。数万年前の頃から、チワン族の祖先たちはすでに中国の南方で生活していた。代(春秋戦国)の頃は百越と呼ばれる諸民族の一派で、駱越西甌などの国家を築いた。代に南越国の支配下に入り中華文明の一部となったが、代までは、部落制社会が続いた[1]代に封建制度社会に移行し、代には少数民族首長の世襲支配を認める土司制度が行われた。勇猛なチワン族の兵士は「俍兵」(「狼兵」)と呼ばれ、瓦氏夫人に率いられた田州俍兵が倭寇鎮圧に動員されたこともある。代になって改土帰流が行われ、直接支配地域になった。漢民族との接触の歴史が長く、経済活動に必要性があるため、漢語も広く浸透した。

近代には1850年太平天国の乱が広西の金田村で始まったため、チワン族も多数参加した。1929年から1932年にかけて鄧小平が広西で指導した右江革命根拠地にも多くが参加し、中国では革命的伝統が称えられる。日中戦争時には日本軍との戦いに参加する者もいた。

民族自治区域[編集]

1952年12月、広西省西半分に桂西チワン族自治区が成立し、1956年自治州に改められた。1958年には、中国の少数民族としては、モンゴル族チベット族ウイグル族回族と並び、「省」と同格の民族自治区「広西チワン族自治区」が設けられ、広西省全域に拡大して、今日の広西チワン族自治区となった。

人口と分布[編集]

チワン族の伝統的生活地域 - 雲南省文山チワン族ミャオ族自治州広南県八宝鎮

中国少数民族のうち人口は最大で、2000年の第5回全国人口調査統計によると男性は837.67万人、女性は780.2万人の計1617.88万人[2]。また、都市部には22.37%、農村部には77.63%が住んでいる。2010年の第6回全国人口調査統計の速報によると、チワン族の総人口は約1800万人に達している[3]。居住地域としては9割以上が広西チワン族自治区内であるが、他に広東省貴州省雲南省湖南省などに広がっている。自治区内では分布は全域あまねく広がっているが、人口では首府である南寧市に約400万人、柳州市に約200万人が集中し、百色市河池市などの地区でも主な民族として多く居住している。他省では、1958年雲南省東南部に文山チワン族ミャオ族自治州が、1962年広東省北西部に連山チワン族ヤオ族自治県が設置されている。どちらも広西に接する場所で、文山に約110万人が、連山に約50万人が住んでいる。

言語[編集]

子鴨を意味する古壮字(上)と現代チワン語(下)

独自の言語、チワン語(壮語)がある。南北二大方言があるが、基本的に文法構造や語彙は同じである。以前は漢字六書の手法を応用してチワン語の音声を表現する古壮字という文字を用いていたが、1300年以上の歴史がありながら、標準化がなされなかったためにあまり普及せず、政府は1957年にチワン族のために表音文字ローマ字ロシアキリル系文字アラビア数字を応用してチワン文を制定した。1982年には修正が行われて、ローマ字だけで表記できるようになり、チワン語の新聞教科書なども出版された。中国の通貨人民元の紙幣には、中国語モンゴル語チベット語ウイグル語と共に旧表記のチワン語の表示がある。区内の行政機関や看板、表示には漢字とともにチワン語の表記がなされていることが多い。都市部に住むチワン族は日常的に中国語(広東語など)を使用している。

下位集団[編集]

チワン族の伝統的生活地域 - 広西チワン族自治区南寧市隆安県喬建鎮

チワン族は言葉の方言差も大きく、プーヨイ(布越伊)、プーノン(布儂)、プーノン(布土)、カンヤン(講央)などの異なる自称を持つ下位集団が20余りあるが、中国共産党の民族識別工作の下で、チワン族にまとめられている。

宗教[編集]

正一派道教を信じ、冠婚葬祭の儀礼もこれに乗っ取って道士が行うことが多い。家の中にある神棚には、先祖を中心に奉り、合わせて左右にかまど神と子供の成育を見守る聖母娘娘などが奉られる。近代にキリスト教の布教も行われたが、浸透しなかった。 葬儀は道教式が多く、北部では土葬、南部では土葬した後、数年後に金塔と呼ばれる骨壺に遺骨を納め直す複葬が多い。埋葬場所は風水によって決める。

文化[編集]

芸能[編集]

広西で出土した銅鼓

チワン族の伝統文化としては青銅製の太鼓銅鼓」(ニェーン、nyenz)も知られている。イ族ミャオ族などの周辺民族にも広がったドンソン文化を代表するもので、中国南部の雲南省からベトナムなどの東南アジアにかけて出土も多く、音がよく響き、宗教的な意味を持つ楽器として使われた他、古代の権力と財産の象徴でもあった。銅鼓には精巧な鋳造で民族の姿を描いたものもあり、部落制など、古代社会の様子を示す資料にもなっており、これを叩いてリズムを取る民族音楽も伝えられている。

チワン族はまた古来より歌舞を好み、歌姫として劉三姐が著名で、映画の題材にもなっている。チワン族は民謡を歌うことで有名なのである。歌詞は美しく、押韻するように作られる。民謡の中には歴史を語る古い歌もあれば、生産技術を教える生産の歌や、および酒の歌、恋の歌もある。主に苦しい歌で、たとえば作男の歌婦人の苦しい歌などである。チワン族は踊りも得意で、悠久の歴史を持つ銅鼓の踊りは、リズムが明るく、ステップも力強い。農閑期や祝日、冠婚葬祭の時、各地で一問一答形式で歌う歌垣を行う。彼らはこの日を「歌の市」と呼んでいる。歌垣の風習やチワン語による歌劇壮劇が伝わる。

靖西市徳保県にはシン・ヤーハイと呼ばれる伝統的な操り人形劇がある[4]

工芸[編集]

雲南省のチワン族の伝統的服飾

工芸品としては五色の糸で美しく刺繍を施した壮錦が有名で、図案が精巧で美しい、現在も生産されている。 チワン族は手織布の生地を使って多種多様なデザインの服を作る。藍染めなどの染色技術も伝統的に持っており、女性は普段青みがかった黒のズボンをはく、ズボンのすそは少し広げ、頭を綾織のタオルのようなもので包み、腰には精致なデザインのエプロンを結んでいる。多くの若者は前ボタン式の上着を着て、腰に紐を結んでいる。服飾は男女とも黒色を正式の礼装とする。

建築[編集]

チワン族は山や水の近くに居住することを好む。伝統的に「干欄」(ranzgyan)と呼ばれる高床式の木造家屋に住む習慣があった。多くは長方形の切妻入母屋丸瓦屋根が乗る。住宅の上層には人が居住し、下層でブタなどの家畜を飼う。近年は平屋の住居が一般的になっているが、どちらも左右対称に近い配置を持ち、中心線の奥まった位置に神棚が置かれる。神棚のある庁堂では祝典や社交活動を行い、両端の部屋に人が住む。神棚の後ろに後庁と呼ばれる部屋があることも多く、家長などが住む。生活は暖炉の周りが中心となり、毎日三度の食事はここでとる。近年、農村では、肥だめから発生するメタンガスを燃料として、台所での調理に使うシステムが広がっている。

食文化[編集]

食文化としては食中心であるが、一年を通じて野菜がとれる環境にあり、白菜瓜類、豆類などの野菜を多く食べる。農家は自宅でブタニワトリガチョウなどを飼育して食用とし、一部には犬食文化ヤギの料理もあるが、草食で農耕に必要な水牛は一般に食べない風習をもつ。行事食に糯米は欠かせず、旧暦3月3日の「三月三」の祭の時に客のもてなしに食べる「五色飯」(ハウナンハーサク、haeuxnaengj haj saek)は、炊く前の糯米に赤フジバカマ、黄飯花、楓葉、紫藤などの植物の汁をそれぞれ浸たして赤、黄、黒、紫に着色したもので、白飯と合わせて五色にする。春節と端午の節句には、どの家も「駝背粽」(猫背ちまき、faengx)を作る。作り方は、質のいい糯米を水に浸した後、洗った棕櫚の一種rongdaijの葉で包む。包む時に中にリョクトウ小豆餡または、味付けした豚肉を入れて両端を平たく丸め、真中を隆起させ、猫背のようにする。大きいものは1キログラムほどの大きさになり、小さいものでも500グラムはあるので、長い時間煮なければならない。祭りの時のプレゼントとして重宝される。ほかに、端午の節句の細長いちまき「羊角粽」(faengxgaeuyiengz)や草木灰の灰汁を加えて作るあくまきもある。他に特徴的なものでは、(ceiz)を搗いたり、刺身に似た「魚生」を食べたり、檳榔の実を噛む習慣がある。春節、三月三、重陽節のハレの料理としては、内臓を取ってショウガを入れた鶏を丸ごと煮る白斬鶏が一般的であり[5]、婚礼では広東省の漢族やベトナム人同様に小豚の丸焼きも用意される。

習俗[編集]

結婚儀礼は漢族のものに似るが、嫁入りの際にも親族による歌の掛け合いが行われる習慣がある。また、1980年代ごろまで、結婚しても子どもが授かるまで嫁と夫が数年間別居を続ける「不落夫家」(ふらくふか)の習慣があった[6]

民族性[編集]

伝統的に来客を好み、見知らぬ客でも厚くもてなす。同じ民族間ではよく団結し、時に山塞を構える。農業には勤勉だが、商業を嫌う傾向がある。タイ系民族一般に見られる特徴だが、女性がよく働き、農作業も行う。男性は勇猛でよく戦う。

祭日[編集]

チワン族の伝統的「三月三」舞踊

主な祭日、年中行事に旧暦1月1日から15日までの春節(シン、cieng)、2月2日土地公祭(豊作祈願)、3月3日「三月三」、5月5日端午節7月14日15日の中元節(盂蘭盆会)、8月2日の土地公祭(豊作祝い)、8月15日中秋節9月9日重陽節があり。春節、三月三、重陽節が重視される。

歌節[編集]

旧暦の3月3日「三月三」(サームニッサーム、Samnyied sam)は、墓参の後、多くの人々が着飾って歌を歌い上げる祭典、「歌節」(かせつ)が行なわれる祝日となる。元々、歌垣と呼ばれる男・女間で即興の歌を歌い、愛情を伝え合うという風習もあり、チワン族の居住する地域を「歌の海」と表現されることもある[7]。チワン族の「三月三」は観光資源として注目され、民族舞踊や「歌合戦」などを披露するイベントも行われている。ただし農村部や山間部では、昔ながらの歌交換の風習が残っている。

その他[編集]

  • チワン族の祭に隴端節(チワン語で畑のあぜへいくという意味)がある。伝説によるとこの祭日はもう70年の歴史をもち、もともとは民族の英雄の儂智高1052年4月、宋王朝に反対して兵をあげることを記念した。今隴端の町はすでに富寧県のあたりのチワン族、ヤオ族、漢族、イ族の各民族が物質を交流したり。共同に祝ったりする伝統的な祭である。
  • 百色市にはチワン族独自の相撲の祭がある[8]

著名人[編集]

2008年の北京オリンピックの開会式において、五輪聖火リレーの最終ランナーとして北京国家体育場で宙に舞い1周回り、聖火台の最終点火者を務めた李寧
  • 洗夫人 - 南北朝時代のチワン族の女性指導者。
  • 儂智高 - 北宋の大暦国・南天国・大南国の反乱の指導者。
  • 蕭朝貴 - 太平天国の指導者の一人。天王洪秀全から西王に封ぜられ、八千歳と称した。
  • 韋昌輝 - 天王洪秀全から北王に封ぜられ、六千歳と称した。
  • 石達開 - 太平天国の指導者の一人。洪秀全から翼王に封ぜられ、五千歳と称した。
  • 李開芳 - 太平天国の指導者の一人。地官正丞相に任命された。
  • 林鳳祥 - 太平天国の指導者の一人。天官副丞相に任命された。
  • 蒙得恩 - 太平天国の指導者の一人。賛王に封ぜられた。
  • 黄鼎鳳 - 清末の大成国の蜂起の指導者。
  • 呉凌雲 - 清末の延陵国の蜂起の指導者。
  • 陸栄廷 - 清末民初の軍人、政治家、桂軍(広西軍、広西派)の創始者。
  • 岑毓英 - 清の軍人・政治家、チワン族で初めて総督に出世した人物である。
  • 李文彩 - 清末の民衆反乱の指導者。
  • 盧燾 - 中華民国の軍人・政治家、1921年5月、孫中山から黔軍(貴州軍)総司令兼貴州省長に任命された。
  • 韋抜群- 中華民国の軍人・政治家。
  • 黄現 - 中華人民共和国の歴史学者、民族学者、中国チワン族史学の創立者、中国現代民族学研究の先駆者のひとりとされ、中国壮学研究の第一人者として知られ、八桂学派の創始者。
  • 韋国清 - 中国人民解放軍の軍人。開国上将。総政治部主任。
  • 李寧 - 中華人民共和国の元体操選手、スポーツ用品を販売する実業家である。現役時代は「体操王子」として親しまれ国民的英雄だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黄現璠、張一民、黄增慶、『チワン族通史』pp183-191(秦漢時代のチワン族社会的性質)、1988年、広西民族出版社、南寧、ISBN 7-5363-0422-6/K・13
  2. ^ 全国各民族分年齢、性別的人口” (中国語). 中華人民共和国国家統計局. 2012年1月15日閲覧。
  3. ^ この人口は、例えばポルトガルの約1050万人、ハンガリーの約1010万人、オランダの約1630万人(いずれも2005年調べ)などの国民数より大きい規模である。
  4. ^ 国立民族学博物館編、『深奥的中国―少数民族の暮らしと工芸』、pp60-61、2008年、東方出版、大阪、ISBN 978-4-86249-108-4
  5. ^ 梁庭望、『壮族文化概論』pp439-440、2000年、広西教育出版社、南寧、ISBN 7-5435-2992-0
  6. ^ 国立民族学博物館編、『深奥的中国―少数民族の暮らしと工芸』、p20、2008年、東方出版、大阪、ISBN 978-4-86249-108-4
  7. ^ 松岡格 (2008年). 中国56民族手帳. マガジンハウス. p. 15ページ. ISBN 978-4-8387-1887-0. 
  8. ^ トマトの池で「はっけよい!」―広西チワン・祭りの相撲” (日本語). サーチナ. 2009年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]