シェ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェ族
活聶
総人口

700,000

居住地域
中国:福建省浙江省江西省広東省安徽省
言語
シェ語
宗教
道教
関連する民族

ヤオ族ミャオ族

シェ族(しぇぞく、畲族、あるいはショー族、シャ族)は中国の少数民族のひとつであり、中華人民共和国が公式に規定する漢族を含む56の民族のひとつである。

シェ族は福建省における最多の少数民族である。また、浙江省江西省広東省安徽省にも居住している。

福建省連江県には小滄シェ族郷があり、浙江省には景寧シェ族自治県がある。

シェ語ミャオ・ヤオ語族に属する。ただし、現在シェ族の大部分は近隣にいる客家と同じように中国語諸語の客家語を話す。独自の言語を保持する人々は広東省に数百人居るだけであるが、彼らは自分たちを「Hone」(中国語: 活聶 huóniè)と呼んでいる。

文化[編集]

年中行事として、チワン族と同じく旧暦3月3日を「三月三」(ソムギュエッソム)と称して祝う。「畲歌」(シアコー)と呼ばれる即興の歌を歌う。

女性は、伝統的は頭に「三把刀」と呼ばれる刀に似た形の金属片3枚を飾りとして身につけた。‎

チワン族と同じく、棒状の手杵と飼い葉桶のような形のを使ってつきを行う伝統がある。また、餅つき歌や踊りがある。

著名人[編集]

関連項目[編集]

中国の少数民族

外部リンク[編集]