平陽県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 浙江省 平陽県
箭岙トンネル(奥側)と仙岩トンネル(手前側)の間の甬台温高速道路
箭岙トンネル(奥側)と仙岩トンネル(手前側)の間の甬台温高速道路
中心座標 北緯27度18分 東経120度30分 / 北緯27.300度 東経120.500度 / 27.300; 120.500
簡体字 平阳
繁体字 平陽
拼音 Píngyăng
カタカナ転写 ピンヨン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
浙江
地級市 温州市
行政級別
県長 黄安波
面積
総面積 1,042 km²
人口
総人口(2003) 84.77 万人
経済
電話番号 0577
郵便番号 325400
ナンバープレート 浙C
行政区画代碼 330326
公式ウェブサイト http://www.zjpy.gov.cn/

平陽県(へいよう-けん)は中華人民共和国浙江省温州市に位置する

歴史[編集]

平陽に初めて行政区画が設置されたのは283年太康4年)、西晋により設置意された陽県である。後に羅陽県横陽県323年;永昌2年)と改称されたが、589年開皇9年)に安固県に編入、592年(開皇12年)には永嘉県に移管されている。622年武徳5年)に一旦横陽県が復活するも627年貞観元年に再び安固県に編入されている。701年長安元年)、再び横陽県が設置、914年乾化4年)に平陽県と改称され現在までその名称が沿襲されている。

1981年6月18日に蒼南県が分離され現在の行政範囲が確定している。

行政区画[編集]

下部に9鎮、1民族郷を管轄する。

  • 鎮:昆陽鎮、鰲江鎮、水頭鎮、蕭江鎮、騰蛟鎮、山門鎮、順渓鎮、南雁鎮、万全鎮
  • 民族郷:青街シェ族郷

文化[編集]

平陽県順渓鎮には、順渓陳氏の本家・分家や一族の祖先を祀る宗祠など、清代に建てられた多数の建築が残り、中国の伝統的な宗族観念や風水観念を具現化した村落となっている。この順渓古建築群は全国重点文物保護単位に指定されている。また、浙江省南部一帯に残る時代の支石墓が平陽県にもあり、一連の支石墓は浙南石棚墓群として同じく全国重点文物保護単位に指定されている。

平陽県はキリスト教徒が集中する地区であるが、1958年には無神論化の実験地区として山西省洪洞県とともに選ばれ、キリスト教共同体は打撃を受けた。2014年にも教会堂の撤去を巡って信者と警察が衝突する暴動が起きている。

出身者[編集]

外部リンク[編集]