梅里斯ダウール族区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 黒竜江省 梅里斯達斡爾族区
明月島・黒竜江将軍府
明月島黒竜江将軍府
チチハル市中の梅里斯達斡爾族区の位置
チチハル市中の梅里斯達斡爾族区の位置
簡体字 梅里斯
繁体字 梅里斯
拼音 Méilĭsī
カタカナ転写 メイリースー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
黒竜江
チチハル市
行政級別 市轄区
建置 1956年
面積
総面積 1,498 km²
人口
総人口(2004) 17 万人
経済
電話番号 0452
郵便番号 161021
ナンバープレート 黒B
行政区画代碼 230208
公式ウェブサイト http://www.mls.gov.cn/

梅里斯達斡爾族区(ばいりし-ダウールぞく-く)は中華人民共和国黒竜江省チチハル市に位置する市轄区

地理[編集]

本区の北東から南東にかけて嫩江が流れている。北部から北西部は甘南県、東部は富裕県、南東部は建華区竜沙区、南部は昂昂渓区、南西部はフラルキ区、そして西部を竜江県と行政区境を接している。

歴史[編集]

区名はダウール語で「氷」を意味する。

清初にダウール族が黒竜江上流から嫩江沿岸に移住し、1698年康熙37年)以降はチチガル副都統(斉斉哈爾副都統)の管轄とされた。清末民初に竜江府、後に竜江県の管轄とされた。戦後は梅里斯一体は竜江県第七・八・九区の管轄となり、1954年10月からはチチハル市の管轄となり、同時にオニト・ダウール族自治区(臥牛吐達斡爾族自治区)及び達呼店・虎爾虎拉の農村区が設置された。1956年11月2日、臥牛吐・楡樹屯・達呼店・虎爾虎拉の4農村区を統合し梅里斯達斡爾族区が設立された。1958年12月から人民公社課が行われ華偉人民公社とされた時期があったが、1961年8月に梅里斯区とされ、1980年には梅里斯達斡爾族区に改編され現在に至っている。

行政区画[編集]

下部に1街道、4鎮、1民族鎮、1民族郷を管轄:

  • 街道弁事所:梅里斯街道
  • :雅爾塞鎮、達呼店鎮、共和鎮、梅里斯鎮
  • 民族鎮:オニト・ダウール族鎮(臥牛吐達斡爾族鎮)
  • 民族郷:マングト・ダウール族郷(莽格吐達斡爾族郷)

交通[編集]

道路[編集]

省道
  • Shoudou 302(China).svg 302省道
県道
  • China County Road X047.svg 047県道

健康・医療・衛生[編集]

  • チチハル市梅里斯ダウール族区人民医院
  • チチハル市梅里斯ダウール族区婦幼保健所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]