撫遠市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 黒竜江省 撫遠市
烏蘇鎮のウスリー川岸。対岸はロシア領ハバロフスク地方
烏蘇鎮のウスリー川岸。対岸はロシアハバロフスク地方
旧称:綏遠
ジャムス市中の撫遠市の位置
ジャムス市中の撫遠市の位置
簡体字 抚远
繁体字 撫遠
拼音 Fǔyuǎn
カタカナ転写 フーユエン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
黒竜江
地級市 ジャムス市
行政級別 県級市
建置 1909年
改制 1929年
面積
総面積 6,262.48 km²
人口
総人口(2004) 11 万人
経済
電話番号 0454
郵便番号 156500
行政区画代碼 230833
公式ウェブサイト http://www.hljfy.gov.cn/

撫遠市(ふえん-し)は中華人民共和国黒竜江省ジャムス市に位置する県級市。中露国境に位置している。旧名を綏遠県といい、この地を永遠に鎮め、平定することを祈って撫遠と命名された。市人民政府の所在地は撫遠鎮。ロシア連邦ハバロフスク地方と接する国境の街でもある。

地理[編集]

アムール川(黒竜江)の支流の一つであるウスリー川(烏蘇里江)が南東から北東にかけてロシア・ハバロフスク地方のハバロフスク地区と国境を成している(このハバロフスク地区という行政区画はハバロフスク地方の中心都市のハバロフスクがある)。また、北西から北東にかけてはアムール川(黒竜江)がロシア・ハバロフスク地方のアムールスク地区との国境となっている。

歴史[編集]

ソ連海軍英雄記念碑

1909年宣統元年)、清朝により設置された綏遠州を前身とする。中華民国が成立すると1913年民国2年)に綏遠県と改編、1929年(民国18年)に撫遠県と改称された。

旧来は吉林省に帰属していたが、1945年(民国34年)に合江省1949年松江省1954年に黒竜江省に移管された。2016年1月13日に県級市に昇格され現在に至る。

中国地名の変遷
建置 1909年
使用状況 撫遠市
綏遠州
中華民国綏遠県
撫遠県(1929年)
満州国撫遠県
現代撫遠県
撫遠市(2016年)

行政区画[編集]

5鎮、5郷を管轄:

  • :撫遠鎮、寒葱溝鎮、濃橋鎮、烏蘇鎮、黒瞎子島鎮
  • :通江郷、濃江郷、海青郷、別拉洪郷、鴨南郷

交通[編集]

前撫線前進鎮駅から169.4kmの区間が2011年12月6日に開通した。撫遠駅は中国最東端に位置する駅となった[1]

航空[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

省道
  • Shoudou 210(China).svg 210省道
  • Shoudou 306(China).svg 306省道

健康・医療・衛生[編集]

  • 撫遠市人民医院
  • 撫遠市中医院

観光写真[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中国の鉄道路線、東に169キロ延長” (日本語). 人民網. 2011年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]