ジャムス市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 黒竜江省 佳木斯市
建三江農場にある北大荒精準農業農機具センター
建三江農場にある北大荒精準農業農機具センター
別称:東方第一城
旧称:甲母克寺噶珊・嘉木寺・賈木司
黒竜江省中の佳木斯市の位置
黒竜江省中の佳木斯市の位置
簡体字 佳木斯
繁体字 佳木斯
拼音 Jiāmùsī
カタカナ転写 ジャームースー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
黒竜江
行政級別 地級市
建置 1930年
改制 1942年
面積
総面積 32,700 km²
人口
総人口(2004) 244.7 万人
市区人口(2008) 59 万人
経済
電話番号 0454
郵便番号 154002
ナンバープレート 黒D
行政区画代碼 230800
公式ウェブサイト http://www.jms.gov.cn/

佳木斯市(ジャムスし、チャムスし、満州語: ᡤᡳᠶᠠᠮᡠᠰᡳ 転写:giyamusi)は、中華人民共和国黒竜江省に位置する地級市である。中国最東部にあり、中国で最も早く日が昇る所として知られ、「東方第一城」の称がある。

地理[編集]

佳木斯市は黒竜江省東北部、アムール川ウスリー川松花江が合流する三江平原に位置する。

西はハルビン市伊春市、南は七台河市鶏西市、北は鶴崗市、東は双鴨山市と接し、さらに東はウスリー川、北はアムール川を隔ててロシア沿海地方ハバロフスクビロビジャンと接する。

気候[編集]

ケッペンの気候区分では亜寒帯冬季少雨気候に区分される。最高気温が25度を超える日が3か月以上、最低気温が-20℃を下回る日も3か月以上に達し、寒暖の差が激しい気候である。夏は降水量は多いものの、晴天の日も多くみられる。

佳木斯 (1971−2000)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 1.8
(35.2)
9.8
(49.6)
20.2
(68.4)
29.2
(84.6)
33.5
(92.3)
35.4
(95.7)
38.8
(101.8)
35.8
(96.4)
30.8
(87.4)
26.1
(79)
15.1
(59.2)
5.0
(41)
38.8
(101.8)
平均最高気温 °C (°F) −12.7
(9.1)
−7.3
(18.9)
1.5
(34.7)
12.7
(54.9)
20.4
(68.7)
25.0
(77)
27.6
(81.7)
25.8
(78.4)
20.1
(68.2)
11.2
(52.2)
−0.8
(30.6)
−10.5
(13.1)
9.4
(49.0)
日平均気温 °C (°F) −18.5
(−1.3)
−13.9
(7)
−4.3
(24.3)
6.2
(43.2)
13.9
(57)
19.3
(66.7)
22.5
(72.5)
20.5
(68.9)
14.0
(57.2)
5.3
(41.5)
−6.0
(21.2)
−15.6
(3.9)
3.62
(38.51)
平均最低気温 °C (°F) −24
(−11)
−20.2
(−4.4)
−10.7
(12.7)
−0.2
(31.6)
7.2
(45)
13.9
(57)
17.7
(63.9)
15.8
(60.4)
8.3
(46.9)
−0.2
(31.6)
−10.8
(12.6)
−20.4
(−4.7)
−2
(28.5)
最低気温記録 °C (°F) −39.5
(−39.1)
−35.2
(−31.4)
−35.2
(−31.4)
−11.9
(10.6)
−6.0
(21.2)
3.8
(38.8)
8.7
(47.7)
5.4
(41.7)
−3.2
(26.2)
−17.0
(1.4)
−28.4
(−19.1)
−34.5
(−30.1)
−39.5
(−39.1)
降水量 mm (inch) 3.7
(0.146)
5.0
(0.197)
9.4
(0.37)
21.1
(0.831)
46.3
(1.823)
91.4
(3.598)
104.0
(4.094)
122.2
(4.811)
61.4
(2.417)
33.6
(1.323)
10.0
(0.394)
8.4
(0.331)
516.5
(20.335)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 5.8 5.1 5.7 7.7 11.3 13.4 12.7 13.8 11.1 8.7 5.8 7.2 108.3
出典: Weather China

歴史[編集]

佳木斯は清代康熙年間後半より甲母克寺噶珊嘉木寺賈木司佳木斯などの表記で史書に登場している。語源は赫哲語中国語版英語版(ホジェン語。ナナイの項参照)で「骨」または「死体」を表すギャムセ(giamse)とも、満州語で「駅丞」 または「站官」を表すギャムシ(giyamsi)とも言われている。

辛亥革命後は漢人の入植者が増加し、松花江下流随一の良港として発展した。満州国が建国されると新設された三江省の省都となり、周辺の穀倉地帯の拠点として、また沿海地方ソ連軍に対する将来の戦争の際の防衛・侵攻の拠点として重要な都市とみなされ、輸送・軍事用の鉄道などが整備された。1937年には図佳線図們-佳木斯)、1940年には綏佳線(綏化-佳木斯)が開通し、東満州一帯の農産物集積地となった。1937年には市に昇格している。満州国時代には初期の武装移民団は佳木斯南方の広大な沃野に入植し、弥栄村がその代表としてしばしば日本に紹介された。エスペランティスト緑川英子が亡くなった地でもある。

行政区画[編集]

佳木斯市は4市轄区、3県級市、3県を管轄する。

ジャムス市の地図

年表[編集]

松江省佳木斯市[編集]

黒龍江省佳木斯市(第1次)[編集]

合江地区[編集]

  • 1954年6月19日 - 松江省樺川県集賢県撫遠県富錦県蘿北県宝清県依蘭県湯原県勃利県樺南県饒河県を編入。黒龍江省合江専区が成立。(11県)
  • 1956年3月6日 (10県)
    • 樺南県が樺川県に編入。
    • 樺川県の一部が集賢県、佳木斯市に分割編入。
  • 1956年8月13日 - 富錦県の一部が蘿北県に編入。(10県)
  • 1956年12月18日 - 牡丹江専区鶏西県の一部が勃利県に編入。(10県)
  • 1958年6月27日 - 佳木斯市鶴崗市双鴨山市を編入。佳木斯市が県級市に降格。(3市10県)
  • 1959年4月24日 - 富錦県の一部(同江郷)が撫遠県に編入。(3市10県)
  • 1960年1月7日 - 饒河県が牡丹江専区虎林県と合併し、牡丹江専区虎饒県となる。(3市9県)
  • 1960年4月29日 (3市9県)
    • 集賢県の一部が分立し、友誼県が発足。
    • 集賢県の残部が双鴨山市に編入。
  • 1962年10月20日 - 友誼県および双鴨山市の一部が合併し、集賢県が発足。(3市9県)
  • 1962年11月18日 - 牡丹江専区虎饒県を編入。(3市10県)
  • 1963年1月20日 - 虎饒県の一部が牡丹江専区密山県に編入。(3市10県)
  • 1963年12月28日 - 富錦県の一部が分立し、綏浜県が発足。(3市11県)
  • 1964年6月5日 (3市13県)
    • 虎饒県が分割され、虎林県饒河県が発足。
    • 樺川県の一部が分立し、樺南県が発足。
    • 佳木斯市の一部が樺川県に編入。
    • 鶴崗市の一部が蘿北県・湯原県に分割編入。
  • 1964年12月7日 - 集賢県の一部が分立し、友誼県が発足。(3市14県)
  • 1965年2月2日 - 勃利県の一部が分立し、七台河特区が発足。(3市14県1特区)
  • 1965年8月23日 - 撫遠県の一部が分立し、同江県が発足。(3市15県1特区)
  • 1966年2月8日 (15県1特区)
    • 佳木斯市が地級市の佳木斯市に昇格。
    • 鶴崗市が地級市の鶴崗市に昇格。
    • 双鴨山市が地級市の双鴨山市に昇格。
  • 1968年 - 合江専区が合江地区に改称。(15県1特区)
  • 1968年4月8日 - 佳木斯市を編入。佳木斯市が県級市に降格。(1市15県1特区)
  • 1970年4月1日 (2市14県)
  • 1973年3月1日 - 友誼県が集賢県に編入。(2市13県)
  • 1982年8月23日 - 樺川県・樺南県・依蘭県のそれぞれ一部が佳木斯市に編入。(2市13県)
  • 1983年10月8日 (12県)
    • 佳木斯市が地級市の佳木斯市に昇格。
    • 七台河市が地級市の七台河市に昇格。
    • 勃利県が七台河市に編入。
    • 宝清県の一部が七台河市に編入。
  • 1984年12月5日 - 集賢県の一部が分立し、友誼県が発足。(13県)
  • 1984年12月15日 - 樺南県・集賢県・宝清県・富錦県・依蘭県・湯原県・樺川県・蘿北県・綏浜県・饒河県・同江県・撫遠県・友誼県が佳木斯市に編入。

黒龍江省佳木斯市(第2次)[編集]

黒龍江省佳木斯市(第3次)[編集]

教育[編集]

友好都市[編集]

外部リンク[編集]