図們市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 吉林省 図們市
図們国境大橋
図們国境大橋
旧称:灰幕洞


中心座標 北緯42度57分55.60秒 東経129度50分11.80秒 / 北緯42.9654444度 東経129.8366111度 / 42.9654444; 129.8366111
簡体字 图们
繁体字 圖們
拼音 Túmén
カタカナ転写 中:トゥーメン
朝:トムン
朝鮮語 도문
朝鮮語ローマ字転写 Tomun
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
吉林
自治州 延辺朝鮮族自治州
行政級別 県級市
建置 1933年
改制 1965年
面積
総面積 1,146.6 km²
人口
総人口(2004) 13.6 万人
経済
GDP(2003) 7.4億元
電話番号 0433
郵便番号 133100
行政区画代碼 222402
公式ウェブサイト http://www.tumen.gov.cn/

図們市(ともんし)は中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州に位置する県級市。人口13.6万人中朝鮮族7.8万人で57%を占める。図們江(朝鮮語:두만강、豆満江)を隔てて朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と接する国境の町。脱北者の密入国も多い。

地理[編集]

吉林省南辺に位置し、南は北朝鮮の咸鏡北道穏城郡、東は琿春市、西は州都・延吉市、北は汪清県と接する。北朝鮮の羅津先鋒自由貿易区まで160キロの距離にある。

歴史[編集]

  • 1913年 - 延吉県が設置され、その一部となる。当時は小村に過ぎなかった。
  • 1934年 - 満州国により図們市が設置され間島省の管轄とされる
  • 1936年 - 図們街に降格する(後の図們鎮)
  • 1965年 - 延吉県図們鎮及び汪清県石峴鎮に図們市が設置される
  • 1988年 - 対外開放都市に指定

行政区画[編集]

3街道、4鎮を管轄:

  • 街道弁事所:向上街道、新華街道、月宮街道
  • :月晴鎮、石峴鎮、長安鎮、凉水鎮

経済[編集]

2001年の生産総額は7.4億人民元、対外貿易輸出額は約1千万人民元、朝鮮、韓国、日本、ロシアとの貿易が多い。この年の北朝鮮との出入国者数、2.4万人。

交通[編集]

長図線図佳線図琿線図們駅があり、更に南陽国境線が図們江を越え対岸の北朝鮮南陽を経て、羅津羅先清津を結ぶ。国際旅客列車は無く越境するのは貨物列車のみだった。2011年10月8日に北朝鮮の七宝山への観光列車路線が開通した[1]2015年には長琿都市間鉄道が全通し、図們北駅が設置された。

延吉とを結ぶ高速道路も通過する。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 1934年
使用状況 図們市
満州国 図們市
図們鎮(1936年降格)
現代 図們市