竜井市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 吉林省 龍井市
天仏指山のチンダルレ。豆満江の対岸は朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道会寧市松鶴里
天仏指山チンダルレ豆満江の対岸は朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道会寧市松鶴里
簡体字 龙井
繁体字 龍井
拼音 Lóngjĭng
カタカナ転写 中:ロンチン
朝:リョンジョン
朝鮮語 룡정
朝鮮語ローマ字転写 Ryongjeong
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
吉林
自治州 延辺朝鮮族自治州
行政級別 県級市
建置
改制 1988年
面積
総面積 2,592 km²
人口
総人口(2004) 25 万人
経済
電話番号 0433
郵便番号 133400
行政区画代碼 222405
公式ウェブサイト http://www.longjing.gov.cn/

龍井市(りゅうせいし)は中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州に位置する県級市

地理[編集]

龍井市は吉林省東南部の長白山東麓、東経128°54'~129°48',北緯42°21'~43°24'に位置する。東南の豆満江を隔てて北朝鮮との142.5kmの国境線を有し、北東には延吉市図們市に、南西は和龍市に、西北は安図県に接する。北に方台嶺、西に英額嶺、南に南崗山があり、四方を山に囲まれている故に中央に龍井盆地を形成している。最高峰は1331m、最低点は標高101m。市内を流れる河川は豆満江、布爾哈通河、海蘭河。市中心部から延吉空港までは13.5kmの距離。

森林資源が豊富で市域の68%、166,885haの面積が森林に覆われている。主な樹にアカマツキハダヤチダモヤナギカバノキクヌギ等があり、124科1072種の経済的に有用な野生動植物が生息する。

鉱蔵も豊富で、現在32種の資源が確認されていて、珪灰石大理石石灰石玄武岩砂金安山岩珪石粘土、建築石材、鉱泉水石炭などがある。

歴史[編集]

1909年宣統元年)、清朝により設置された延吉県を前身とする。1919年3月13日には龍井三・一三運動が発生。1983年龍井県1988年に県級市に昇格し龍井市と改称された。

行政区画[編集]

下部に2街道、5鎮、2郷を管轄する

  • 街道弁事所:安民街道、龍門街道
  • :開山屯鎮、老頭溝鎮、三合鎮、東盛涌鎮、智新鎮
  • :徳新郷、白金郷

交通[編集]

観光[編集]

  • 龍井地名起源之井泉
  • 旧間島領事館(現竜井市人民庁舎)
  • 旧東洋拓殖会社間島支店
  • 旧朝鮮銀行龍井支店 - 新華書店からほど近い所にある。
  • 旧栗原書店(現新華書店) - 道路挟んで繁栄路の反対側には龍城ホテルがある。他に「梨花ホテル」が中心部から龍門橋を渡って真っすぐ行ったところにある。
  • 旧満映館(現龍井劇場)
  • 西市場 - 市内最大の市場。他に北市場などがある。
  • 奪取十五萬円事件遺址 - 1920年1月4日に発生した朝鮮銀行券略奪事件の石碑がある。
  • 五卅暴動指揮部址 - 1930年5月30日、朝鮮族人民の反帝反封建的闘争の司令部跡地。
  • 三・一三反日義士陵
  • ソンバウイ - 安重根が射撃の練習をしたといわれている小高い岩山
  • 歴史記念館 - 竜井中学校敷地内(大成中学校旧址・尹東柱の出身校)
  • 琵岩山一松亭
  • 尹東柱生家 - 智新鎮明東村
  • 望江閣 - 高台にあるこの展望台から北朝鮮の会寧市が見える。竜井市三合鎮。
  • 開山屯口岸 - 龍井から車で東に約40分の開山屯鎮にある。かつては鉄道で北朝鮮と繋がっていた。現在三峰橋を渡るのはトラックのみ。

出身人物[編集]

  • 尹東柱 - 詩人、1917年明東村(現・智新鎮明東村)生まれ
  • 文益煥 - 韓国の牧師・民主化運動家、1918年明東村生まれ

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 1909年
使用状況 龍井市
延吉県
中華民国延吉県
満州国延吉県
国共内戦期間延吉県
現代延吉県
龍井県(1983年)
龍井市(1988年)