尹東柱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
尹東柱
Yun Dong-joo 01.jpg
各種表記
ハングル 윤동주
漢字 尹東柱
発音: ユンドンジュ
ラテン文字表記: Yun Dongju
テンプレートを表示

尹 東柱ユン・ドンジュ1917年12月30日[1] - 1945年2月16日)は、間島(現・中国吉林省延辺朝鮮族自治州)出身の同志社大学大学生であり詩人中国朝鮮族[2]本貫は坡平尹氏。は海煥(ヘファン、해환)。日本名は平沼東柱。

概要[編集]

京城(現ソウル)の延禧専門学校の文科で朝鮮語を学んで卒業後の1941年に、東京に留学中に一緒に専門学校の時の友人と現地の独立運動に対する治安維持法違反で逮捕され懲役2年の判決を受け服役中に死亡した。死因が不明であることため、日本の生体実験で殺されたと韓国では信じられて殉国者として高い評価を受けており、韓国で映画化もされている。[3][4]

経歴[編集]

中学時代の友人と撮った写真。後列右が尹東柱、中央がクリスチャンで民主化運動指導者の文益煥韓国語版牧師。

1917年満州は北間島の明東村(現在の龍井市智新鎮明東村)で、尹永錫・金龍の長男として生まれる。幼名は海煥で、のちにこの名を号とした。父方の曽祖父が咸鏡道鍾城郡から間島に移住した朝鮮人移民の家である。1900年、祖父の尹夏鉉が明東村に移り住み、一家は1910年頃にキリスト教に入信していた。尹夏鉉は開拓によって小地主となり、地域のキリスト教会の長老であった。また、東柱が生まれた当時、父は明東学校の教員であった。

日本での学業と詩作[編集]

1932年、龍井のキリスト教系学校・恩真中学に入学、一家も龍井に移住した。1935年に日本統治にあった朝鮮半島の平壌のプロテスタント系学校・崇実中学校に編入学するが、崇実中学は神社参拝問題のために1936年に当局によって廃校とされた。東柱は龍井に帰り、日本人経営の光明学園中学部に編入。1936年頃より、延吉で発行されていた雑誌『カトリック少年』に、「尹童柱」「尹童舟」などの名義で童詩を発表し始める。1938年、光明学園を卒業し、京城(ソウル)の延禧専門学校(現・延世大学校)文科に入学する。この在学中に崔鉉培から日本で朝鮮語を学んでいる。1940年に卒業後に大学進学のために日本へ渡航しやすくするために創氏改名で「平沼東柱」にしている。この間、朝鮮日報や雑誌『少年』に詩を投稿している。1941年12月、延禧専門学校を卒業。学校卒業時に、代表作となる「序詩」を含む自選詩集『空と風と星と詩』の出版を計画するが、恩師とも相談の上、出版は難しいとの判断から出版を断念した。一旦帰郷した東柱は、父に日本で医学部に留学を勧められたが医学部に進ませたい父と文学部に進学しかったことで自身の進学先で揉める。最終的に尹は1942年に日本に渡り、4月に自身の望みだった立教大学文学部英文科選科に入学する。1942年9月、京都に移り、10月同志社大学文学部英文学科選科に入学する。太平洋戦争の真っただ中だった時代で戦争以前から現在の中学レベル以上の高等教育を受けられるのは日本人でも珍しく、戦時で日本の若者たちは徴用や戦場へ徴兵されたりしている状況だったが、尹らは同志社大学の自由な学風を堪能して、宋夢奎ら友人たちとかなり安定した留学生活を送ることができたと明らかになっている[5]1943年7月14日、在学中に治安維持法違反で朝鮮独立活動をしていた宋と日本の朝鮮での政策を非難したり、他の留学していた朝鮮人らに対して朝鮮独立を訴えたり、民族運動の煽動にあたる罪で逮捕された[6]。1944年2月22日、尹東柱と宋夢奎は起訴され、3月31日に京都地方裁判所で日本国家が禁止する思想を宣伝・扇動したことに対する懲役1年以上10年以下の法定刑に対し、懲役2年の実刑判決を言い渡される。尹東柱と宋夢奎は福岡刑務所に収監された。その一年後、朝鮮独立を6ヶ月前にした1945年2月16日、原因不明の死因により福岡刑務所で死亡した(満27歳没)[7]

死後の紹介・評価と顕彰[編集]

韓国において[編集]

1947年2月に、ソウルの京郷新聞に「たやすく書かれた詩」が紹介される。尹東柱との面識はなかったものの鄭芝溶が紹介文を書いている。同じ年、ソウルに移住していた弟の尹一柱や友人たちによる追悼会が開かれた。1948年に詩や散文を集めた『空と風と星と詩』(原題《하늘과 바람과 별과 시》、日本語訳題には『天と風と星と詩』もある)がソウルで正音社から刊行され、抒情詩人・民族詩人・抵抗詩人として知られるようになった。1968年には母校延世大学校において、尹東柱が暮らした寄宿舎の前に「尹東柱詩碑」が建立された。

中国において[編集]

龍井市にある生家

韓国と延辺(中国)との交流が盛んになる1980年代まで、尹東柱が生まれ多くの朝鮮族が暮らす延辺でも、その存在は知られていなかった。1985年に尹東柱の墓の場所を40年ぶりに確認した大村益夫早稲田大学教授は、「尹東柱という詩人についても、延辺の文学者たちはまったくその存在を知らず、その作品も知らなかった。東柱の親戚たちも数多く延辺に生活しているが、東柱が韓国で国民的詩人として人々の尊敬を受けているとは夢想だにしなかったようだ」(大村益夫「尹東柱の事跡について」『朝鮮学報』)と記している。

現在は、中国国内の少数民族である朝鮮族出身の愛国詩人との評価を受けて、龍井市にある生家が復元されるなどしている。2016年4月20日に韓国のソウル詩人協会は「中国当局が尹東柱の国籍を中国だと歪曲している」として中国の所業を厳しく糾弾している[8]

日本において[編集]

日本では1960年代頃から訳詩が試みられた。1984年伊吹郷の訳により「空と風と星と詩」として訳詩集が影書房より発行され、1986年には文部省検定の高校教科書に掲載された。

1995年2月16日、戦後50年、尹東柱没後50年に、同志社大学に詩碑が建立された。詩碑には彼の代表的な詩、序詩が韓国・朝鮮語と日本語(伊吹郷訳)が刻まれている。これは同志社のコリア出身のOB達が校友会組織を立ち上げる際、南北対立により名簿を整備できなかったことに由来する。南北双方が評価する尹東柱の詩碑を建てることで統一的な校友会組織を作り、尹東柱を顕彰するとともに、南北の統一や日本との友好親善を計ろうとしたものである。そうした象徴として詩碑の左側には朝鮮民主主義人民共和国の国花のチンダルレ(ツツジ)が、右側には韓国の国花であるムグンファ(ムクゲ)が、北側(チャペル前)には同志社の校祖である新島襄が愛した梅の花が植えられている。

詩碑を建立した尹東柱詩碑建立委員会は、尹東柱を偲ぶ会と同志社校友会コリアクラブ=同志社コリア同窓会、多くの在日韓国・朝鮮人・一部在米韓国人・日本人等によって組織された。詩碑建立後は毎年 彼の命日の2月16日付近に献花式と講演等の集いを詩碑の近辺で開催している。

福岡では彼が獄死した刑務所跡で毎年2月16日の前後に追悼式を行い、同時に毎月尹東柱の詩を読む会も開催されている。また、東京では立教大学の卒業生を中心に毎年追悼式と講演会・詩の朗読等を開催している。 尹東柱の生前最後の写真が写っていた宇治の天ケ瀬吊り橋付近には市民活動家を中心とした人たちが詩碑を建てる運動をしている。2017年に除幕式が開催された。

同志社の卒業生を中心とした尹東柱を偲ぶ会や尹東柱の研究者がいくら探しても日本における痕跡が見つからなかった。NHKと韓国のKBSが企画から取材・撮影・放映まで完全に共同で制作した(日韓で初めての事業)番組「空と風と星の詩人 尹東柱 日本統治下の青春と死」の取材過程で、同志社の同級生が持っていた写真に尹東柱が映っていた(その場所が天ケ瀬吊り橋である)。これが尹東柱の生前最後の写真であり、日本での唯一の痕跡でもある。その他の遺品等は特高により没収され残っていない。

一方で、民族主義の象徴としての尹東柱の扱いに疑問を挟む声も存在する。京都大学教授で韓国や東アジアについて専門としている小倉紀蔵は、尹の詩を民族主義的など偏った考えで解釈すること、そしてその解釈を「『正答』であると威圧的かつ声高に主張」したり「『道徳的正答』という暴力的な概念をふりまわして、それ以外の解釈や思考を威圧したり排除」したりすることを不適切だとして、詩の言葉を特定の政治的・道徳的立場に本質化して吸収することは「尹の詩への冒瀆」と厳しく批判している。更に尹の詩には政治的・民族的・イデオロギー的なものは皆無であり、イデオロギーありきで解釈する人々が尹を評価する理由が詩そのものよりも、彼が第二次大戦中に逮捕、独立後の南北と保革対立に巻き込まれずに死亡した事にあると結論づけた[9]

尹東柱国際交流奨学金[編集]

2010年、立教大の教職員と卒業生による「詩人尹東柱を記念する立教の会」が、立教大学の韓国人留学生向け奨学金「尹東柱国際交流奨学金」を設立。各学部1人ずつ計8人[10](のちに10人[11])に、留学生の年間授業料(48万8000~67万9000円)[10]とほぼ同額の60万円を支給している。

家族[編集]

尹仁石(ユン・インソク)成均館大学教授は

作品[編集]

『空と風と星と詩』には、以下の日本語訳版が刊行されている。

関連書籍[編集]

  • 宋友恵(伊吹郷訳)『尹東柱 青春の詩人』(筑摩書房、1991年)
  • 日本基督教団出版局編『死ぬまで天を仰ぎ-キリスト者詩人・尹東柱』(日本基督教団出版局、1995年)
  • 尹東柱詩碑建立委員会編『星をうたう詩人-尹東柱の詩と研究』(三五館、1997年)
  • 宇治郷毅『詩人尹東柱への旅-私の韓国・朝鮮研究ノート』(緑陰書房
  • 金賛汀『抵抗詩人尹東柱の死』(朝日新聞社

参考文献[編集]

  • 尹東柱(伊吹郷訳)『空と風と星と詩-尹東柱全詩集』(影書房、2002年)
  • 太田修『佛教大学鷹陵文化叢書20 朝鮮近現代史を歩く―京都からソウルへ』(思文閣出版、2009年)

[編集]

  1. ^ 戸籍上は1918年12月30日生まれとなっている。これは出生届けが遅れたため。伊吹(1984)p.258-259.
  2. ^ 中央日報 2017年07月20日【コラム】韓日中が詩人・尹東柱を記憶する方法(1)[1]
  3. ^ 中央日報 2018年02月09日 韓国保健福祉部元長官「安倍氏に尹東柱の詩を贈りたい」 [2]
  4. ^ 中央日報 【時視各角】尹東柱が問う、恥ずかしくないのかと=韓国(1)2016年03月03日 [3]
  5. ^ [4]「尹東柱の紹介内容」レビュー
  6. ^ 『特高月報』(1944年1月20日)の「朝鮮人運動の状況」のなかに「在京都朝鮮人学生民族主義グループ事件策動概要」として記載されている。ただし、ここ記された尹東柱の経歴には多くの誤記があると指摘される。伊吹(1984)p.259-260.
  7. ^ [5]
  8. ^ 韓国の詩人団体「中国、尹東柱の国籍わい曲是正を」[6],中央日報, 2016年04月21日 08時47分
  9. ^ 『言葉のなかの日韓関係 教育・翻訳通訳・生活』、徐 勝と小倉 紀蔵(編) 、発行:明石書店、ISBN 978-4-7503-3805-7 C0036、発売日 2013年4月1日(19頁、23頁)
  10. ^ a b 立教大・尹東柱奨学生1号誕生「韓日交流に貢献する」 | 韓国の社会・文化ニュース” (日本語). www.konest.com. 2018年5月27日閲覧。
  11. ^ “立教大学総長の郭洋春氏、「立教大の誇り、尹東柱…韓国の学生がもっと多く来てほしい」” (日本語). japanese.donga.com. (2018年5月25日). http://japanese.donga.com/3/all/27/1331007/1 2018年5月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]