徳山詳直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳山 詳直(とくやま しょうちょく、1930年5月13日 -2014年 10月20日)は、日本実業家、教育家。

人物[編集]

1930年 5月13日、隠岐の島(島根県 隠岐郡 海士町 )生まれ。1948年 に同志社外事専門学校に入学、1950年同志社大学 法学部政治学科へ進学[1]

隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留される。拘置中に差し入れられた奈良本辰也 著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰 が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心 に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。

1977年に学校法人瓜生山学園京都芸術短期大学を設立し、その後、1991年京都造形芸術大学 、1992年に東北芸術工科大学 (山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。 いずれも理事長を勤める。

また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程 を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。

2014年10月20日逝去。 著書に『藝術立国』がある。

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都造形芸術大学ホームページhttp://www.kyoto-art.ac.jp/founder/