奈良本辰也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人物情報
生誕 (1913-12-11) 1913年12月11日
日本の旗 日本山口県大島郡
死没 2001年3月22日(2001-03-22)(87歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 歴史学(日本中世史、近世史)
テンプレートを表示

奈良本 辰也(ならもと たつや、1913年12月11日 - 2001年3月22日)は、日本歴史学者立命館大学教授、部落問題研究所所長、京都イングリッシュセンター学院長などを歴任。日本中世史、幕末史、特に郷里でもある長州藩に関係した著作多数。

経歴 [編集]

1913年、山口県大島郡小松志佐村(後に大島町→現:周防大島町)生まれ。旧制岩国中学(現:山口県立岩国高等学校)を経て、1935年3月旧制松山高等学校文科甲類を卒業[1]、1938年京都帝国大学文学部国史学科卒業[2]西田直二郎に師事。卒業論文は、「近世に於ける市民的世界観への通路-主として思想史に於ける商業資本の問題-」[3]

大学卒業後、1938年より兵庫県立豊岡中学(現:兵庫県立豊岡高等学校)教諭を務めた。その際の教え子に山田風太郎がいた[4]。1939年には『京都市史』の編纂事業に従事。1945年より立命館大学で専任講師となり、以降同校助教授(1947年)、教授(1948年)となった。文学部長も務め、部落問題研究所の所長も兼任した。しかし、1969年、学園紛争の激化の中で立命館大学教授を辞任する。反共産党的な姿勢を明らかにしながら著述、講演などに活躍[5]。大学アカデミズムの閉鎖性を批判し私塾的な「奈良本研究室」を主宰した[5]。それ以降は、京都イングリッシュセンター(現:京都国際外国語センター)の学院長、朝田教育財団理事、学校法人瓜生山学園理事などを務めた。

研究内容・業績 [編集]

  • 日本近世思想史明治維新史の研究を手がける。1960年代に入ってからは一般向けの歴史読物の執筆が多くなり、それとともに左翼的主張が影を潜めていった[6]。後年は戦国時代の一般書を多く出版し、「日本歴史の旅」『日本歴史の旅 戦国コース』(新人物往来社)などは広く読まれ、戦国史を啓蒙した書籍である。

エピソード [編集]

  • 林屋辰三郎たちと「日本史研究会」を結成して雑誌『日本史研究』を刊行した。林屋との関係について、林屋が大柄で奈良本が小柄だったため、「大辰小辰」と併称されたという。また「立命館大の二辰」とも呼ばれた[5]
  • 理事(後に顧問)を務めた学校法人瓜生山学園が運営する京都造形芸術大学では、芸術文化情報センター内に奈良本辰也記念文庫が置かれており、奈良本の蔵書や書斎の様子、遺品などが公開されている[7]

受賞歴 [編集]

著書[編集]

  • 『近代陶磁器業の成立』 伊藤書店, 1943
  • 『日本近世史研究 明治維新の歴史的諸問題』 白東書館, 1948
  • 『近世封建社会史論』 高桐書院, 1948
  • 『維新史の課題 日本近世史研究』 白東書館, 1949
  • 『日本の民主主義』 福村書店, 1951(中学生歴史文庫)
  • 吉田松陰岩波新書, 1951
  • 『日本経済史』 三笠書房, 1952
  • 『京都の庭』 河出書房, 1955(河出新書)
  • 『日本経済史概論』 日本評論新社, 1955
  • 『部落問題』 潮文社, 1955
  • 二宮尊徳』 岩波新書, 1959
  • 『歴史の中の青年群像』 創元社, 1960
  • 『瀬戸内海の魅力』 淡交新社, 1960
  • 『女人哀歓 奈良・京都古寺巡礼』 河出書房新社, 1963 のち徳間文庫
  • 『部落問題入門』 汐文社, 1963
  • 『歴史の旅情』 河出書房新社, 1963
  • 『歴史の人々 その青春像』 人物往来社, 1963
  • 『京都百景』 淡交社, 1964
  • 『現代の日本史』 法律文化社, 1964(市民教室)
  • 高杉晋作中公新書, 1965
  • 『維新と京都 明治百年京都の史跡めぐり』 光村推古書院, 1967
  • 『隠岐 人と歴史』 淡交新社, 1967
  • 坂本竜馬』 三晃書房, 1968
  • 『明治維新論』 徳間書店, 1968
  • 『戦闘者の姿勢 幕末動乱期の志士た』ち 徳間書店, 1970
  • 『京を綴って』 駸々堂出版, 1970
  • 『変革者の思想 時代の壁を打ち破るもの』 講談社現代新書, 1970
  • 『歴史のたてよこ』 講談社, 1971
  • 『武士道の系譜』 中央公論社, 1971 のち文庫
  • 『日本の歴史 17 町人の実力』 中央公論社 1971 のち文庫
  • 五輪書入門 宮本武蔵 個に勝ち、衆に勝ち、時代に勝つ』 徳間書店, 1972 のち徳間文庫
  • 『歴史と私』 実業之日本社, 1972
  • 『日本歴史の水源地』 文藝春秋, 1972
  • 不惜身命』 講談社, 1973 のち徳間文庫
  • 『日本の旅人 15 吉田松陰 東北遊日記』淡交社, 1973
  • 『幕末入門 激動期を日本人はどう生きたか』 徳間書店, 1973
  • 勝海舟と維新の旅 東京・京都・萩・長崎の幕末史跡めぐり』 サンケイ新聞社出版局, 1973
  • 『もう一つの維新』 新潮社, 1974
  • 『江戸城あけわたし』 ポプラ社, 1975
  • 『日本史の人間像 奈良本辰也対談集』 新人物往来社, 1975
  • 『風土の中の史実』 読売新聞社, 1975
  • 『叛骨の士道』 中央公論社, 1975 のち文庫
  • 『部落はなぜ残った』か 明治図書出版, 1975
  • 『維新の群像』 徳間書店, 1976
  • 『暗殺の季節』 創世記, 1976
  • 『小説葉隠角川書店, 1976
  • 『奈良本辰也自選歴史を往く』 1-5 学習研究社, 1977
  • 『日本近世の思想と文化』 岩波書店, 1978
  • 『私の幕末』 主婦の友社, 1978
  • 『洛陽燃ゆ』 講談社, 1978 のち徳間文庫
  • 『昭和史と共に歩んだ青春 歴史家への道』 文一総合出版, 1978
  • 『骨董入門』 平凡社カラー新書, 1979
  • 『維新的人間像 新時代の予告者たち』 日本放送出版協会(NHKブックス)1979 のち徳間文庫
  • 『京都歴史歳時記』 河出書房新社, 1980 のち徳間文庫
  • 『歴史に学ぶ 明治維新入門』 潮出版社, 1981 のち徳間文庫
  • 『「狂」を生きる』 PHP研究所, 1981 のち徳間文庫
  • 『志とは何か 歴史エッセイ集』 旺文社文庫, 1981
  • 『楽天主義 いまどう生きるか』 番町書房, 1981
  • 『人物を語る 激動期の群像』 潮出版社, 1981
  • 『幕末群像 大義に賭ける男の生き方』 ダイヤモンド社, 1982
  • 『歴史と風景』 芸艸堂, 1983
  • 『あ丶東方に道なきか 評伝前原一誠』 中央公論社 1984 のち徳間文庫
  • 日本地酒紀行』 淡交社, 1985 のち河出文庫
  • 『日暮硯 信州松代藩奇跡の財政再建』 講談社 1987
  • 武田信玄はジンギスカンだった 不敗の男『信玄』形成の条件』 角川書店 1987「武田信玄」と改題、文庫
  • 『骨董亦楽』 芸艸堂, 1988
  • 『次の時代をつくる「志」の研究』 世界文化社, 1989
  • 『図説 幕末・維新おもしろ事典』(監修)三笠書房, 1989
  • 『維新の詩』 河合出版, 1990
  • 『図説 戦国武将おもしろ事典』(監修)三笠書房, 1990
  • 『日暮硯紀行』 信濃毎日新聞社, 1991
  • 『志ありせば吉田松陰』 広済堂出版, 1992

講演[編集]

編著・共著[編集]

  • 未解放部落の社会構造 部落問題研究所, 1954
  • 未解放部落の歴史と社会 日本評論新社, 1956
  • 未解放部落 潮文社, 1956
  • 近世日本思想史研究 河出書房新社, 1965
  • 明治維新人物事典 幕末篇 至誠堂 1966
  • 京都故事物語 河出書房, 1967 のち文庫
  • 体験的昭和史 前芝確三共著 雄渾社 1968
  • 『日本の私塾』淡交社 1969年 のち角川文庫
  • 幕末志士の手紙 学芸書林, 1969
  • 日本の藩校 淡交社, 1970
  • 素顔の京都 実業之日本社, 1972
  • 忘れられた殉教者 日蓮宗不受不施派の挑戦 高野澄共著 小学館, 1972のち小学館ライブラリー
  • 謎の日本海賊 高野澄 祥伝社, 1972(ノン・ブックス)
  • 京都の謎 1 高野澄 祥伝社, 1972(ノン・ブックス)
  • 平家絵巻 駒敏郎共著 新人物往来社, 1972 のち徳間文庫
  • 貝原益軒養生訓入門 高野澄 徳間書店, 1974
  • 歴史の視点 色川大吉小木新造共編 日本放送出版協会, 1975
  • 歴史を学ぶ人のために 世界思想社, 1975
  • 佐久間象山 左方郁子共著 清水書院, 1975
  • 味雑事談 対談集 芸艸堂, 1976
  • 日本文化史 川崎庸之共編 有斐閣新書, 1977
  • 適塾(緒方洪庵)と松下村塾(吉田松陰)高野澄 祥伝社, 1977(ノン・ブック)
  • 西郷隆盛 高野澄 角川選書, 1979
  • 英雄裁判 会田雄次共編 徳間書店, 1979
  • 日本派閥考 幕末維新の巻 平凡社, 1980
  • 覇者の系譜 会田雄次 広済堂出版, 1981
  • 京都百話 角川書店1984 のち文庫ISBN 4-04-321607-6
  • 日本と中国 陳舜臣対談 徳間書店, 1986 のち文庫
  • 明治維新の東本願寺 百瀬明治 河出書房新社, 1987
  • 日本の滝紀行 坂口チクロー 舞字社, 1997

訳・校注[編集]

選集[編集]

  • 『奈良本辰也選集』思文閣出版 1981〜1982年
    • (1)師あり友あり
    • (2)維新に生きる
    • (3)歴史の甲乙
    • (4)心ぞ翔ばん
    • (5)美の風景
    • (6)炉辺に語る
    • (別巻)初期論文集

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『松山高等学校一覧 昭和10年度(第17学年度)』松山高等学校、1935年、120頁。NDLJP:1449111/67 
  2. ^ 『京都帝国大学一覧 昭和14年度』京都帝国大学、1939年、344,433頁。NDLJP:1451848/226 
  3. ^ 「彙報 京都帝国大學文学部史学科本年度卒業論文題目」『史林』第23巻第2号、史学研究会、1938年、 407頁、 NAID 120006815829
  4. ^ 山田風太郎の直筆原稿発見 人間臨終図巻など4編(神戸新聞2009年11月23日)”. 2009年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 文化厚生会館事件のゴタゴタが影響している。
  7. ^ 京都造形芸術大学・芸術文化情報センター. “奈良本辰也記念文庫”. 2010年11月9日閲覧。