旧帝大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧帝大(きゅうていだい)とは、戦前日本の国立総合大学であった旧帝国大学(旧七帝大)の系譜をひく大学を示す通称である。戦後の新制国立大学(通称駅弁大学)と区別され、文部科学省の補助金交付などでも別格とされる国立大学群である。

概要[編集]

帝国大学(旧字体:帝國大學)とは、1886年明治19年)に公布された帝国大学令によって設立された旧制高等教育機関大学)である。内地に7校(七帝大:東京、京都、東北、九州、北海道、大阪、名古屋)、外地に2校(京城、台北)が設置された。戦後は新制大学における「大学群」の一種として再編成されたが、旧内地にあたる日本国内でその系譜をひく大学を「旧帝国大学(旧帝大・旧七帝大)」と呼称している。詳細は「帝国大学」を参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]