吉林省 (中華民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華民国 吉林省
1928年 - 1948年
簡称:


吉林省の位置
吉林省の位置
簡体字 吉林
繁体字 吉林
拼音 Jílín
カタカナ転記 ジーリン
国家 中華民国
行政級別
政府所在地 吉林県
吉林市
建置 1292年
消滅 1948年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) 72,675.93 km²
人口

吉林省(きつりんしょう)は、かつての中華民国の省。現在の吉林省とほぼ同一地域に相当する。

行政府沿革[編集]

1912年民国元年)、辛亥革命により南京臨時政府が成立したが、吉林地区はなおも清朝の支配地域であり、東三省総督の下の吉林巡撫により統治されていた。同年3月、東三省総督が廃止、吉林巡撫は吉林都督と改称され軍政長官となり、民政長官としてはかつて吉林巡撫の下の民政使(1913年に民政長、1914年に巡按使、1916年に省長と改称)が当てられた。1918年12月31日張学良易幟を実行したことで、南京国民政府は吉林省政府の設置を実施、ここに吉林省が正式に誕生した。

1931年(民国20年)の満州事変以降は関東軍の影響下に入り、1932年大同元年)以降は満州国の領土に編入され、中華民国による支配は一旦中断したが、1945年(民国34年)8月15日の日本の敗戦により満州国は自然消滅、国民政府は旧吉林省地区に吉林省、松江省合江省の3省を設置、9月には吉林省政府が再興された。

1947年(民国36年)に行政院は東北9省の行政区画を発表、吉林省は18県2市、1旗を管轄するとされたが、翌1948年中国共産党の支配下に入り中華民国の行政権は消滅した。

省会[編集]

満州国成立以前は吉林県、戦後は吉林市に省会が設置された。

歴代省長[編集]

氏名 就任日 退任日
1 陳昭常 1912年3月 -
2 張錫鑾 1913年6月 -
3 孟恩遠 1914年6月 -
4 鮑貴卿 1919年7月 -
5 孫烈臣 1921年3月 -
6 張作相 1924年4月 -
7 丁超 1932年7月 -
8 鄒作華 1940年5月 -
9 鄭道儒 1945年9月 -
10 梁華盛 1946年10月 -
11 鄭洞国 1948年2月 -
- 関吉玉 1945年9月 -
- 洪鈁 1947年11月 -
- 周福成 1948年4月 -

行政区画[編集]

道制[編集]

清代の吉林省には東南路道東北路道西南路道西北路道の4道が設置されていたが、1912年(民国元年)に廃止されている。1913年(民国2年)、北京政府の『劃一令』により省域には東南路道東北路道西南路道西北路道が設置され、観察使が任命された。1914年(民国3年)5月、各道は延吉道依蘭道吉長道浜江道と改称され、観察使も道尹と改められ、翌6月に行政区域が確定された[1]1929年(民国18年)、南京国民政府により道制は廃止されている。

県級行政区画[編集]

満州国成立直前の行政区画[編集]

満州国崩壊後の行政区分 (50音順)[編集]

    • 伊通県
    • 永吉県
    • 樺甸県
    • 乾安県:1947年、政治局より昇格
    • 九台県:1947年、永吉、徳恵の2県地区に設置
    • 蛟河県:1947年、額穆県より改称
    • 五常県
    • 舒蘭県
    • 双城県
    • 双陽県
    • 長春県
    • 徳恵県
    • 敦化県
    • 農安県
    • 磐石県
    • 扶余県
    • 楡樹県

行政察督区[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『政府公報』745号 1914年6月3日
前の行政区画
吉林都督
吉林省歴史的地名
1928年 - 1931年
次の行政区画
吉林省 (満州国)
前の行政区画
吉林省
吉林省歴史的地名
1945年 - 1948年
次の行政区画
吉林省