趙甲濟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
趙 甲濟
各種表記
ハングル 조 갑제
漢字 趙 甲濟
発音: チョ・ガプチェ
日本語読み: ちょう こうせい
ローマ字 Jo Gap-je
英語表記: Cho Gap-che
テンプレートを表示

趙 甲濟(チョ・ガプチェ、1945年10月24日 - )は、大韓民国ジャーナリスト、政治評論家、作家、歴史家。元『月刊朝鮮』編集長。保守団体「国民行動本部朝鮮語版」の創設者の一人[1]趙甲済とも表記される。

略歴[編集]

日本埼玉県生まれ。生後直ぐ韓国へ帰国し、釜山高等学校から釜山水産大学に進学するも兵役終了後に中退。1971年に国際新報(後の国際新聞)に入社して記者生活をスタート、1974年の重金属汚染追及報道などで韓国記者賞を7回受賞する。だが、朴正煕政権を批判して2度停職処分を受け、光州事件では、自ら取材しようとしたところを解雇に追い込まれている。その後、ソウルに移り、1983年に『月刊朝鮮』編集部入り。この時、朴正煕暗殺事件を取材したことを切っ掛けに、朴正煕を近代革命家として評価することになる。1991年に『月刊朝鮮』編集長となり2004年まで在任、その後はインターネットメディア「趙甲濟.com朝鮮語版」を足場に、言論活動を繰り広げている[1]

著作[編集]

  • 『韓国を震撼させた十一日間』黄基 訳、JICC出版局、1987年12月。ISBN 4-88063-383-6
  • 『韓国のニューリーダー』黄民基 訳、講談社〈講談社現代新書〉、1990年6月。ISBN 4-06-149009-5
  • 『金賢姫は告白する 大韓機爆破五〇〇日後の胸の内 深層取材』池田菊敏 訳、徳間書店、1990年2月。ISBN 4-19-144111-6
  • 『軍部! 語られざる韓国の暗部』黄民基 訳、JICC出版局、1990年7月。ISBN 4-88063-938-9
  • 『国家安全企画部 韓国現代史の影の権力!』黄民基皇甫允 訳、JICC出版局、1990年12月。ISBN 4-7966-0030-2
  • 『シャブ! 知られざる犯罪地下帝国の生態』黄民基 訳、JICC出版局、1991年3月。ISBN 4-7966-0096-5
  • 朴正煕 韓国近代革命家の実像永守良孝 訳、亜紀書房、1991年10月。ISBN 978-4-7505-9119-3
  • 金正日と金大中 野心と野望黄民基 訳、講談社〈講談社+α新書〉、2000年9月20日。ISBN 4-06-272039-6
  • 『「首領様の戦士」金大中の正体』金宣英 訳、洋泉社〈Yosensha paperbacks 16〉、2006年9月。ISBN 4-86248-062-4
  • 『朴正煕、最後の一日 韓国の歴史を変えた銃声』裴淵弘 訳、草思社、2006年5月。ISBN 4-7942-1496-0
  • 『李明博革命 保守主義が韓国を救う』李英 訳、作品社、2008年3月。ISBN 978-4-86182-186-8
  • 『朝鮮総督府・封印された証言』姜昌萬 訳、洋泉社、2010年10月。ISBN 978-4-86248-614-1

編著[編集]

共著[編集]

監修[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴置高史 (2013年9月12日). “米国も見透かす韓国の「卑日一人芝居」”. 「親中反日」は韓国でも危ぶまれ始めた. 日経ビジネスオンライン. 2013年9月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]