双遼市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 吉林省 双遼市
旧称:遼源・双山


簡体字 双辽
繁体字 雙遼
拼音 Shuāngliáo
カタカナ転写 シュアンリャオ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
吉林
地級市 四平市
行政級別 県級市
建置 1902年
改制 1996年
面積
総面積 3,121.2 km²
人口
総人口(2004) 41 万人
経済
電話番号 0434
郵便番号 136400
行政区画代碼 220382
公式ウェブサイト http://www.shuangliao.gov.cn/

双遼市(そうりょう-し)は中華人民共和国吉林省四平市に位置する県級市

地理[編集]

双遼市は吉林省、遼寧省内モンゴル自治区三省が接するところに位置する。

歴史[編集]

清代は内蒙古哲里木盟科爾沁部左翼、後旗達爾汗王及び勒葛合来王の狩猟場に指定されていた。1902年光緒28年)に設置された遼源州を前身とする。中華民国が整理乙すると1913年民国2年に遼源県と改称、満州国時代の1940年康徳7年)に双山県と統合され双遼県に改編された。1996年6月7日に県級市に昇格し双遼市となった。

経済[編集]

農業資源の豊かなところで、松遼平原の「黄金玉米帯」(玉米:トウモロコシ)の一部をなすと同時に水稲落花生大豆糖科野菜などを産する。広大な草原を持ち水資源が豊富である。

9億トンを越える珪砂の埋蔵量を有し、世界四大珪砂鉱山の一つといわれており、北方のシリコン原料基地となっている。

行政区画[編集]

6街道、8鎮、3郷、1民族郷を管轄:

  • 街道:鄭家屯街道、遼西街道、遼南街道、遼北街道、遼東街道、紅旗街道
  • :茂林鎮、双山鎮、臥虎鎮、服先鎮、王奔鎮、玻璃山鎮、興隆鎮、東明鎮
  • :柳条郷、新立郷、永加郷
  • 民族郷:那木モンゴル族郷

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 1902年
使用状況 双遼市
遼源州
中華民国遼源県
満州国遼源県
双遼県(1940年)
国共内戦期間双遼県
現代双遼県
双遼市(1996年)

関連項目[編集]