方正県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 哈爾浜市 方正県
方正地区日本人公墓
方正地区日本人公墓
哈爾浜市中の方正県の位置
哈爾浜市中の方正県の位置
簡体字 方正
繁体字 方正
拼音 Fāngzhèng
カタカナ転写 ファンヂョン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
哈爾浜
行政級別
建置 1909年
面積
総面積 2,968.6 km²
人口
総人口(2004) 23 万人
経済
GDP(2005) 14.6億元
電話番号 0451
郵便番号 150800
行政区画代碼 230124
公式ウェブサイト http://www.hrbfz.gov.cn/

方正県(ほうせい-けん)は中華人民共和国黒竜江省ハルビン市に位置する。県人民政府の所在地は方正鎮。松花江南岸、張広才嶺松江平原の間に位置するハルビンの衛星都市。東三省の交通要地である。

2011年満蒙開拓団の慰霊碑を建設したが、中国世論の非難を浴び、反日活動家が赤ペンキをかけるなどの襲撃を受けた[1] ことで、慰霊碑の撤去に追い込まれた。

中国地名の変遷
建置 1909年
使用状況 方正県
方正県
中華民国方正県
満州国方正県
国共内戦期間方正県
現代方正県

地理[編集]

北東部を依蘭県県級行政区)と、南東部を牡丹江市地級市)・林口県(県級行政区)と、南部を延寿県と、西部を賓県(県級行政区)、そして、北部を通河県(県級行政区)と接し、その行政区境をアムール川(黒竜江)へと続く松花江が流れている。また、松花江の支流である螞蜒河中国語版が南西から北部にかけて本県を縦断するように流れている。

歴史[編集]

1909年宣統元年)、清朝により方正県が設置された。1991年4月1日付けでハルビン市に正式に賓県と共に編入。

行政区画[編集]

下部に4鎮、4郷を管轄:

  • :方正鎮、会発鎮、大羅密鎮、得莫利鎮
  • :天門郷、松南郷、徳善郷、宝興郷

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

  • 省道
    • Shoudou 203(China).svg 203省道
    • Shoudou 309(China).svg 309省道

健康・医療・衛生[編集]

  • 方正県人民医院
  • 方正県中医院

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=53309 旧満州開拓団の慰霊碑、反日団体の男5人にペンキかけられる―黒竜江省 Record China 中国ニュース新聞社 date=2011-08-05 accessdate=2013-10-26

外部リンク[編集]