嘉蔭県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 黒竜江省 嘉蔭県
旧称:仏山県
伊春市中の鉄力市の位置
伊春市中の鉄力市の位置
簡体字 嘉荫
繁体字 嘉蔭
拼音 Jiāyīn
カタカナ転写 ジャーイン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
黒竜江
地級市 伊春市
行政級別
建置 1955年
面積
総面積 6739 km²
人口
総人口(2004) 8 万人
経済
電話番号 0458
郵便番号 153200
行政区画代碼 230722
公式ウェブサイト http://www.jyx.gov.cn

嘉蔭県(かえい-けん)は中華人民共和国黒竜江省伊春市に位置する。県政府所在地は朝陽鎮。

地理[編集]

嘉蔭県は黒竜江省北部、小興安嶺の北麓に位置する。東北は黒竜江を挟んでロシアに接する。省属嘉蔭農場と烏拉嘎金鉱が県内にある。地勢は南高東低であり、谷が縦横に走り、丘陵部の間に平原部がある。主要な河川は国境の黒竜江の他に嘉蔭河、結烈河烏雲河烏拉嘎河平陽河など50余の黒竜江水系が流れ、水利資源が豊富な地域である。

歴史[編集]

嘉蔭県は旧称を県内の黒竜江南岸に位置する山峰に因む仏山県と称す。1955年に県名改称の際に県内を流れる嘉蔭河に由来する現在の県名が採用された。

行政区画設置の歴史は1908年光緒34年)8月5日の黒竜江巡撫により観音山(仏山の別称)への仏山府設置請願に由来する(未設置)。中華民国成立後は1912年に設置された蘿北庁設治局(後に蘿北県と改称)の管轄とされ、1916年5月には蘿北県北部に新設された烏雲設治局の管轄とされた。1927年7月12日には烏雲設治局東部、観音山の北(保安村)に仏山設治局が設置され、現在の嘉蔭県に相当する行政区画が誕生した。1929年2月14日、仏山設治局を仏山県と改称、また県北西部には烏雲県が新設されている。

1947年民国36年)に烏雲県を、1949年には双河県を統合、1955年嘉蔭県と改称された。1979年に伊春市へ編入され現在に至る。

行政区画[編集]

3鎮、6郷、1省属国営農場を管轄:

  • :朝陽鎮、烏雲鎮、烏拉嘎鎮
  • :常勝郷、向陽郷、滬嘉郷、紅光郷、保興郷、青山郷
  • 国営農場:嘉蔭農場

交通[編集]

伊春から嘉蔭、綏浜から嘉蔭、孫呉から嘉蔭へと至る三本の公路があり、内陸河川の水運は5から10月にかけて使用可能であり、上流は黒河市,下流は松花江へ入る。

経済[編集]

農業開発は比較的遅れており、食糧作物は小麦大豆が主。トウモロコシアワ水稲などの作物も育つ。黒龍江岸の村は漁業を行なっており、サケチョウザメコイ等が獲れる。混交林が広大な面積を占め、樹種は多く、クヌギカバノキクルミヤチダモ等がある。山ではクロキクラゲヤマブシタケワラビ等が採れる。金鉱開採の歴史は古く、早くは末の烏拉嘎金鉱が地元に限らず名高く、この他、硫鉄鉱蛇紋石琥珀褐炭などの鉱産資源を有する。 農機具製造、木材加工、煉瓦などの工場があり、特に1988年国務院が嘉蔭を国家一類口岸に批准後、ロシアやベラルーシへの輸出額が増加している。

施設[編集]

中国地名の変遷
建置 1927年
使用状況 嘉蔭県
中華民国仏山設治局
仏山県(1929年)
満州国仏山県
国共内戦期間仏山県
現代仏山県
嘉蔭県(1955年)