蛇紋石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蛇紋石

蛇紋石(じゃもんせき、serpentine、サーペンティン)は、ケイ酸塩鉱物のグループ名である。化学組成(Mg,Fe)3Si2O5(OH)4である。カンラン石の変質により生じる。蛇紋岩を構成する主要な鉱物である。 日本での主な産出場所は、埼玉県秩父郡皆野町金崎/高知県高知市円行寺などである

種類[編集]

アンチゴライト(antigorite、葉蛇紋石)
単斜晶系
単斜クリソタイル石(clinochrysotile)
、単斜晶系。
斜方クリソタイル石(orthochrysotile)
斜方晶系
リザード石(lizardite)
六方晶系

いずれもよく似ていて、肉眼での区別は困難。

ベルチェリン[編集]

ベルチェリン(berthierine) : (Fe,Fe3+,Mg)2-3(Si,Al)2O5(OH)4、は単斜晶系の鉱物であり、アンチモンを含む鉄の硫化物FeSb2S4である。虹色の金属光沢を持つスチールグレーである。その外観のため、しばしば輝安鉱と間違われる。

1827年にフランスで発見され、フランスの化学者、ピエール・ベルティエ(1782〜1861)にちなんで名付けられた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]