巴彦県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 哈爾浜市 巴彦県
旧称:巴彦苏苏


簡体字 巴彦
繁体字 巴彦
拼音 Bāyàn
カタカナ転写 バーイェン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
哈爾浜
行政級別
建置 1908年
改制 1913年
面積
総面積 3,137.7 km²
人口
総人口(2004) 70 万人
経済
電話番号 0451
郵便番号 151800
行政区画代碼 230126
公式ウェブサイト http://www.bayan.gov.cn/

巴彦県(はげん-けん)は中華人民共和国黒竜江省ハルビン市に位置する。県人民政府の所在地は巴彦鎮。

歴史[編集]

巴彦県の旧称は巴彦蘇蘇である。これはモンゴル語もしくは満洲語で「富庶」を意味する単語を由来とする。また一説では巴彦と木蘭の境界を流れる黄泥河(究明佛特庫河)附近を「佛特喜蘇蘇」と称し、それが転訛したものとも称される。

清代は黒竜江将軍呼蘭城守尉の管轄地とされていたが、1862年同治元年)、黒龍江将軍の上奏により呼蘭庁が設置、1864年(同治3年)に庁治が呼蘭城より巴彦蘇蘇(現在の巴彦鎮)へと移転された。1905年光緒30年)1月29日、呼蘭庁は呼蘭府に改編され巴彦地区を管轄した。1908年(光緒34年)になると独立した行政区画として巴彦州を設置、中華民国が成立すると1913年民国2年)に巴彦県に改編され現在に至る。

行政区画[編集]

下部に10鎮、8郷を管轄:

  • :巴彦鎮、興隆鎮、西集鎮、竜泉鎮、窪興鎮、巴彦港鎮、黒山鎮、天増鎮、万発鎮、竜廟鎮
  • :松花江郷、富江郷、華山郷、豊楽郷、徳祥郷、紅光郷、山後郷、鎮東郷

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 1908年
使用状況 巴彦県
巴彦州
中華民国巴彦県
満州国巴彦県
国共内戦期間巴彦県
現代巴彦県