東三省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東三省(とうさんしょう)は、中国東北部に対して、20世紀半ばまで使われていた呼称である。満州も狭義には同範囲を表す同義語であるが、満州が広義に内蒙古東部・東シベリア地域(外満州)までを指す場合もあるので、区別が必要である。

東三省は、現在の遼寧省吉林省黒竜江省から成るが、清朝期とは範囲がわずかに異なる。現在の中国では「東北三省」と呼ぶことが多い。

東三省の成立[編集]

清朝は故地である満州の地を神聖なものと定めており、盛京(現・遼寧省瀋陽)、吉林、黒竜江のそれぞれに将軍を配置していた。3将軍の中では、副都格の盛京を預かる盛京将軍が一番の高位だった。これらの将軍の支配域が東三省のそれぞれの起源である。後に、盛京は奉天・瀋陽と時代によって名を変えた。