遼北省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華民国 遼北省
1947年 - 1949年
遼北省の位置
遼北省の位置
簡体字 {{{simplified}}}
繁体字 遼北
拼音 Liăobĕi
カタカナ転記 リャオベイ
国家 中華民国
行政級別
政府所在地 遼源県
建置 1945年
廃止 1949年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) 121,624 km²
人口
- 総人口(1947) 490.4 万人

遼北省(りょうほくしょう)は、中華民国にかつて存在した省。中国東北の松遼平原西部に位置した。

歴史[編集]

1945年民国34年)、日本の敗戦に伴い満州国が崩壊すると9月4日に国民政府は遼北省省長を任命[1]した。1947年(民国36年)6月、国民政府は東北9省の行政区域を規定する『東北新省区方案』公布し、満州国の四平省及び興安総省興南地区の大部分及び松江省の一部に新たに遼北省を設置、省会を遼源県に定め、下部に1市18県6旗を管轄した。

1948年(民国37年)の遼瀋戦役により勝利した共産党軍により、中華民国は省域の大部分の実効支権を喪失、3月4日には四平市が陥落し、中華民国の行政機構として機能した期間はごくわずかであった。

1949年中華人民共和国が成立すると、遼北省は解体され遼寧省吉林省内モンゴル自治区に編入された。

行政区画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『国民政府公報』渝字第849号 1945年9月6日

関連項目[編集]

前の行政区画
奉天省
遼寧省歴史的地名
1947年 - 1949年
次の行政区画
遼西省
吉林省
内モンゴル自治区