ビロビジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビロビジャン
Биробиджан
ביראָבידזשאַן
ビロビジャンの市章
市章
位置
ロシア内のユダヤ自治州の位置の位置図
ロシア内のユダヤ自治州の位置
座標 : 北緯48度48分2.73秒 東経132度54分2.09秒 / 北緯48.8007583度 東経132.9005806度 / 48.8007583; 132.9005806
歴史
建設 1931年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 極東連邦管区
 行政区画 ユダヤ自治州の旗 ユダヤ自治州
 市 ビロビジャン
人口
人口 (2010年現在)
  市域 75,413人
その他
等時帯 ウラジオストク時間 (UTC+10)
郵便番号
市外局番 +7 42622
ナンバープレート 79
公式ウェブサイト : http://birobidzhan.rfn.ru/
ビロビジャンI駅シベリア鉄道の主要駅のひとつ)

ビロビジャンロシア語: Биробиджа́нイディッシュ語: ביראָבידזשאן‎、英語: Birobidzhan)は、ロシア極東にあるユダヤ自治州州都。 人口約8万人で、ハバロフスクの西方約150キロメートルに位置する。


概要[編集]

中国国境近くのビラ川英語版ビジャン川ロシア語版沿いにあり、「ビロビジャン」と命名された由来となっている。1912年シベリア鉄道が開通したが、都市が建設されたのは1931年のことであり、同市はスイス人の建築家、ハンネス・マイヤーによって設計された。シベリア鉄道ビロビジャンI駅があり、ハバロフスクからの所要時間は2-3時間である。本線の他にレニンスコエに向かう支線がある。鉄道とは別にハバロフスクへ向かう長距離路線バスもある。

ユダヤ文化[編集]

過去に数千人のユダヤ人がビロビジャンに移住した一方、孤立した地域性や生活の困難さから殆どは定着しなかった。第二次世界大戦後のピーク時にはユダヤ人の人口は30,000人に達したが、最近(2010年代)はわずか2,000人ほどであり、人口の約1.5%ほどに過ぎない[1]

姉妹都市[編集]

日本においては新潟県新潟市(2005年に豊栄市を編入合併して姉妹関係を継承)の姉妹都市である。

脚注[編集]

  1. ^ Pipes, Richard (2016年10月27日). "The Sad Fate of Birobidzhan". New York Review of Books. Retrieved 17 October 2016.

座標: 北緯48度48分03秒 東経132度54分02秒 / 北緯48.800758度 東経132.900581度 / 48.800758; 132.900581