婉容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
婉容
満州国皇后
Empress Gobele Wan-Rong (04).JPG
1930年代、
日本の勲一等宝冠章を佩用した皇后
在位 1934年3月1日 - 1945年8月18日
戴冠 1934年3月1日
全名 郭布爾婉容
出生 光緒32年9月27日
(1906-11-13) 1906年11月13日
清の旗 北京
死去 (1946-06-20) 1946年6月20日(満39歳没)
中華民国の旗 中華民国 吉林省延吉市
配偶者 愛新覚羅溥儀
父親 栄源
テンプレートを表示
婉容
各種表記
拼音 Wǎn róng
和名表記: えんよう
発音転記: ワンロン
ラテン字 Wan3-jung2
テンプレートを表示

婉容(えんよう、Wǎn róng、1906年11月13日 - 1946年6月20日)は満州国皇后清朝最後の皇帝(宣統帝)にして満州国皇帝(康徳帝)の愛新覚羅溥儀の正妃。実家のからゴベイル(郭布爾)皇后とも呼ばれる。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

婉容とジョンストン(後左)、イザベル・イングラム(右)
溥儀と手を取り合う婉容

満洲旗人のゴベイル氏(Gobeir hala、郭布爾、郭布羅、郭博勒)の栄源(Žung-yuwan、ジュンユワン)の娘として1906年北京で生まれる。3世紀の詩人曹植の『洛神賦』から婉容と名づけられ、さらに同じ『洛神賦』に因み「慕鴻」の字を名乗る。

結婚と流転の日々[編集]

天津のミッション・スクールで西洋風の教育を受けて育つ。婉容が17歳の時、溥儀の正妻(皇后)として迎えられた。同時期に側室(淑妃)として文繍も溥儀の妻となる。当時、溥儀は紫禁城で西洋風の教育を受けており、スコットランド人家庭教師レジナルド・ジョンストンによりヘンリーの英語名を持った。婉容にも中国生まれの米国人イザベル・イングラムが家庭教師となり、エリザベスの英語名を与えられた。

婉容は溥儀、文繍と多くの宦官や従者とともに紫禁城内で平穏な生活を送る。もっとも溥儀との面会には互いの従者を通じて相手方の承諾が必要であるうえ、幼少時より清国皇帝の座にあり「妻も妾も君主の奴隷」(溥儀『わが半生』)と見做していた溥儀は、婉容に夫婦としての愛情をもって接することも同衾することもほとんどなく、また広い城内で側室(第2妃、妾)である文繍と顔を合わせることもほどんどなかった。

1924年北京政変により清室優待条件が破棄されると紫禁城を追放され、各国からの保護も拒否される。大日本帝国のみが溥儀らへの支援を表明し、天津市の日本租界の張園へ、1929年にはさらに静園へ移住する。中華民国国内における内戦(国共内戦)の影響は天津には大きく及ばず、また紫禁城を離れたことで因習に囚われることなく、日本の関与が深まり外出に監視がつくようになるまで、夫妻は現代風で自由な生活を送った。

しかし文繍が張園を脱出し離婚したのを機に、溥儀と婉容の夫婦仲は悪化してゆく。溥儀は文繍に対する愛情はなかったが、婉容が文繍を追い出し、離婚により皇帝としての体面を貶められたと考えたためである。さらに溥儀が、婉容自身の望みでもあり紫禁城居住時期から何度か試みていた海外脱出を諦め復辟に執心するようになり、鬱屈した気分を晴らそうとした婉容はアヘンに手を出し、やがて中毒症状を示すようになっていく。

満州国皇后として[編集]

1931年暮れ、満洲事変勃発後、溥儀が大日本帝国陸軍から「大清帝国の復興である新国家(満州国)」の皇帝となるよう要請を受け受諾し、天津を脱出して満州へ移住。静園から溥儀が去ったことを知った婉容は、溥儀から満州に来るよう求められたが皇后の身分にも皇帝のもとへも戻る意思がないと断ったが、関東軍の命を受けた金璧輝こと川島芳子に「皇帝が大連で亡くなったため葬儀に出席してもらいたい」と欺かれ、満州に連れ出された。

溥儀が2年間の執政を経て1934年3月1日皇帝に即位すると、婉容もまた皇后となるが、皇后に相応しくないと見なす関東軍の意向により、公式の場に姿を見せることはほとんどなく、告天礼の儀式にも、即位式に参列することも叶わなかった。

6月7日、訪満していた秩父宮雍仁親王による勲章伝達式に際しても、関東軍は婉容を謁見させたくなかったが、「伝達式には皇帝・皇后ともに出席すべし」との日本政府の主張により例外的にこれを受け入れた。婉容は勲一等宝冠章受賞の儀式でもその後の宴でも、さらに12日に行われた満州国皇帝による招宴の席でも、噂されていたような中毒症状を見せることもなく、健康そのものの様子で儀式に臨み宴の女主人役を務めた。

しかし自由のない閉塞的な暮らしと皇后としての振る舞いも許されない状況の下でアヘンへの依存は高まり、1935年頃には新しい衣料を購入することもなくなった。溥儀の実弟溥傑の妻、嵯峨浩は、1937年秋頃の様子として、アヘン中毒の影響から婉容の食事の様子に異常な兆候があったと自伝に記している。

見ていると、七面鳥のお皿に何度も何度も手を伸ばされるのです。あまりの健啖ぶりに驚きましたが、(中略)あとでわかったことですが、皇后は阿片中毒にかかっておられ、意識が定かでないことも多かったのです。そのようなときには、いくら召し上がってもわからないということでした。 — 嵯峨浩、『流転の王妃の昭和史』第2章

満州国時代末期に婉容の姿を見た者によると、彼女はボロ同然のすり切れた服をまとい、髪は乱れたまま、化粧はおろか顔を洗うこともなくなり、不健康な生活のため視力をほとんど失い、自力で立ち上がることすらできなかったという。ついには精神錯乱を来していたというが、溥儀は手をさしのべることもなく、むしろ離婚と婉容の廃妃を考えていたと言われる。

阿片中毒の中で迎えた最期[編集]

日本の敗戦後、溥儀が日本への亡命を企て逃亡した後、義妹嵯峨浩らわずかな親族や従者と共に取り残された。ソ連モンゴル連合軍とともに満州にやってきた八路軍に逮捕され各地を転々とし、通化では通化事件に巻き込まれる。

浩は自伝の中で、吉林の留置場での様子を次のように記している。

皇后は終日、狂気のように叫んだり、呻いたりしながら、板敷きの上を転げまわり、目を剥いて苦悶なさるようになりました。(中略)食事だけは自分で召し上がりますが、用便はもうご自分でできなくなっておられました。 — 嵯峨浩、『流転の王妃の昭和史』第5章

このような状態の婉容を見るため、刑吏や八路軍幹部らが監獄に集まり、浩は同書の中で、動物園のようで「やりきれない思い」だったと述懐している。

さらに延吉では、浩が久々に相見えた婉容の様子を次のように記している。

小窓から覗くと、驚いたことに皇后は寝台からコンクリートの床に転がり落ちたままで、お食事も遠くの入口に何日間も置きっぱなしになっていました。(中略)大小便が垂れ流しとなっていたため、ひどい臭気でした。 — 嵯峨浩、『流転の王妃の昭和史』第5章

その後、親族や従者と引き離され、釈放の許可が出たものの引き取り手がなかったため軍の移動に伴い留置所や刑務所を転々とする。吉林省延吉の監獄内でアヘン中毒の禁断症状と栄養失調がすすみ、「どうせ死ぬのだから」と苦痛を和らげるアヘンはもちろん水すらも与えられることもないまま、やがて世話に訪れた浩のことも誰ともわからぬ錯乱した状態となり、孤独の内に死亡したといわれる。死地については延吉からさらに移送された図們とする説(嵯峨浩)、敦化(中央社報による新聞記事)とする説もある。

1995年、河北省易県にある清朝の歴代皇帝の陵墓、清西陵の近くの民間墓地「華龍皇園」の経営者が墓地の知名度を上げるため、1962年に溥儀と再婚しその死を看取った李淑賢に彼の墓を作ることを提案し、これに同意した淑賢によって溥儀の遺骨は同墓地に移された。また、後に溥儀の墓のそばに婉容と譚玉齢の墓も造られたが、婉容の遺骨は見つかっていないため縁の品のみが収められている。

婉容死去の知らせを溥儀は3年後に拘留先のソ連で受けた。その後、溥儀は自伝『我的前半生』(邦題は『わが半生』)の中で、「私が彼女について知っているのは、吸毒(アヘン)の習慣に染まったこと、許し得ない行為があったことぐらいである」とだけ書いている。2002年、愛新覚羅家により孝恪愍皇后の称号が贈られた。

家族[編集]

弟の郭布羅潤麒は溥儀の妹韞穎(三格格)と結婚している。

スキャンダル[編集]

婉容は満州国皇后時代に娘を出産した。婉容は溥儀の子であると主張したが、溥儀はこれを認めず不義であると責め相手を問いただしたが婉容は黙秘を貫き、不義を疑われた二人の元侍従が放逐された。上記の自伝にある「許し得ない行為」とは、この事を指していると考えられている。しかし、産まれた娘はすぐに彼女の前から消えた。婉容本人には「親族の手で育てられる」と伝えられたが、実際は溥儀の命を受けた従者が娘を、生まれてから一時間足らずのうちにボイラーに放り込んで殺害していた。

参考文献[編集]

題材にした諸作品[編集]

書籍[編集]

  • 入江曜子 『我が名はエリザベス ―満洲国皇帝の妻の生涯 単行本』 筑摩書房〈筑摩叢書〉、1988年8月。
    • 入江曜子 『我が名はエリザベス 』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2005年10月。ISBN 4-480-42152-1

映画[編集]

関連項目[編集]