孝康章皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
孝康章皇后

孝康章皇后(こうこうしょうこうごう、満州語: ᡥᡳᠶᠣᠣᡧᡠᠩᡤᠠ
ᠨᡝᠰᡠᡴᡝᠨ
ᡝᠯᡩᡝᠮᠪᡠᡥᡝ
ᡥᡡᠸᠠᠩᡥᡝᠣ
 転写:hiyoošngga nesuken eldembuhe hūwangheo、1640年 - 1663年)は、順治帝の側室で、康熙帝の母。姓はトゥンギャ氏(Tunggiya hala、佟佳氏)。

経歴[編集]

都統のトゥライ(Tulai、佟図頼)の娘。順治9年(1652年)、後宮に入り、順治帝の庶妃(側女)となった。順治11年(1654年)、玄燁(のちの康熙帝)を産んだ。

康熙帝が即位すると、皇太后に上った。康熙2年(1663年)、亡くなった。「孝康」と諡されて、孝陵に附葬された。その後、夫の諡を重ねて「孝康慈和荘懿恭恵温穆端靖崇文育聖章皇后」と加諡された。

伝記資料[編集]