孝聖憲皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孝聖憲皇后(こうせいけんこうごう、1692年 - 1777年)は、雍正帝の側室で、乾隆帝の生母・皇太后。満洲鑲黄旗のニオフル(鈕祜禄)氏の出身。父は四品典儀官の凌柱

生涯[編集]

1705年(康煕44年)、13歳の時にドロ・ベイレ(多羅貝勒)の四阿哥・胤禛(後の雍正帝)の邸宅に輿入れし、ゲゲ(格格)となった。名門氏族の出身ながらも、父親の身分は高くなかったので、嫡福晋・ウラナラ氏はおろか、側福晋である年氏李氏よりも位としては下であった。雍親王(胤禛)が病を患った際、ニオフル氏はかいがいしく看病し、それがきっかけで寵愛を受けたらしい。1711年(康煕50年)には四子・弘暦(後の乾隆帝)を雍親王府で出産した。

弘暦が10歳の時、雍親王が弘暦を連れて牡丹を観に円明園に赴き、康煕帝に謁見すると、弘暦は康煕帝に気に入られ、皇帝自ら皇宮で弘暦を養育した。これにより、ニオフル氏は雍親王の寵愛をさらに受けた。

雍親王が即位(雍正帝)すると、1723年(雍正元年)に熹妃に封じられて景仁宮に入り、1730年(雍正8年)にはさらに熹貴妃に封じられた。1731年(雍正9年)に孝敬憲皇后が逝去すると、宮中のことを取り仕切った。

1735年(雍正13年)に弘暦が即位(乾隆帝)すると、熹貴妃は生母皇太后として敬われ、崇慶皇太后の尊号を贈られ、慈寧宮に移り住んだ。1751年(乾隆16年)には六十寿、1761年(乾隆26年)には七十寿、1771年(乾隆36年)には八十寿と、息子である乾隆帝から国家事業として長寿を祝われている。子供から福禄寿を祝われた女性、最高の人生を送った人物として憧憬の対象とされ、慈禧皇太后(西太后)も憧れたと言われている。

1777年(乾隆42年)、慈寧宮で崩御した。享年86。死後、孝聖慈宣康惠敦和誠徽仁穆敬天光聖憲皇后諡号を贈られ、雍正帝の泰陵の東北、泰東陵に葬られた。

登場作品[編集]

テレビドラマ