孝儀純皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
孝儀純皇后

孝儀純皇后(こうぎじゅんこうごう、満州語:ᡥᡳᠶᠣᠣᡧᡠᠩᡤᠠ
ᠶᠣᠩᠰᠣᠩᡤᠣ
ᠶᠣᠩᡴᡳᠶᠠᡥᠠ
ᡥᡡᠸᠠᠩᡥᡝᠣ
転写:hiyoošungga yongsonggo yongkiyangga hūwangheo、雍正5年9月9日1727年10月23日) - 乾隆40年1月29日1775年2月28日))は、乾隆帝の側妃で、満洲正黄旗の包衣(内務府所属の漢人)の出身。姓は魏氏。魏清泰の娘。後に鑲黄旗に抬旗され、満州姓「ウェイギャ(魏佳)」が授けられた。

生涯[編集]

内務府に選抜されて宮女として後宮に入り、最初の皇后である孝賢純皇后から教育を受ける。乾隆10年(1745年)、18歳で魏貴人に封ぜられた。同年令嬪に進封ぜられた。乾隆13年(1748年)に令妃となった。乾隆21年(1756年)に固倫和静公主を出産する。乾隆22年(1757年)に十四男永璐(早世)を出産する。乾隆23年(1758年)に和碩和恪公主を出産する。乾隆24年(1759年)令貴妃となった。乾隆25年(1760年)に十五男永琰(のちの嘉慶帝)を出産する。乾隆27年(1762年)に十六男(早世)を出産する。乾隆31年(1766年)に十七男慶親王永璘を出産する。

乾隆帝の妃のうちで最も多い4男2女をもうけ、2番目の皇后ナラ氏が廃位された後、皇貴妃に進んだ。乾隆40年(1775年)死去。裕陵に葬された。令懿皇貴妃と諡されるが、その後十五子永琰が皇太子に立てられたことで、その生母として孝儀皇后と追贈された。

登場作品[編集]

伝記資料[編集]

清史稿