孝恵章皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

孝恵章皇后(こうけいしょうこうごう、満州語: ᡥᡳᠶᠣᠣᡧᡠᠩᡤᠠ
ᡶᡠᠯᡝᡥᡠᠨ
ᡝᠯᡩᡝᠮᠪᡠᡥᡝ
ᡥᡡᠸᠠᠩᡥᡝᠣ
 転写:hiyoošungga fulehun eldembuhe hūwangheo、1641年11月5日 - 1718年1月7日)は、順治帝の皇后。モンゴルホルチン部の出身。姓はボルジギト(博爾済吉特)氏

経歴[編集]

孝恵章皇后

祖父は孝荘文皇后(順治帝の生母)の兄であった。妹は順治帝の側妃の一人、淑恵妃

順治11年5月(1654年)、順治帝に嫁ぎ、妃となった。翌月、皇后に昇格された。順治帝は皇貴妃ドンゴ氏(死後に孝献皇后中国語版と贈号)を寵愛したため、かえりみられなかった。順治帝はボルジギン氏の廃位をも準備したが、皇太后に反対されて沙汰やみとなった。

康熙帝が即位すると、嫡母として皇太后となり、慈仁宮に住んだ。康熙28年(1689年)、寧寿新宮が建てられ、そちらに移り住んだ。

康熙56年12月丙戌(1718年1月7日)、崩じた。「孝恵」とされた。その後、夫の諡を重ねて孝恵仁憲端懿慈淑恭安純徳順天翼聖章皇后と加諡された。

伝記資料[編集]

  • 『清世祖実録』
  • 清史稿
  • 『康熙帝家訓格言』