孝懿仁皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
孝懿仁皇后トゥンギャ氏

孝懿仁皇后(こういじんこうごう、満州語ᡥᡞᠶᠣᠣᡧᡠᠩᡤᠠ
ᠸᡠᠵᡠᠷᡠᠩᡤᠠ
ᡤᠣᠰᡞᠨ
ᡥᡡᠸᠠᠩᡥᡝᠣ
、転写:hiyoošungga fujurungga gosin hūwangheo、? - 康熙28年7月10日(1689年8月24日))は、康熙帝の3番目の皇后。姓はトゥンギャ(佟佳)氏(tunggiya hala)。

経歴[編集]

佟国維中国語版の娘。康熙帝の生母孝康章皇后(佟佳氏)の姪にあたる。母は正妻のヘシェリ氏[1]。妹は康熙帝の愨恵皇貴妃

康熙16年(1677年)、貴妃となった。康熙20年(1681年)、皇貴妃に進んだ。女子を1人産んだが、夭折した。康熙28年(1689年)7月8日、流産[2]で重体となり、9日に皇后に立てられたが、10日に崩じた。「孝懿」とされた。その後、夫の諡を重ねて「孝懿温誠端仁憲穆和恪慈恵奉天佐聖仁皇后」と加諡された。

弟にロンコド(隆科多)がおり、皇位継承争いでは雍正帝の擁立に貢献したが、後に誅殺された。

子女[編集]

  • 皇八女(1683年7月13日 - 8月6日)− 夭逝した。名前も位号も与えられておらず、墓もなかった。火葬の後、遺灰を空地に散らした。

伝記資料[編集]

  • 『清聖祖実録』
  • 清史稿』巻214 列伝一
  • 『内務府奏報皇貴妃生女折』
  • 『内務府奏報不満月公主病死折』

脚注[編集]

  1. ^ 『雪屐尋碑録』康熙皇帝諭祭国舅佟国維妻一品夫人何奢礼氏碑文
  2. ^ 張誠日記』