孝賢純皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
孝賢純皇后
清朝皇后
《孝贤纯皇后朝服像》.jpg
『孝賢純皇后朝服像』
在位 乾隆2年12月4日 - 乾隆13年3月11日
1738年1月23日 - 1748年4月8日

別称 孝賢誠正敦穆仁恵徽恭康順補天昌聖純皇后
出生 康熙51年2月22日
1712年3月28日
死去 乾隆13年3月11日
1748年4月8日
埋葬 裕陵
配偶者 乾隆帝
子女 端慧皇太子永璉
哲親王永琮
固倫和敬公主
氏族 フチャ氏(富察氏)
父親 リルンバオ(李栄保)
母親 ギョロ(覚羅)氏
テンプレートを表示

孝賢純皇后(こうけんじゅんこうごう、満州語:ᡥᡳᠶᠣᠣᡧᡠᠩᡤᠠ
ᡝᡵᡩᡝᠮᡠᠩᡤᡝ
ᠶᠣᠩᡴᡳᠶᠠᠩᡤᠠ
ᡥᡡᠸᠠᠩᡥᡝᠣ
転写:hiyoošungga erdemungge yongkiyangga hūwangheo、1712年3月28日 - 1748年4月8日)は、乾隆帝の皇后。満洲鑲黄旗の出身。姓はフチャ(富察)氏(Fuca hala)。チャハル総管の李栄保(リルンバオ)の娘。

生涯[編集]

雍正5年(1727年)、宝親王の弘暦(後の乾隆帝)に嫁ぎ、嫡福晋(正室)となった。夫婦仲は良く、乾隆帝との間には雍正6年(1728年)に長女、雍正8年(1730年)に次男の永璉を出産するが、いずれも夭折した。雍正9年(1731年)、三女の固倫和敬公主を出産する。

乾隆帝が即位すると、皇后に立てられた。乾隆11年(1746年)に乾隆帝の皇七子の永琮を出産するが翌年に夭折した。皇后は嘆き悲しみ、皇太后(孝聖憲皇后)に同行して泰山へ行幸したが、その際に病気になり、乾隆13年(1748年)に亡くなった。裕陵に葬された。

乾隆帝は皇后の死を悲しみ、皇后のため悼亡詩を作ったという。

登場作品[編集]

テレビドラマ

伝記資料[編集]