宦官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宦官を描いたヨーロッパのイラスト(1749)

宦官(かんがん)とは、去勢を施された官吏である。去勢技術は家畜に施すものとして生まれたため、宦官は牧畜文化を持つ国にのみ存在するという説があるが、現実には牧畜文化を持たない国においても宦官は存在した。

東アジア(日本以外)の宦官[編集]

古代中国に始まり、朝鮮ベトナム等、おもに中国の勢力圏の東アジアに広まった。(但し、日本は宦官文化に関しては東アジアの中では独特であるので下記のように別項を立てる。)

仕事[編集]

供給源[編集]

  1. 異民族の捕虜・異国からの供物
  2. 志願者(自宮者)
  3. 宮刑を受けた者

中国[編集]

「宦」は「宀」と「臣」とに従う会意文字で、その原義は「に仕える奴隷」であったが、時代が下るに連れて王の宮廟に仕える者の意味となり、禁中では去勢された者を用いたため、彼らを「宦官」と呼ぶようになった。別名を、閹人・火者・宦者・官者・黄門・三保・三宝・資人・寺人・舎人・浄人・仙人・太監・帳内といい、その他にも甚だ多い。

刑罰として去勢(宮刑・腐刑)されたり、異民族の捕虜や献上奴隷が去勢された後、皇帝後宮に仕えるようになったのが宦官の始まりである。しかし、後に皇帝やその寵妃等に重用され、権勢を誇る者も出て来るようになると、自主的に去勢して宦官を志願する事例も出てくるようになった。このように自ら宦官となる行為を自宮あるいは浄身と呼ぶ。宦官になればある程度の立身は約束されたといってよいものの、現在のような医療技術がある訳もなく、去勢した後の傷口から細菌が入って三割が死ぬことから命がけであったともいわれている。

中国諸王朝において官僚は特権階級であったが、貴族(没落貴族も含む)ではない庶民階級の者が文武問わず正規の官僚として高位へ登る道は、以降に導入された極端に競争の激しい科挙進士採用試験)を除くと事実上ないに等しく、自宮者は後を絶たなかったという。自宮宦官の例として、土木の変を引き起こした王振、皇帝を凌ぐほどの権勢を誇った魏忠賢等が知られている。

五代十国のひとつ南漢国は、特に宦官を重用したことで知られ、科挙の成績優秀者は、まず性器切断してから登用したほどであった。最後の皇帝劉鋹(在位958年 - 971年)の時代には、総人口100万人に対し宦官が2万人もおり、この国の男性25人に1人は完全去勢していたことになる。

統一王朝の場合でも、宦官は普通は多くても数千人ほどで、おもに後宮に配置された。しかし、代には爆発的に増え、約10万人に膨れ上がった。 「皇明実録」によると、1612年(明の天啓元年)に政府が、宦官の補欠3000人を募集したところ、応募者が2万人に達したため、急遽募集人数を4500人に増やしたという記録が残されている。

庶民階級にとって、宦官となることは、富と権力を得る手段であったものの、宦官の社会はヒエラルキーに基づく階級社会であり、その頂点に位置する、国家を動かすほど大きな権力を持った宦官となるものは当然ごく一握りにすぎず、大多数の宦官は下の地位のままで一生を終えた。そして、下級宦官は、日々の生活において、上級宦官の不満のはけ口となり、いじめられることは日常茶飯事であった。そして、下級宦官は高齢になって激務に耐えられなくなったりすると、使い物にならないとみなされ、解雇された。そして、その多くは乞食としての生活を強いられ、餓死することを余儀なくされた。このような境遇に陥らないためにはひたすら上の階級に出世するしかなく、下級宦官は上級宦官に対して、媚びへつらい、機嫌を伺うことに力を尽くした。そのため、宦官の出世欲・権力欲はどんどんエスカレートしていった。

その結果として、宦官の影響で国政が乱れた例も多く、その弊害が最も顕著であったのは後漢(東漢)・(中期から後期)・明と言われ、を滅亡させるきっかけを作った趙高も宦官であった。宦官によって国政が乱れることは指摘されてきたが、歴代中国王朝はこれを廃止することはできなかった。中国における皇帝は、絶対的な存在であった反面、自分の地位が簒奪されることを常に恐れた。そのため、皇帝は、外戚は勿論のこと、兄弟や皇太子・皇子を含めた自分の家族や、有能な家臣でさえも完全に信用することができなかった(もし宦官ではない、普通の人間に権力を託すと、当然の事ながら個人に留まらずその一族の権力となり、帝位を簒奪される危険が伴う)。このように孤独な立場に置かれた皇帝から見れば、権力を維持するための存在として、 去勢されたために子孫を残すことができず、権力を世襲することができない宦官は必要不可欠な存在であった。後漢末の群雄の一人である曹操ですら、宦官の弊害は宦官制度そのものに問題があるのではなく、皇帝が宦官に依存しすぎるから引き起こるのである、と発言している。 また、宮廷内における、一般社会と違った、特別な制度や行事、習慣、用語、禁忌、礼儀作法、規則などを維持していく専門職として、宦官に依存する面が多かったことも、宦官制度の維持につながった。

後漢では豪族の力が甚だ強く、それに対抗するために皇帝が手足として使った存在が宦官であった。そのために後漢末は大いに乱れ、豪族袁紹霊帝死後宮中にいる宦官の処刑を命じ、宦官の特長(去勢の影響で男性ホルモンが分泌されず女性的な体型であり、髭が生えていなかった)から髭を生やしていなかった者まで殺害され、宦官も合わせて2000人に達した。唐においても藩鎮勢力に対抗するためと考えられる。明代においては皇帝権が極めて強く、それに比して無能・怠惰な皇帝が存在した場合に宦官が表に出るようになったと考えられる。代には宮廷事務や皇帝の身辺の世話は皇帝直属の八旗(上三旗)の旗人の中で家政を担当するボーイ(満州語: ᠪᠣᠣᠢ 転写:booi、漢語:包衣)が管轄する内務府が掌り、その管轄下に置かれた宦官の仕事は后妃の世話に限定されるようになったため、宦官が国政に口を出す余地はほとんど無くなっていた。

なお、切り取られた性器は大切に保管され、本人の死亡後一緒にに納められた。死後、性器と一緒に埋葬されなければ驢馬に生まれ変わるといわれた。そのため性器を失くした場合、他の宦官の物を盗むに至った事例もあったようである。また、自宮の際には手術代の代わりに性器を質に入れるものもいた。

時期や方法にもよるが去勢されても性欲は残る。そのため宦官と女官との不義がたびたび起こり、大量の張型が押収されるということがたびたびあった。宦官の性行為では多量の汗をかき、相手や物に噛み付くなどして性欲を発散させたという記録が残っている。(ちなみに現在では、直腸から前立腺を刺激することで射精に近い快感を得る方法が知られている。張型を自分自身に使用していた可能性もある。)

中国では、1911年辛亥革命により王朝は滅亡したが、最後の皇帝である宣統帝溥儀1912年の退位後も清室優待条件により紫禁城に居住し続け、太監(宦官)も同条件により新規採用者の募集を停止したのみであった。その後、1923年に溥儀は、家庭教師であったイギリス人レジナルド・ジョンストンなどの影響を受け、宦官の腐敗への不満から宦官の多くを追放しようと試み、宦官を100人程度にまで減らした。しかし、溥儀の食事の準備ができなくなるなど逆に宮廷の運営が滞ってしまい、結局、1ヶ月足らずで宦官の追放を撤回することを余儀なくされた。その翌年、1924年馮玉祥のクーデターで宣統帝とともに宦官も紫禁城から追放され、その歴史の幕を閉じることとなった。このとき追放されたのは、宦官2000人と女官200人と伝えられる。。

著名な中国の宦官[編集]

  • 豎刁 - 春秋時代の人。桓公の家臣で、自ら後宮の管理を願い出て去勢した。自宮宦官の始めと伝えられる。桓公死後に斉の政治を乱した。
  • 趙高 - 李斯と共に始皇帝の死を秘して、二世皇帝胡亥を擁立した。宦官の概念を悪化させた元凶とされる。
  • 司馬遷 - 前漢時代の歴史家、『史記』の著者。武帝を怒らせて宮刑に処される。
  • 蔡倫 - 後漢。の発明者。
  • 曹騰 - 後漢。順帝の宦官改革によって爵位相続、養子(曹嵩)などを得る。自身は慎み深かったが、その子孫(孫の曹操、曾孫の曹丕)は後漢王朝に終止符を打つ事になる。
  • 十常侍 - 後漢。霊帝に仕えて中常侍の官にあった宦官集団の事。ただし、正史によれば、実際には12名いたという。
  • 黄皓 - 劉禅に仕え、蜀の実権を握り自分勝手に人事を変え、蜀の滅亡の元凶となる。
  • 高力士 - 唐。玄宗に仕え、皇帝に代わって雑事を取り仕切った。
  • 李豬児 - 唐。契丹の出身者で安禄山に仕えた。安禄山自身の手で去勢されたエピソードで有名。
  • 童貫 - 北宋末。皇帝徽宗の寵愛を受け、軍の指揮官として方臘の乱を鎮圧した。
  • 鄭和 - 。南海大航海を行った。
  • 劉瑾 - 明。正徳帝期の初めに政治を専断した。自ら帝位につこうと謀反を企てたために凌遅刑で処刑された。
  • 魏忠賢 - 明。天啓帝に代わって政務を壟断し、各地に自らの像を収めた祠を作らせるほどの権勢を誇った。
  • 王承恩 - 明。崇禎帝に仕えた。明の滅亡時、最期まで皇帝に忠実に従い、その死に殉じた。
  • 董海川 - 清。皇族の武術教師。八卦掌の創始者。
  • 李蓮英 - 清。西太后に重用された。

例外的な存在として、嫪毐のように実際は宦官ではなかったが、宦官と偽って後宮に入った例も存在する。

朝鮮[編集]

朝鮮も中国に倣い、自国の官僚機構に宦官制度を導入していた。

現存する朝鮮最古の歴史書「三国史記」の巻10「新羅本紀」には、新羅の第42代「興徳王(ホンドクワン-こうとくおう)」(生年不詳 - 826年即位 - 836年没)が、王妃の章和夫人が即位後2ヶ月で死去してからは、後妃を迎えず、後宮の侍女も近づけず、宦官に身の回りの世話をさせたとの記述があり、9世紀にはすでに宦官制度があったことが分かる。

高麗918年 - 1392年)や朝鮮王朝1392年 - 1910年)にも宦官(内侍(ネシ))制度が存在した。医療技術が及ばず陰茎を切断すると死亡率が高まってしまうため、睾丸摘出のみで宦官とされた。また、自国の官僚として使用しただけではなく、自国民を宦官にして歴代の中国王朝に貢進していたことでも知られる。

順帝(1320年 - 1370年)時代に後宮に権勢を振るった朴不花ko:박불화)は、高麗から貢進された宦官であり、また1403年の永樂元年)には、「明の皇帝の聖旨を奉じ、容姿閑雅、性質利発な火者(宦官の別称)35名を選抜して貢進した」という記録が、朝鮮側の記録に残されている。

1894年甲午改革で宦官制度は廃止された。

現在の韓国ソウル市鍾路区にある孝子洞(ヒョジャドン/효자동)は、かつて退職した宦官が住んでいたとされ、「火者洞(ファジャドン/화자동)」と呼ばれていたという。

西アジア・地中海地域の宦官[編集]

古代オリエント[編集]

シュメール以来、宦官は文明の重要な要素とみられていた。シュメール語には宦官を意味する言葉が8つもあった。アッシリアアケメネス朝ペルシャ帝国といったシュメール文明を引き継ぐオリエント諸国でも宦官は用いられた。また 戦争捕虜になった敵兵の陰茎を切断して本国に連行し、奴隷とする習慣があった。中国同様刑罰として去勢される者も多かった。役割としては中国同様、官僚と、後宮に仕える者が多かった。また、宦官であるかないかにかかわらず、奴隷身分であっても権力や財産をつかむことはありえた。

尚、古代エジプトで宦官が見られたというのは俗説である。発見されている高位の神官や役人のミイラの中には性器の存在しないものもあるが、宦官を用いた文書記録はなく、割礼の壁画などを誤って解釈したと思われる。(性器は水分が多くミイラ化の過程やその後の保存状態によって失われやすい部位であるため目視で発見出来ないこともある。) エジプトで宦官が使用された記録が登場するのは、プトレマイオス朝になってからのことである。

古代ギリシア・ローマ〜東ローマ[編集]

宦官は、オリエントの影響を受けた古代ギリシアローマ帝国、及びそれを継いだ東ローマ帝国でも用いられた。オリエントやギリシア・ローマでも宦官は宮廷内部の雑用係中心であったが、ローマ帝国後期以降に皇帝権力が強まると高級官僚の世襲を防ぐ為に宦官を高級官僚に用いることが多くなった。

キリスト教化した東ローマ帝国では官僚として重く用いられ、軍隊の司令官やキリスト教東方正教会統率者のコンスタンティノポリス総主教にまで宦官が多数任命された。例えばユスティニアヌス1世の時代に対東ゴート戦争を指揮したナルセスフォティオスと総主教位を争ったイグナティオスニケフォロス2世フォカスの治世からバシレイオス2世の治世初期に権勢を振るったバシレイオス・ノソスなどは宦官であった。ちなみにイグナティオスとバシレイオス・ノソスはそれぞれミカエル1世ランガベーロマノス1世レカペノスの息子であり、失脚した皇帝の子孫から、皇帝を狙って反乱を起こす者が出ないように去勢された者が居たことを示している。

中国のように宦官が皇帝の寵愛を背景に実権を握った例は多いが、国家の正規の官職に宦官が多数任命された国家は東ローマ帝国だけであろう。このように東ローマ帝国は宦官を重用したため、中国同様、自主的に去勢して宦官を志願したり、親が子供の出世のために子供を去勢してしまう事例が出て来た。またキリスト教の普及に伴って、自ら欲望を絶つ目的で去勢する者も現れた。その流行は凄まじく、民間での去勢を禁止する勅令が幾度も出されるほどであった。

11世紀末-12世紀に入って、軍事貴族出身のコムネノス王朝が成立すると、11世紀まで文官官僚として軍事貴族と対立していた宦官の勢力は弱まっていった。その後、12世紀末以降帝国が衰退していくに連れ、宦官の供給源となる属州が失われ、帝国の財政力も低下していったため、要員を雇うことができず宦官は激減していった。

イスラム諸国の宦官[編集]

オスマン帝国のスルタン、アブデュルハミト2世に仕えた宦官の長。
ハレムでの宦官

一夫多妻制であったイスラーム諸国ではオリエントの伝統を受け継いで宦官が用いられた。特にオスマン帝国では宦官は後宮(ハレム)を取り仕切り、陰の実力者として振舞い、政治の実権を握ることもしばしばあった。

イスラム諸国の特色としては、コーランに記載されている教義上の去勢禁止規定を回避するために、イスラム教徒以外の男性(多くは少年)を去勢して宦官とするのが原則であったため、外国人である黒人白人の宦官が多く採用されていた。彼らの多くは、戦争で捕虜となるか、奴隷として売られてきて、宦官にされたものである。ガージャール朝の創始者アーガー・モハンマド・シャーも幼年期に捕虜として去勢されていたが、後に脱走を果たして勢力の再結成に成功し、宦官として王朝を開いた一つの例である。当然ながら彼に子供はおらず、死後は甥であるファトフ・アリー・シャーが帝位を継いだ。

イスラム諸国の宦官の去勢の方法は、男性器全てを除去する完全去勢と、陰茎のみ、または両方の睾丸のみを切除する不完全去勢の2種類があり、去勢奴隷として売られる場合は前者の方が、高価で取引された。なお、イスラーム世界においてもしばしば男色が行われており、宦官が君主ら主人の男色相手をつとめる場合も少なくなかった。

その他の地域の宦官[編集]

アフリカ[編集]

アフリカでは宦官兵士(去勢兵士)の例がある。例えば、モシ族では古くは陰茎のみを切り取った宦官兵から成る軍隊をもっていた。

日本[編集]

日本では去勢者がいなかったわけではないが、制度として確立した「宦官制度」は記録に残るかぎりでは存在しなかったとされる。

弥生時代から古墳時代にかけて一時的に宦官制度はありえた可能性も指摘されており、その場合、古墳時代末期に廃止されたのではないかという説もあるが、現在のところ確かな証拠はなく、仮説の域を出ていない。また、中世には刑罰や宗教的動機で去勢した例は多いものの、制度としての宦官制度というものはまったく見られない。近世になっても、江戸時代の古川柳に「奥家老らせつしたのを鼻にかけ」というものがある。また「案山子かな女中預かるらせつ人」という古川柳も残っている。「らせつ」とは漢字で「羅切」と書き、「陰茎切断」の俗語であることから、大奥詰めの役人が女官たちを取り仕切る宦官に近い存在になりえたことはわかる。ただし、これは個人的な忠義の表現であって、制度としての宦官制度ではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三田村(1963)

参考文献[編集]

宦官が主要な役を演ずる日本近現代の作品[編集]

文学[編集]

コミック[編集]

  • 天は赤い河のほとり』 - 篠原千絵のコミック。主人公のユーリを狙うナキア皇妃に献身的に仕える宦官の神官、ウルヒ・シャルマ。皇妃の野望のために暗躍する。北方の国の王族出身だが国を滅ぼされ、奴隷としてヒッタイトに売られて来た。
  • 黒竜の城』全2巻 - 原作:田中芳樹、画:梶原崇のコミック。主人公「イシハ」は当時の中国(明)の東北辺境の地を統一する上級機関「奴児干都指揮使」の長。君主「燕王」と諸将との連絡役を申し出るため自ら宦官となり高位を得た。

アニメ[編集]

  • コードギアス 反逆のルルーシュR2』 - 21世紀に至っても形式上「天子」を頂く「中華連邦」の実権を握る官僚集団として登場。ただし、登場するのはシリーズ第2作目であるこの『R2』のみで、1作目では平凡な近代的政治家が同国の首脳になっている。

映画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]