愛新覚羅氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
愛新覚羅氏
中国語
繁体字 愛新覺羅
簡体字 爱新觉罗
満州語
満州文字 AisinGioro.png
Aisin Gioro
アイシンギョロ
愛新覚羅家 
満州国
領地 中国
称号 清朝の皇帝
満州国皇帝
創設 1644年
家祖 ヌルハチ
最後の当主 愛新覚羅溥儀
断絶 1912年: 君主制廃止
民族 満州民族

愛新覚羅(あいしんかくら・アイシンギョロ)氏は、満洲(中国東北部)に存在した建州女真族(満洲民族)の姓氏で、中国を統一し清朝を打ち立てた家系。清の国姓である。アイシン(満州語: ᠠᡳᠰᡳᠨ)は「」という意味の、かつて女真族が興した王朝名であり、そして後にヌルハチが興した王朝からとった族名(ムクン)、ギョロ(満州語: ᡤᡳᠣᡵᠣ)はヌルハチの祖先が最初に定住した土地(現在の黒竜江省依蘭県一帯)の名を戴いた姓氏(ハラ)で、全体で「金の覚羅一族」を表す。漢字は満洲語読みに対する当て字であり意味は持っていない。清朝滅亡後、愛新覚羅氏の多くが漢語に翻訳した「」姓に取り替えた。なお、愛覚羅は誤字。

ヌルハチは当初は単にギョロ姓を称していたが後金皇帝となったため、その血統を特別に形容して「アイシンギョロ」と呼ぶことにした。清朝ではヌルハチの祖父以上の家系のものは「覚羅(ギョロ)」とし、ヌルハチの父顕祖以下の子孫は「宗室」とされた。清朝皇族の系図は『玉牒』に収められている。

清朝皇族の爵位[編集]

  • ホショイ・チン・ワン(hošoi cin wang、和碩親王、ホショしんおう)
  • 世子(šidz、スィズ、親王の嗣子)
  • ドロイ・ギュン・ワン(doroi giyūn wang、多羅郡王、ドロぐんおう)
  • 長子(jangdz、ジャンズ、郡王の嗣子)
  • ドロイ・ベイレ(doroi beile、多羅貝勒)
  • グサイ・ベイレ(gūsai beise、固山貝子)
  • 鎮国公(gurun be dalire gung、グルン・ベ・ダリレ・グン)
  • 輔国公(gurun de aisilara gung、グルン・デ・アイシララ・グン)
  • 不入八分鎮国公(jakūn ubu de dosimbuhaku gurun be dalire gung、ジャクン・ウブ・デ・ドシムブハク・グルン・ベ・ダリレ・グン)
  • 不入八分輔国公(jakūn ubu de dosimbuhaku gurun de aisilara gung、ジャクン・ウブ・デ・ドシムブハク・グルン・デ・アイシララ・グン)
  • 鎮国将軍(gurun be dalire janggin、グルン・ベ・ダリレ・ジャンギン)
  • 輔国将軍(gurun de aisilara janggin、グルン・デ・アイシララ・ジャンギン)
  • 奉国将軍(gurun be tuwakiyara janggin、グルン・ベ・トゥワキャラ・ジャンギン)
  • 奉恩将軍(hesi be tuwakiyara janggin、ヘシ・ベ・トゥワキャラ・ジャンギン)

清朝皇族の爵位は通常一代ごとに降下する。特に功績がなければ親王の子は郡王、郡王の子は貝勒というように爵位が下がっていく。しかし、特に功績が大きかった皇族は世襲が認められ、爵位が降下しないことから鉄帽子王と呼ばれた。

  • 礼親王(doronggo cin wang)家 - ヌルハチの第2子・代善(ダイシャン)が祖。
  • 睿親王(mergen cin wang)家 - ヌルハチの第14子・多爾袞(ドルゴン)が祖。
  • 予親王(erke cin wang)家 - ヌルハチの第15子・多鐸(ドド)が祖。
  • 粛親王(fafungga cin wang)家 - ホンタイジの長子・豪格(ホーゲ)が祖。清末に善耆川島芳子父娘が出る。
  • 承沢親王(kesingge cin wang)家 - ホンタイジの第5子・碩塞(ショセ)が祖。後に荘親王家と改称。
  • 鄭親王(ujen cin wang)家 - ヌルハチの弟シュルガチの子・済爾哈朗(ジルガラン)が祖。西太后の政敵粛順、鄭親王端華兄弟が出る。
  • 克勤郡王(kicehe giyūn wang)家 - 代善の長子岳託(ヨト)が祖。
  • 順承郡王(dahashūn giyūn wang)家 - 代善の子薩哈璘(サハリヤン)の第2子勒克徳渾が祖。

これらの八家は建国にあたって特に功績が大きかったために他の皇族とは別格とされ、八大王家と呼ばれた。睿親王家は多爾袞が皇位を簒奪しようとしたとして廃絶されていたが、乾隆年間に多爾袞が名誉回復したために再興された。多爾袞に連座して同母弟多鐸も郡王に落とされていたが、同様に乾隆年間の名誉回復により親王家に戻された。

清の中期、末期には以下の四家も功績があったとして世襲が認められ、最終的には世襲王家は十二家となった。

著名人[編集]

関連項目[編集]