愛新覚羅連経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛新覚羅 連経(あいしんかくら れんけい、1940年 - )は中国画家粛親王善耆の第16王子憲方の子。川島芳子は叔母に当たる。

旅順市生まれ。山水画を描く中国現代画家の中で最も将来を嘱望されていると言われる。度々来日し日本国画院の画家との交流や個展を開いている。中国美術家協会会員、東方芸術交流会会員である。

外部リンク[編集]