愛新覚羅毓峨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛新覚羅 毓峨(あいしんかくら いくが、1925年 - )は、中華人民共和国画家である[1]愛新覚羅溥僩の四子。清朝九代咸豊帝の皇弟惇親王奕誴中国語版(えきそう)の曾孫。

北京市に生まれ、幼い時より父の溥僩や叔父の画家溥佺に師事し山水画を修める[1]南開大学卒業後[1]北京市文史資料館の館員を務めながら、画業に勤しむ。現在、中国老年書画研究会会員。

柔らかい画風であり、国外の人気も高い。花鳥画に優れた作品が多く、牡丹を題材にしたものを得意としている。代表作に『玉堂富貴』『天竺白頭翁』など多数。穏やかな気性らしく、人望も高いと言われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 愛新覚羅毓峨、愛新美術館、2012年2月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]