モンゴル系民族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンゴル系民族
Монголчууд
ᠮᠣᠩᠭ᠋ᠣᠯᠴᠤᠳ
YuanEmperorAlbumGenghisPortrait.jpg
YuanEmperorAlbumKhubilaiPortrait.jpg
Subudei.jpg
YuanEmperorAlbumOgedeiPortrait.jpg
YesheDorje.jpg
Sukhbaatar.jpg
Hulagu Khan.jpg
Tsedenbal BundesArchiv.jpg
Sumo May09 Asashoryu.jpg
Hakuho 2012 January.JPG
Sumo May09 Harumafuji.jpg
Kakuryu 08 Sep.jpg
総人口

1000万人 (2010)

居住地域
主要民族として
モンゴル国の旗 モンゴル 2,921,287[1]
少数派の民族として
中華人民共和国の旗 中国
(内モンゴル自治区)
5,981,840 (2010) [2]
ロシアの旗 ロシア 647,417 [3]
大韓民国の旗 韓国 34,000 [4]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 15,000–18,000 [5]
キルギスの旗 キルギス 12,000 [6]
チェコの旗 チェコ 7,515 [7]
日本の旗 日本 5,401 [8]
カナダの旗 カナダ 5,350 [9]
ドイツの旗 ドイツ 3,852 [8]
イギリスの旗 イギリス 3,701 [8]
フランスの旗 フランス 2,859 [8]
トルコの旗 トルコ 2,645 [8]
カザフスタンの旗 カザフスタン 2,523 [8]
オーストリアの旗 オーストリア 1,955 [10]
マレーシアの旗 マレーシア 1,500 [8]
言語
モンゴル諸語
宗教
シャーマニズムを背景としたチベット仏教が大勢[11][12][13][14]
少数はイスラム教スンニ派東方正教プロテスタント

モンゴル系民族(Mongols、モンゴル文字ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ Mongɣulキリル文字Монгол)は、モンゴル高原(現在のモンゴル国中華人民共和国内モンゴル自治区を合わせたものにほぼ一致する地域)にバイカル湖~興安嶺の一帯とバイカル湖~アルタイ山脈の一帯を合わせた地域(中央ユーラシア)に居住するモンゴル諸語を母語とする民族。

大雑把な人口の内訳は、モンゴル国に200万、中国・内モンゴル自治区に400万、ロシア・ブリヤート共和国に20万である。詳細に見るとモンゴル国では人口約253万3100人のうち95%(約241万人)がモンゴル族(2004年統計年鑑)であり、中国には約1000万人(内モンゴル自治区に約400〜500万、それ以外の中国内に約500〜600万)のモンゴル族がいる。

名称[編集]

「モンゴル」という名称は初め、中国の史書に「蒙兀室韋」[15]や「蒙瓦部」[16]、「萌古国」[17]、「蒙古」[18]などと記され、ペルシア語史料[19]に「مغول Mughūl」と記された。

現在、中華人民共和国内モンゴル自治区で使われるモンゴル文字表記では「ᠮᠤᠨᠭᠭᠤᠯ Mongɣul」、モンゴル国で使われるキリル文字表記では「Монгол Mongol」となっている。

「モンゴル」の意味はラシードゥッディーンの『集史』に「モンゴルとは素朴で脆弱という意味」と記されている。あるいはモンゴル語でモン(mong、強い・勇猛な)とグル(gul、人)から[20]、あるいはムング(銀)の意味とも[21]

分布[編集]

モンゴル国および中華人民共和国におけるモンゴル族の自治区域

外モンゴル(モンゴル国)[編集]

現在のモンゴル国にあたる「外蒙古(がいもうこ)」とは、「内蒙古」とともに朝時代につけられた呼び名で、現在も世界的に使われる用語である(英語でOuter Mongoliaと呼ぶ)。しかし、清朝側から見たこの呼称はモンゴル人に嫌われており、モンゴル人自身では「北(アル)モンゴル」と称している。また、モンゴル国の8割弱がハルハ族と呼ばれるモンゴル系の民族で占められているため、「ハルハ・モンゴル」とも呼ばれる。モンゴル国は世界で唯一のモンゴル人の独立国家であり、人口は256万人(2005年)、そのうち8割弱がハルハ・モンゴル族、残り2割強にその他モンゴル系、テュルク系民族の16部族が居住する。言語はハルハ・モンゴル語が標準語で、文字は1941年以来キリル文字であるが、民主化後は古来の縦書きモンゴル文字に戻りつつある。

[22]

内モンゴル(中国・内蒙古自治区)[編集]

現在中国領である内モンゴル自治区は、清朝時代に「内蒙古(ないもうこ)」と呼ばれ、もともとはモンゴル帝国(北元)の中心地でチャハル・モンゴルの支配域であったが、17世紀に清に編入されて以降中国領となっている。現在もなお「内蒙古」と呼ばれているが、上記の理由からモンゴル人自身では「南(オボル)モンゴル」と呼ばれている。人口はモンゴル国の外モンゴルに対し、モンゴル系モンゴル族が1割であり、残り8割が漢族で占められており、文化的に漢化が進み、モンゴル語を解さないモンゴル族もいる。文字は伝統的な縦書きモンゴル文字を使用する。

[23]

その他中国領内のモンゴル[編集]

中国の新疆ウイグル自治区にはかつてオイラトジュンガル帝国の子孫であるオイラド族が居住している。寧夏・甘粛地方にはイスラム教徒であるドンシャン族バオアン族が居住している。

[24]

ロシア領のモンゴル[編集]

ロシア連邦ブリヤート自治共和国にはモンゴル語北部方言に属するブリヤート語を話すブリヤート人が住んでいる。自治共和国の総人口は97万人(2005年)であり、そのうちの半数はロシア人である。「ブリヤート」とはロシア風の発音で、もともとは「ボリヤド」という。ブリヤート人は12~13世紀ごろ「森の民(オイン・イルゲン)」と呼ばれ、モンゴル北部の森林地帯で狩猟と牧畜を営んでいた。1207年チンギス・カンの長男ジョチによってモンゴル帝国に編入されて以来、モンゴル民族となり、その影響でチベット仏教も広まった。17世紀よりロシアの侵入が始まり、1689年ネルチンスク条約によってロシア領となる。1920年には赤軍により極東共和国が建てられ、まもなくソ連領となり、1923年にはブリヤート・モンゴル自治共和国に編入され、1958年には現在のブリヤート自治共和国に改称された。また、カスピ海北岸のカルムィク自治共和国には上記のオイラド族と同族であるカルムィク人が住む。「カルムィク」とはヨーロッパ側からの呼び名であり、自称はやはり「オイラド」という。自治共和国の人口は29万人であるが、カルムィク人はその半数以下である。カルムィク語はモンゴル語西部方言に属し、文字は縦書きモンゴル文字を改良したトド文字を使用する。

[25]

文化[編集]

遊牧[編集]

有史以来、農業に適さないモンゴル高原では遊牧的牧畜によって生活を送ってきた。家屋は組み立て式の移動式住居「ゲル」を用い、家財道具と家畜を連れて、春夏秋冬の季節ごとに移動を行う。今まではラクダウマで運んでいたが、近年はトラックなども使うようになった。移動の理由は豊かな草を求めるためであり、一所に居続けるとそこの草がなくなるだけでなく、草地が再生せず根絶やしになってしまうからである。遊牧的牧畜は人間と家畜と自然環境の相互作用・循環によって成立する。草原の草は家畜に食われ、その体内で分解されて乳・肉・毛・糞などになる。その一部を人間が利用し、糞や死体は微生物に分解されて土地に還元される。そこに再び草が生え、家畜が食う。乳や肉は人間の食糧となり、毛や皮は人間の衣服・家屋になる。糞は燃料にもなる。無駄のない循環作用が厳しい環境で生きるモンゴル高原の人々を長年支えてきた。しかし、近年では牧畜をやめ定住し、都市部で生活する人が増えてきた。 [26]

農業[編集]

上記のようにモンゴルでは古代から伝統的に遊牧的牧畜を受け継いできたが、17世紀以来、内蒙古では清朝による開墾が始まり、それまでの草原地帯が農地に変わっていった。それにともない、遊牧生活を送ってきた遊牧民も減少し、漢人入植者が増加した。清代から中華民国時代にかけての乱開墾によって内蒙古は砂漠化が深刻化し、地球規模の問題となっている。一方の外蒙古でも20世紀の社会主義時代から農業に着手し、1992年の民主化後から市場経済に移行すると、工業の推進とともに一層の農業の促進が行われた。1997年には開墾地が国土の2%にあたる31万ヘクタールになり、それまでの草原地帯に整然と区切られた畑が目立つようになった。1999年時では、日本の援助により購入したロシア製のトラクターが大規模栽培のために活躍している。現在では穀類が主であるが、モンスーン地帯の農業に比べると生産量が低く、輸入に頼っているのが現状である。

[27]

宗教[編集]

天崇拝

匈奴を始め、古来からモンゴル高原の遊牧騎馬民族の信仰は自然崇拝が基本であった。13世紀のモンゴル民族にいたっても「テンゲル崇拝」と呼ばれる「天(テンゲル)」を中心として大地などの大自然を神聖不可侵の領域として尊崇した。モンゴル人の王権や生命の起源が天であれば、モンゴル人が死後帰るべき所も天であり、モンゴル人は一般に生地に葬られることを理想とし、そうした風葬や埋葬の地を「黄金のゆりかご(アルタン・オルギー)」と呼んでいる。

[28]

チベット仏教

チベットとモンゴルの関係の始まりはモンゴル第二代皇帝オゴデイ・カアンの時代に遡る。1239年オゴデイの次男コデンはチベット攻撃に向かい、カム地方から攻めて中央チベットに入り、名刹ギェルラカンを炎上させるなど猛威を振るった。サキャ派の高僧クンガ・ギェンツェン(サキャ・パンディタ)がモンゴルと交渉するために甘粛の涼州に赴いた際、同行していたのが彼の甥であるパクパであった。彼はクビライに招かれてその信用を得、のちにクビライが皇帝となると、パクパは「国師(グーシ)」の称号を与えられ、「蒙古新字」の製作を命じられた。これがいわゆる「パクパ文字」である。この時にはチベット仏教が元朝宮廷内で広まっていたが、元朝が明に敗れ、モンゴル高原へ撤退すると、パクパ文字とチベット仏教は忘れ去られてしまう。16世紀になり、モンゴルのアルタン・ハーンは中国文化の流入によってモンゴルの独自性が失われると警戒し、チベットとの関係を強化した。この時、チベット仏教ゲルク派の高僧ソェナム・ギャツォと会見したアルタン・ハーンは、ソェナム・ギャツォに「ダライ・ラマ(大海ラマの意)」の称号を授けた。彼は前の二代から数えてダライ・ラマ3世と呼ばれる。ゲルク派はアルタン・ハーンとダライ・ラマ3世の関係をかつてのクビライ・カアンとパクパの関係になぞらえた。以後、教権を代表するダライ・ラマが施主であるモンゴルのハーンとその一族に称号を授与する慣例が生まれた。[29]

以来、モンゴルの一般遊牧民にもチベット仏教が浸透し、各地に寺院が建てられた。全盛期には700を超え、草原・山岳・砂漠と場所を問わず伽藍が建てられた。ゲル生活のモンゴルにおいて寺院は唯一の建造物であり、学問や教育を行う機関でもあった。一時、社会主義時代の人民革命による宗教弾圧があったものの、民主化後は各地で仏教行事が復活している。モンゴルのチベット仏教には17世紀から20世紀初頭にいたるまで、8代のジェプツンダンバ・ホトクトと呼ばれる活仏が存在した。最後のジェプツンダンバ・ホトクト8世であるボグド・ハーン1924年に死去すると、当時の共産党政権は「第八代をもってこのホトクトは転生を終わる」とし、政府として後継者を捜索・認定しないのみならず、信者や教団による捜索・認定も禁止しようとした。以来途絶えていたモンゴルの活仏であったが、民主化後の1990年、ダライ・ラマ14世によりジャンペルナムドゥル・チューキゲンツェンが9代目のジェプツンダンバに認定された。今やモンゴルは多くの若い僧が行学不二に励む土壌ができ、現代のチベット仏教圏においてもっとも政治的・宗教的に自由ある国となった。 [30]

歴史[編集]

モンゴルの歴史
中国 モンゴル高原
獫狁 葷粥 山戎
月氏 匈奴 東胡
 
丁零 鮮卑
魏晋南北 高車 柔然
鉄勒 突厥
  東突厥
回鶻
五代 黠戛斯 達靼 契丹
北宋 ナイマン ケレイト
南宋 (乃蛮) (客烈亦) モンゴル
モンゴル帝国
大元
北元(韃靼)
ハルハ
中華民国 モンゴル国
中華人民
共和国
モンゴル人民共和国
モンゴル国

チンギス・カン以前のモンゴル[編集]

「モンゴル」という名の部族が歴史上に初めて登場するのは7世紀のことで[31]、中国の歴史書に室韋という集団の一部族として「蒙兀室韋」[32]、「蒙瓦部」[33]という漢字名で記された。彼らは当時大興安嶺山脈の北、アルグン川渓谷に住んでおり、草原の大帝国である突厥可汗国に従属していた。11世紀になると、草原の支配者は契丹族の遼帝国に代わり、かつては一部族にすぎなかった「蒙瓦部」も「萌古国」という一つの国として遼帝国に朝貢するようになった[34]。このころからモンゴル族はザバイカリエ(後バイカル地方)に西進しており、そのころの指導者はトンビナイ・セチェンと考えられる。1125年女真族の金帝国が遼帝国を滅ぼした頃、モンゴル国の初代カンとなったのはトンビナイ・セチェンの子カブル・カンであった。彼は金朝に朝貢した際に罪を犯したり、タタル部族と抗争したりしたため、次のアンバガイ・カンの時にその恨みが返って来て、アンバガイ・カンは金朝に処刑された。その後を継いだクトラ・カンはアンバガイ・カンの仇を討つべく、モンゴル諸氏族を率いて金朝に攻め入り、敵軍を破って多数の略奪品を持ち帰った。これによって彼はモンゴルの吟遊詩人が熱愛する英雄となった。クトラ・カンの後、モンゴルのカンは空位となり、代わってクトラ・カンの甥にあたるイェスゲイ・バアトルキヤン氏族とニルン諸氏族をとりまとめた。彼はその他のモンゴル氏族や金朝やタタル族といった諸勢力と戦争を繰り返したが、志半ばで命を落としてしまう(イェスゲイの死については『元朝秘史』に詳しい)[35][36][37][38]

モンゴル帝国の形成[編集]

イェスゲイの死後、一時は支配下の部民に見放されるなどの苦労を重ねつつタタル部やタイチウト氏、ジャダラン氏などのモンゴル部内の敵対勢力と戦って独力で勢力を築き上げたテムジン(チンギス・カン)は、やがてモンゴル部族の大部分を統合してそのカン(チンギス・カン)となっていた。この力を背景にチンギス・カンは、1203年に高原中部のケレイト1205年に高原西部のナイマンを滅ぼし、南部のオングト、北東部のオイラトなどの諸部族を服属させてモンゴル高原の全部族を統合し、1206年に大(イェケ)モンゴル・ウルス、すなわちモンゴル帝国を築いた。これ以降、モンゴルはもともとモンゴル・ウルスに所属した遊牧民のみならず、チンギス・カンとその子孫の歴代カアン(ハーン)の統治する大モンゴル・ウルスに集った全ての部族の総称に転化する。

モンゴル帝国以降のモンゴル[編集]

モンゴル高原の側では、中国を支配したモンゴル帝国()がモンゴル高原に北走して北元となった後、北元のクビライの王統に従った諸部族と、これから離反してオイラト族を中心に部族連合を形成した諸部族の二大集団に分かれた。後者はドルベン・オイラト(四オイラト)と呼ばれるようになり、前者はこれに対してドチン・モンゴル(四十モンゴル)と称される部族集団となる。明は、四十モンゴルを韃靼(タタールの漢訳名)と呼んだため、この時代のモンゴルのことはタタールと呼ばれることが多いが、自称はモンゴルのままであり、代には蒙古(モンゴル)の呼称が復活する。清はモンゴルを服属させ、チベット仏教による徹底的な弱体化策を行った。

20世紀の初頭に清が崩壊すると、清朝末期の辺境への漢人殖民政策に苦しんでいた内蒙古人が外蒙古のハルハ諸侯に働きかけ、まずもともと清の支配が比較的緩かった北モンゴルでボグド・ハーン政権が樹立された。そして隣国ロシア帝国に援助を求めた。内蒙古各部族も帰順の動きを見せたが、露中蒙の協議の末、南モンゴルの中華民国帰属、北モンゴルの中国宗主権下の自治へと後退した。ロシアが十月革命を経てソビエト連邦となると、北モンゴルではロシア内戦に乗じて中華民国軍、白軍が侵入するが、北モンゴルが今度は赤軍の援助を得て再独立。ボグド・ハーンの死後、共産主義国家のモンゴル人民共和国を建てた。これが現在のモンゴル国となる。一方、南モンゴルの諸部族はモンゴル人民共和国への帰順や自主独立の動きがありながら、結局中華人民共和国の領内に残り、現在の内モンゴル自治区となった。また、新疆ウイグル自治区や青海省に多いオイラトは、中華人民共和国の成立にともなって蒙古族の民族籍を与えられ、中華民族の一部とみなされるようになった。

モンゴルの遊牧民が居住に使う移動式天幕住居をモンゴル語でゲルと呼ぶが、内モンゴル自治区では公用語が漢語であるため、「パオ(包)」と呼ばれる例も多い。

構成氏族・部族[編集]

チンギス・カンがモンゴル帝国を建設した後、モンゴル族起源の人民に区別が設けられた。チンギス・カンと同じ起源に出る諸部族は、アラン・ゴアが光線の作用によってはらんだ諸子の子孫であったために、その純潔を示すため「ニルン」という姓で呼ばれた。その他の諸部族は「ドルルキン(平民)」と呼ばれた。ドルルキンはエルゲネ・クン山中にこもっていたヌグズとキヤンの子孫であった。[39]

ボルテ・チノからボドンチャルまでの初期モンゴル部族の系図。
ボドンチャルからカブル・カンまでのボルジギン氏の系図
カブル・カンから始まるキヤト氏の系図と、アンバガイ・カンから始まるタイチウト氏の系図

ニルン諸氏族[編集]

ドルルキン諸氏族[編集]

モンゴル化したテュルク諸部族[編集]

ラシード・ウッディーンは『集史』において「現在はモンゴルと呼ばれているが、以前はそれぞれの別名を持ち、独立した首長を持っていたテュルク部族」をいくつか挙げている。[40]

[41]

ダヤン・ハーン後のモンゴル[編集]

モンゴルを再統一したダヤン・ハーンの子孫によってトゥメン(万人隊)と呼ばれる6つの大部族が形成された。トゥメンはゴビ砂漠東北の「左翼」と、砂漠西南の「右翼」に分かれていた。[42]

左翼[編集]

右翼[編集]

その他[編集]

外蒙古・内蒙古の諸部[編集]

張穆が著した『蒙古游牧記』には、内蒙古六盟四十九旗、外蒙古ハルハ八十六旗が記されている。

内蒙古六盟[編集]

外蒙古四部八十六旗[編集]

その他[編集]

[43]

現在のモンゴル系民族[編集]

モンゴル諸語の分布図

遺伝子[編集]

モンゴル系民族にはY染色体ハプログループC2系統が高頻度に観察される[44]

脚注[編集]

  1. ^ Монголын үндэсний статистикийн хороо”. National Statistical Office of Mongolia. 2013年11月14日閲覧。
  2. ^ Demographics of China
  3. ^ 2,656 Mongols proper, 461,389 Buryats, 183,372 Kalmyks (Russian Census (2010))
  4. ^ “'Korean Dream' fills Korean classrooms in Mongolia”, The Chosun Ilbo, (2008-04-24), http://english.chosun.com/w21data/html/news/200804/200804240009.html 2009年2月6日閲覧。  [リンク切れ]
  5. ^ Bahrampour, Tara (2006年7月3日). “Mongolians Meld Old, New In Making Arlington Home”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/07/02/AR2006070200875.html 2007年9月5日閲覧。 
  6. ^ President of Mongoli Received the Kalmyk Citizens of the Kyrgyz. 2012
  7. ^ “Latest numbers show 7,500 Mongolians working in Czech Republic”, Mongolia Web, (2008-02-19), http://www.mongolia-web.com/content/view/1630/2/ 2008年10月4日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g Mongolia National Census 2010 Provision Results. National Statistical Office of Mongolia (Mongolian)
  9. ^ NHS Profile, Canada, 2011
  10. ^ Bevölkerung nach Staatsangehörigkeit und Geburtsland” (German). Statistik Austria (2014年7月3日). 2014年8月21日閲覧。
  11. ^ National Bureau of Statistics of the People's Republic of China (April 2012). Tabulation of the 2010 Population Census of the People's Republic of China. China Statistics Press. ISBN 978-7-5037-6507-0. http://www.stats.gov.cn/tjsj/pcsj/rkpc/6rp/indexch.htm 2013年2月19日閲覧。. 
  12. ^ China Mongolian, Mongol Ethnic Minority, Mongols History, Food
  13. ^ China.org.cn – The Mongolian ethnic minority
  14. ^ China.org.cn – The Mongolian Ethnic Group
  15. ^ 旧唐書』列伝第一百四十九下 北狄
  16. ^ 新唐書』列伝第一百四十四 北狄
  17. ^ 遼史』本紀第二十四 道宗四
  18. ^ 元史』以降
  19. ^ 『タリーフ・イ・ジャハーン・グシャーイ(世界征服者の歴史)』、『ジャーミ・ウッ・タワーリーフ(集史)』
  20. ^ 本保正紀 (1995), “モンゴル国”, 外国地名由来事典, 能登印刷出版部 
  21. ^ “モンゴリア”, コンサイス 外国地名事典, 第3版, 三省堂, (1998) 
  22. ^ 金岡 2000,p24‐25
  23. ^ 金岡 2000,p25‐27
  24. ^ 金岡 2000,p27
  25. ^ 金岡 2000,p28‐29
  26. ^ 金岡 2000,p55‐61
  27. ^ 金岡 2000,p52‐53
  28. ^ 金岡 2000,p132‐133
  29. ^ 宮脇 2002,p156-159
  30. ^ 金岡 2000,p136‐139
  31. ^ 宮脇2002,p26
  32. ^ 『旧唐書』列伝第一百四十九下 北狄
  33. ^ 『新唐書』列伝第一百四十四 北狄
  34. ^ 『遼史』本紀第二十四 道宗四
  35. ^ 佐口1968,p27-31
  36. ^ 村上1970,p46-95
  37. ^ 宮脇2002,p36-43,66-67
  38. ^ 白石2006,p31-34
  39. ^ 佐口 1989,p312
  40. ^ 宮脇 2002,p137
  41. ^ 佐口 1989,p309-311
  42. ^ 宮脇 2002,p149
  43. ^ 宮脇 2002,p224-226
  44. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年) 

参考資料[編集]

関連項目[編集]