アリクブケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アリクブケ
ᠠᠷᠢᠴᠪᠥᠺᠠ
モンゴル帝国第5代皇帝(大ハーン
Ariq Böke.jpg
アリクブケ(『集史』より)
在位 1259年8月11日 - 1264年8月21日
戴冠 1259年
出生 1219年
死去 至元3年(1266年
配偶者 エルチクマシュ
  クイティクタ
  クトゥル
  イラグイ
  エシタイ
子女 ヨブクルメリク・テムル
王家 トルイ家
父親 トルイ
母親 ソルコクタニ・ベキ
宗教 テングリ崇拝
テンプレートを表示

アリクブケモンゴル語: ᠠᠷᠢᠴᠪᠥᠺᠠ, ラテン文字転写: Arïq Buka)は、モンゴル帝国の第5代皇帝(大ハーン)。漢文史料では阿里不哥ペルシア語史料ではاريغ بوكاArīgh Būkā)と書かれる。

生涯[編集]

トルイとその妃ソルコクタニ・ベキの間の四男(末子)。モンケクビライフレグの弟にあたる。末子として本拠地を守る任に就くことが多かったため、戦場経験は乏しかった。1259年に第4代大ハーンであった長兄のモンケが死去すると、1260年5月にカラコルムで行われたクリルタイによりその後継者として大ハーンに即位するが、傘下の南征軍を解体せずに保持していた次兄のクビライも同じく大ハーンを称し、両者の間で争いが始まった(モンゴル帝国帝位継承戦争)。

この争いでは、没落したオゴデイ家から独力で大勢力を構築したカイドゥや、その傘下で同盟を組むチャガタイ家オルガナを味方につけたアリクブケが当初は優位であったが、旧金朝治下の漢地を押さえ、華北農耕地帯の豊かな物資を背景としたクビライの反攻と、飢饉による自軍の壊滅など不運も重なり、1264年に降伏した。クビライの弟ということで一命は助けられたが、その2年後に病死した。

しかし、アリクブケの子孫であるイェスデル1388年にクビライの子孫トグス・テムルを殺害して大ハーン位を奪うことで、100年目の復讐を果たしている。また、フレグの立てたイルハン朝において、アリクブケの次男メリク・テムルの曾孫のアルパ・ケウンが君主位に就いたことがある。