モゴール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モゴール語
話される国 アフガニスタンの旗 アフガニスタン
地域 ヘラート州
民族 モゴール人
話者数 2000[1]
言語系統
モンゴル諸語
  • モゴール語
表記体系 アラビア文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 mhj
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

モゴール語は、アフガニスタンヘラート州に居住するモゴール人が使用するモンゴル系の言語。

概要[編集]

クンドゥル(Kundur)とカレジムッラ(Karez-i-Mulla)という2つの村の間で、13世紀にアフガニスタンの北西部に駐屯したチンギス・ハンの軍に起源を持つとされる[2]モゴール人が使用している。音韻形態文法ペルシア語の影響を強く受けており、このことから中央アジアにおけるクレオールともされる。[3]独自の文字はなく、モンゴル語の詩文はアラビア文字で表記される。また、6種類の母音(i, e, a, u, o, ɔ)と23種類の子音(p, b, f, w, m, t, d, s, z, n, l, r, t͡ʃ, d͡ʒ, ʃ, ʒ, j, k, g, ʀ, ʔ, q, h)がある。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.ethnologue.com/17/language/mhj/
  2. ^ http://www.asiafront.com/news/698/language_of_speaking_in_afghanistan.html
  3. ^ Michael Weiers. 2003. "Moghol," The Mongolic Languages. Ed. Juha Janhunen. Routledge Language Family Series 5. London: Routledge. Pages 248–264.

外部リンク[編集]


参考文献[編集]

  • Ramstedt, G. (1906) Mogholica, JSFOu 23-4.
  • Iwamura, Shinobu (1961) The Zirni Manuscript: A Persian-Mongolian Glossary and Grammar. Kyoto University.
  • Weiers, Michael (1972) Materialen zu Sprache und Literatur der Mongolen von Afghanistan, Bd. I: Die Sprache der Moghol der Provinz Herat in Afghanistan. Opladen.
  • Weiers, Michael (1975) Materialen zu Sprache und Literatur der Mongolen von Afghanistan, Bd II: Schriftliche Quellen in Moġolī, 2. Teil:Bearbeitung der Texte. Opladen.