ヘラート州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Herat in Afghanistan.svg

ヘラート州(ヘラートしゅう、Herāt、ダリー語表記でهرات)は、アフガニスタンの西部にあるである。バードギース州ファラー州ゴール州とともに,アフガニスタン西部地域と総称される。州内にはハリ川 (Hari Rud) がイラン国境へ、さらにトルクメニスタンへと流れている。面積54,778km2、人口1,578,200人[1]。州都はヘラートである。

概要[編集]

ソ連撤退後から、長くイスマーイール・ハーンの実質的な支配下にあったが,2004年9月,イスマーイール・ハーンはハーミド・カルザイ政権の鉱工業省大臣に異動した (2007年現在は水資源・エネルギー省大臣)。2007年現在の知事は,サイヤド・フセイン・アンワリ(元カーブル州知事、元農務省大臣)。

住民は、アフガニスタン人の他に、モンゴル系モゴール人がいる。

気象条件は過酷で、2008年1月には大寒波により137人が死亡。家畜も約1万頭が死亡したこともあった[2]

歴史[編集]

第四回大統領選挙後[編集]

2021年7月上旬、ターリバーンはイラン国境のイスラム・カラを占領した[3]。7月29日、ターリバーンはヘラート市の南方を流れるハリー川にかかるマラン橋(Pul-e-Malan)やハリー川を挟んでヘラート市の南にあるグザラ郡のSeyawashan村、ヘラート市の東北に位置するKarokh郡を一斉に攻撃した[4]。7月30日、アフガニスタン軍207軍団の第一連隊長が戦死した。イスマーイール・ハーンなどの地元の軍閥は配下の民兵を動員すると共に、ガーニ大統領に援軍を要請した[5]。7月30日、グザラ郡にあるヘラート空港が閉鎖された[6]。7月31日、ターリバーンがマラン橋を占領した[5]。同日、国連の事務所が攻撃され、警備員が死傷した[7]。8月1日、周辺の州から集結した数百人のターリバーンがイスラム・カラとヘラート市の中間にあるGhorian郡を攻撃した[8]。ターリバーンは自爆自動車で攻撃しようとしたが、目標に突入する前にアフガニスタン軍が破壊して、ターリバーンの攻勢を押し戻した[8]。同日、ターリバーンはグザラ郡やヘラート市の東北にあるKarokh郡、ヘラート市の西にある近郊の複数の村を大規模に攻撃した[9]。マラン橋周辺でも一進一退の攻防が続いている[9]。同日、数百人のアフガニスタン軍特殊部隊が援軍として到着した[9]。8月3日、戦闘は市の中心部から2キロメートル南の地点で行われていた[10]。市内では数十人の若者が「アラーアクバル」のスローガンを唱えて政府支持のデモを行った[10]。この運動は他の州にも広がっていると言う[11]。8月4日、 Ghaibatan村とHawad村などヘラート市のすぐ西にある村[12]でアフガニスタン軍がターリバーンを攻撃しているが、ターリバーンは民家に隠れて抵抗している。イスマーイール・ハーンはこれはパキスタンとの戦争であると主張し、住民に戦闘参加を呼びかけた[13]。8月5日、ターリバーンはヘラート市の第2・第3・第10・第11地区に攻撃をしかけた[14]。政府軍は市内に侵入しようとするターリバーンを空爆により殺害している[14]。8月12日、ターリバーンはヘラートを包囲して攻撃したが、政府軍や民兵は空軍の支援を受けて撃退した[15]。同日、ターリバーンは政府軍の防衛線を突破して市内に突入し、州の行政府やモスクを占領した[16]。8月13日、ヘラート市で抵抗していた州知事・州警察や情報局の長官・第207軍団の司令官・イスマイール・ハーン・内務副大臣はターリバーンに降伏した[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2006年の公式推計[1]
  2. ^ アフガニスタン15年ぶりの大寒波、死者数320人以上 ”. AFP (2021年1月22日). 2021年8月30日閲覧。
  3. ^ タリバン、国境の要所複数を制圧と アフガニスタン」『BBCニュース』。2021年7月12日閲覧。
  4. ^ Taliban Attacks Repelled in Herat City, Karokh: Officials” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  5. ^ a b Taliban Gets Closer to Herat City as Clashes Intensify” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  6. ^ Flights Canceled at Herat Airport as Clashes Enter 2nd Day” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  7. ^ 国連事務所攻撃、1人死亡=アフガニスタン西部” (日本語). www.afpbb.com. 2021年8月6日閲覧。
  8. ^ a b Taliban Attack Pushed Back in Herat: Governor” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  9. ^ a b c Clashes Intensify in Herat as Reinforcements Arrive” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  10. ^ a b Heratis March against Taliban, Support Afghan Forces” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  11. ^ Cries of 'Allahu Akbar' in Support of ANDSF Spread Across Nation” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  12. ^ AFGHANISTAN Guzara District, Hirat Province”. カリフォルニア大学デービス校. 2021年8月6日閲覧。
  13. ^ Heavy Clashes Still Ongoing in Herat City” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  14. ^ a b Taliban Attacks on Herat City Pushed Back: Officials” (英語). TOLOnews. 2021年8月6日閲覧。
  15. ^ Taliban Attacks in Herat and Badghis Pushed Back: Officials” (英語). TOLOnews. 2021年8月12日閲覧。
  16. ^ Taliban take Kandahar, Herat in major Afghanistan offensive” (英語). AP NEWS (2021年8月12日). 2021年8月13日閲覧。
  17. ^ Taliban Seize Herat City in Western Afghanistan” (英語). TOLOnews. 2021年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]