ラグマーン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラグマーン州

لغمان
Stark contrasts in Afghanistan - 080907-F-0168M-071.jpg
ラグマーン州の位置
ラグマーン州の位置
北緯34度40分 東経70度12分 / 北緯34.667度 東経70.200度 / 34.667; 70.200座標: 北緯34度40分 東経70度12分 / 北緯34.667度 東経70.200度 / 34.667; 70.200
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
州都 メフタルラーム英語版
面積
 • 合計 3,842.6 km2
人口
(2021年)[1]
 • 合計 502,148人
 • 密度 130人/km2
等時帯 UTC+4:30 (アフガニスタン時間)
ISO 3166コード AF-LAG
主要言語 パシュトー語
パシャイー語

ラグマーン州(ラグマーンしゅう、Laghmāni、パシュトー語لغمان)は、アフガニスタン東部にあるである。州都はメフタルラーム英語版 (Mehtar Lam)。人口386,400人[2][出典無効]

地理[編集]

周りをカーブル州カーピーサー州ヌーリスターン州クナル州及びナンガルハール州の5州と接している。ヒンドゥークシュ山脈の南側に位置する小さな州である。

アリンガル川とアリンシング川が州内を流れ、ラグマーンに豊かな緑の恵みを与えている。

歴史[編集]

アレクサンドロス大王の東方遠征の時代には、この地域はランパカ(Lampaka)と呼称された[要出典]7世紀には、玄奘三蔵がこの地を訪れている。現在カーブル博物館に収蔵されている、ラグマーンで発見されたアラム語の碑文によって、この地がインドからパルミラに通じる交易路の中継地であったことが分かる[3][4]ソ連のアフガニスタン侵攻とその後の国内各派による内戦で、多くの家屋や社会資本が破壊された。[要出典]

2005年6月20日には、アフガニスタン駐在米国大使ザルメイ・ハリルザドの暗殺を計画した容疑で、3名のパキスタン人がラグマーンで逮捕された[5]

2006年現在、国際治安支援部隊 (ISAF) による地域復興支援チーム (PRT) の基地がメフタルラームに設置されている。

2007年現在の州知事はグラーブ・マンガルだが、2006年10月、ターリバーンが知事公邸に仕掛けた爆弾によって危うく暗殺されかけた[6]

行政区分[編集]

メフタルラーム県をはじめ6県を擁する。

  1. en:Alingar District
  2. アリシェング県英語版
  3. ダウラット県英語版
  4. メフタルラーム県英語版 - メフタルラーム英語版
  5. en:Qarghayi District
  6. Baad Pukh District(新設)

経済[編集]

州内の多くの住民が農業に関係する職業に従事している。ラグマーンには広大な灌漑農地が広がる。カーブルの市場ではラーグマン産の果物や野菜が豊富に並んでいるのを見ることができる。特にキュウリは名産品である。他の主要作物には、米、大麦、綿花などがある。[要出典]

また、本州には宝石や希少鉱物の鉱脈も存在する[7]

住民[編集]

民族[編集]

州内の多数派はカカザイ族英語版などのパシュトゥーン人であるが、多民族地域である。[要出典] 州内のアリシェング県英語版ダウラット県英語版では、パシャイー人英語版が多数を占めている[8][8]なおカカザイ族はパキスタン連邦直轄部族地域(FATA)にあるen:Bajaur Agencyにも居住していると言う。[要出典]

言語[編集]

アフガニスタンの他地域と同様に、ほとんどの住民は多言語を操る。[要出典]

パシャイー人英語版は、ダルド語派パシャイー語英語版を話す。[要出典]

宗教[編集]

アフガニスタンの他地域と同様に、ほとんどの住民はスンナ派イスラム教徒である。[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Estimated Population of Afghanistan 2021-22”. National Statistic and Information Authority (NSIA) (2021年4月). 2021年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月21日閲覧。
  2. ^ 2006年の公式推計[1]
  3. ^ [2] (PDF)
  4. ^ Another stone inscription in Aramaic which was found in Laghman mentions the old trade route from India to Tadmor (Palmyra) in present-day Syria.
  5. ^ “Three held over 'US envoy plot'” (英語). BBC NEWS. (2005年6月20日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/4111578.stm 
  6. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月11日閲覧。
  7. ^ [3]
  8. ^ a b [4] (PDF)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]