バダフシャーン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バダフシャーン州
Badakhshan in Afghanistan.svg
北緯36度45分 東経72度0分 / 北緯36.750度 東経72.000度 / 36.750; 72.000座標: 北緯36度45分 東経72度0分 / 北緯36.750度 東経72.000度 / 36.750; 72.000
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
州都 ファイザーバード
行政
 • 州知事 シャー・ワリウッラー・アデエブ (イスラム協会)
面積
 • 合計 44,835.9km2
標高 1,226m
人口
(2012)[2]
 • 合計 904,700人
等時帯 UTC+4:30
ISO 3166コード AF-BDS
主要言語 ダリー語
ウズベク語
座標は[4]

バダフシャーン州Badakhshān Velāyatパシュトー語د بدخشان ولايتダリー語表記:استان بدخشان)は、アフガニスタン北東部のである。面積は4万4836平方キロメートル(34州中5位)[2]、総人口は約90万人(34州中10位)[2]、人口密度は20人/平方キロ(34州中28位)である[2]。州都はファイザーバード市。バダクシャン州バダクシャン県[5]とも。

名称[編集]

バダフシャーン地方

バダフシャーン州からタジキスタンの南西部にかけての一帯は、かつてバダフシャーンと呼ばれていた。またファイザーバードの前に首都があったBaharakによるという説がある[6]

地理[編集]

バダフシャーン州の地形

バダフシャーン州は北海道の半分ほどの面積を持つ州である。パミール高原の外縁部やヒンドゥークシュ山脈に位置し、パンジ川コクチャ川の2つの流域がある。パンジ川ワハーン回廊から西へ流れ出て、途中で北へ大きく向きを変える。州の北部はパンジ川に沿って逆U字型をしている。流域にはタジキスタンのイシュカシムやホログ、ダルワーズ(Darwaz)、バダフシャーン州のクワハーン(Khwahan)などの町があるが、険しい山脈の間を縫って進む。一方、パミール高原のすぐ南にはヒンドゥークシュ山脈があり、Kuh-e Bandaka山(6812メートル)のような険しい高山が西へ向かって続いている。コクチャ川は州南部のクラン・ワ・ムンジャン郡の辺りの標高5000メートルを越える険しい山脈から流れ出すが、すぐに標高を落として州の中央を北へ向かって流れていく。その後コクチャ川はジュルム(Jurm)やバハーラク(Baharak)の辺りで西に向きを変えて、州都ファイザバードの辺りを頂点とした逆U字型で流れ、キシム(Kishim)の町がある比較的大きな盆地に出る。Kishimから西に進むとタハール州の州都タールカーンがあり、そのまま北西に進んでパンジ川に合流する。

歴史[編集]

青銅器時代・古代[編集]

インダス川とアムダリヤ川をつなぐ古代の道路[7]

古代のインダス文明はメソポアミア・ハラッパー路を通じて、金などの貴金属や木材をメソポタミア文明に輸出していた。ガンダーラの首都はパキスタンタキシラにあり、ジャララバードからクナール川沿いの渓谷をチトラルまで登ってバダフシャーン州のコクチャ川に至り、川沿いの渓谷を下ってタハール州に入りパンジ川に達する古道は、ヒンドゥークシュ山脈を越えてアムダリヤ川に達する重要な街道の1つだった[8]。またこの街道沿いにはラピスラズリを産出するサリ・サング鉱山英語版があり、メソポタミア文明に対する重要な輸出品の1つとなっていた。

中世[編集]

春のパミール高原(タジキスタン)

13世紀後半、中国に向かう途中のマルコ・ポーロがバダフシャーン州を訪れた。その頃のバダフシャーンは巴達哈傷と呼ばれており、タジキスタンのゴルノ・バダフシャン自治州と合わせて4面12行程の広大な王国があったと言う。住民は独自の言語を持ち、獣皮の服を着て羊を飼っていた。王はアレクサンダー大王とダリウス王の娘の子孫であり、「ズルカーネイン」の称号を名乗って居たと言う。街は防御に適した高地にあり、寒さは厳しいものの頂上部の広大な台地には草木が生い茂り、水や魚や鳥が豊富で良質な小麦が採れ、良馬を産出し、かつてはブケパロスの子孫が居たという伝説もあった。その他に碧玉群青、銀・銅・鉛なども産出し、特にバラス紅玉(Badakhshi Ruby)は国王が独占的に採掘していた。空気が綺麗で硫黄泉もあったので、マルコポーロは1年間滞在して病気を治したと言う[9]

冷戦時代[編集]

1979年には、ムジャーヒディーン侵攻したソ連軍の交戦の中心となった。1980年、ファイザーバードはソ連軍によって攻略され、以降ソ連の主要な防衛拠点となった。

冷戦終結後[編集]

1997年のアフガニスタンの状況。赤がマスード派、緑がドスタム派、黄がターリバーン

バダフシャーン州はイスラム協会英語版の幹部のブルハーヌッディーン・ラッバーニーの出身地であり、アフマド・シャー・マスードの出身地にも隣接していた為、イスラム協会の拠点の1つだった。ラッバーニーは1993年にカーブルでアフガニスタン・イスラーム国の大統領に就任したが、すぐに内戦が始まった。1996年にターリバーンはカーブルを占領し[10]、1997年から1998年にかけて近隣のクンドゥーズ州バルフ州バグラーン州の州都を次々と占領した[11][12]。バダフシャーン州でもイスラム聖職者の反乱が起きたので、ラッバーニーはタジキスタンに亡命した[12]。1998年の2月と5月にはマグニチュード5.8マグニチュード6.6の地震が発生し、バダフシャーン州やタハール州を中心に数千人の住民が死亡した[13]。バダフシャーン州ではその後も2002年から2011年までの約10年間で、3回の中規模地震と1回の大規模地震が発生している。無人の山中で地震が発生し被害が無い事も多いが[14]、2002年3月のアフガニスタン北部地震Mw7.4)ではバダフシャーン州やタハール州で300戸の住宅が被害を被った[15]

アメリカ同時多発テロ事件以降[編集]

2001年9月、アメリカ同時多発テロ事件が起き、10月にはアメリカ合衆国がアフガニスタンに侵攻した。アメリカや有志連合北部同盟の軍隊は、11月中にアフガニスタン北部からターリバーンを追放した。2004年10月、第一回の大統領選挙が実施され、バダフシャーン州ではユーヌス・カーヌーニー(約40%)が最多得票を得た[16]。2007年、戦争は激しさを増しバダフシャーン州ではハレカテ・ヨロ作戦が行われた。一方、全国的には自爆テロ無差別爆撃によってISAFや民間人に多数の犠牲者が出た[17][18]

第二回大統領選挙後[編集]

2009年8月、第二回の大統領選挙が実施され、バダフシャーン州ではアブドラ・アブドラ元外相が最多得票(約50%)を得た[19]。2010年、第二回の下院選挙と州議会選挙が行われたが、戦争は更に激しくなりISAFや民間人の死傷者が急増した[20][21]。バダフシャーン州では8月にNPOがKuran wa Munjan郡で襲撃され、10人が死亡する事件が起きた。2012年3月、北部で雪崩が起き多数の死傷者が出た。12月、ISAF軍はファイザーバード市と7つの郡[22]の治安権限をアフガニスタン軍に移譲した[23]

第三回大統領選挙後[編集]

2014年4月、第三回の大統領選挙が実施され、バダフシャーン州ではアブドラ・アブドラ元外相が最多得票(約65%)を得た[24]。しかし5月にはアルゴ郡(Argo)でアフガニスタン地滑り災害が起きた。またアヘンの生産が急増した[25]。2015年4月、ターリバーンが州都の南に位置するジュルム郡などを攻撃した。州内のターリバーンは約200人で外国兵も参加している[26]。外国兵の増加はパキスタンの取り締まりの強化により、ウズベキスタン・イスラム運動がアフタニスタンに拠点を移したことが原因という説がある[27]。6月、ターリバーンは州都の西に位置するヤムガーン郡(Yamgan)の大半を占領し[28]、8月にはそこからタガブ郡(Tagab)を攻撃した[29]。また7月には州都の東のワルデュ郡(Warduj)[30]のチルガラン治安軍基地(Tirgaran)を占領した[31]。チルガラン基地の装備・戦力はとも十分だったが、治安部隊はほとんど戦わずに逃亡したと言う[32]。10月、ジュルム郡(Jurm)でマグニチュード7.5の地震が発生したが戦闘は続き、ターリバーンはワルデュ郡を完全に占領した[33]。ワルデュ郡とヤムガーン郡はその後5年間ターリバーンに占領され[34]、近隣に対する攻撃やパキスタンのチトラルへの交通の拠点になった[35]。同月、アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領はアメリカ軍の完全撤退を断念した[36]

2016年、州都の北に位置するラグ郡(Ragh)の金鉱がターリバーンに占領され、ターリバーンの重要な資金源になっていることが明らかになった[37]。バダフシャーン州には多数の金鉱があり、特にラグ郡にはアフガニスタン最大のウェカ・デュル金鉱(Weka Dur)[38]がある。2017年、ターリバーンが金鉱から月に300万アフガニを得てパキスタンから武器を購入していることが明らかになった[39]。2017年5月、ターリバーンはタジキスタンへの交通を確保[34]するためにワルデュ郡からイシュカシム郡を攻めたが治安軍に反撃された[40]。またヤムガーン郡の隣にあるタガブ郡(Tagab)も攻撃したが、治安軍に反撃された[41]。8月、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領は状況の悪化を防ぐために増派を決定した[42]。2018年5月、ターリバーンはラグ郡の隣にあるコヒスタン郡(Kohistan)を占領した[43]。コヒスタン郡も金鉱があり、2019年には崩落事故が起きている。7月、アメリカ合衆国がターリバーンとの協議に応じた[44]。10月、延期されていた第三回の下院議会選挙が行われた[45]

2019年、ターリバーンはラグ郡の2つの金鉱を占領して、資金源にしていた[46]。2月、カタールのドーハでアメリカ合衆国とターリバーンの和平協議が行われたが、戦闘も続いた[47]。3月、ターリバーンは州都近郊のアルガン・クワ郡(Arghanj Khwa)を一時的に占領したが[48]、治安軍が奪還した[49]。7月、ターリバーンが南部のケラン・ワ・マンジャン郡(Keran Wa Manjan)を占領した[50]。8月、治安軍はケラン・ワ・マンジャン郡の他、ターリバーンの拠点であるワルデュ郡やヤムガーン郡を攻撃し[51]、ワルデュ郡やヤムガーン郡を奪還した[34]

第四回大統領選挙後[編集]

2019年9月、第四回の大統領選挙が実施された。

行政区分[編集]

バダフシャーン州の行政区分
2005年以前の行政区分

バダフシャーンは1市28郡を擁しており、郡の数はアフガニスタンで最も多い[2]。バダフシャーン州ではArgo郡やKishim郡(約8万人)、州都やDarayim郡(約6万人)、Shahri Buzurg郡やYaftali Sufla郡(約5万人)などファイザバード周辺の州西部に多くの住民が居る。人口1万人以上の都市はコクチャ川沿いにある州都ファイザバード(3万6100人)であり、その南にあるJurm(3500人)にも都市部がある[52]

北部
中部
南部
極東部

産業[編集]

農業[編集]

バダフシャーン州の農作物 (2012年度)[54]
種類 生産量 順位
小麦 16万8000トン 11位
大麦 1万8000トン 9位
1万4634トン 9位
とうもろこし 2464トン 26位
アーモンド 225トン 9位
りんご 70トン 18位
グレープフルーツ 30トン 25位
25トン 14位
ザクロ 18トン 18位

バダフシャーン州は大麦(34州中9位)や(34州中9位)、アーモンド(34州中9位)の生産量が全国的に見て上位にあり、小麦(34州中11位)の生産量も平均的である[54]。バダフシャーン州のアヘンの耕作面積は2004年に1万5000ヘクタールを越えていたが、2008年に200ヘクタールまで急減した。しかしその後は徐々に増加し、特に2014年は4204ヘクタール(34州中9位)に急増し、増加率が全国一になった[25]

鉱業[編集]

ウェカ・デュル金鉱

バダフシャーン州では1960年代にソビエト連邦が金鉱脈を発見し、ウェカ・デュル金鉱やRishabなどの採鉱有望地を設定した。2011年から入札が行われ、2012年にトルコのTurkish-Afghan Mining Company(トルコ・アフガン採鉱会社、TAMC)が優先入札権を獲得した[55]

2018年10月、アフガニスタン政府はバダフシャーンの金鉱とバルクハブの炭鉱の採掘契約をCENTAR Limitedと結んだ。CENTAR Limitedはアメリカ合衆国の探鉱・採鉱投資会社で、 Afghan Gold and Minerals Company(アフガニスタン金鉱会社、AGMC)を運営している。CENTARはアメリカ政府や国防省の後援の下で、JPモルガン・チェースなどのニューヨークやロンドンの投資銀行が資金を提供し、BHPビリトンの元CEOのチップ・グッドイヤーが運営に参加している。AGMCの社長は都市開発大臣を兼任するアフガニスタンのビジネスマンで、TAMCの副社長である。両鉱山の開発が成功すれば1万3000人の雇用と10億ドル以上の経済効果があると期待されている[56]

住民[編集]

民族[編集]

バダフシャーン州で最も人口が多いのはタジク人であり、ウズベク人パシュトゥーン人トルクメン人ヌーリスターン人が続く[57]。他の調査によるとイシュカーシム郡、ワハーン郡、Zebak郡、クラン・ワ・ムンジャン郡の多数派はパミール人であり、シグナーン郡東部などにもパミール人が住んでいる[58]

言語[編集]

ダリー語が約8割(77%)を占め、ウズベク語(12%)、パシュトゥー語トルクメン語ヌーリスターン語が続く[57]。識字率は27%である[57]。また少数民族はイシュコシム語のような言語を持っている。

宗教[編集]

バダフシャーン州やタジキスタンのゴルノ・バダフシャン自治州などのパンジ川の上流部にはパミール人がおり、シーア派イスマーイール派ニザール派)を信仰している。

交通[編集]

州都ファイザーバードからタハール州タールカーンを経由して、クンドゥーズ州の州都クンドゥーズに至る道がある。またファイザーバードからコクチャ川沿いを南下して国境の町イシュカーシムに至り、その後パンジ川を北上してタジキスタンホログに至る道がある。またイシュカーシム以外にもDarwazやTemやVanj[59]などパンジ川沿いに幾つかあるタジク=アフガン友好橋英語版を渡って、タジキスタンに行く道もあるらしい。また州都にはファイザーバード空港があり、パンジ川沿いにはイシュカーシム空港Darwaz空港Khwahan空港Razer空港Sheghnan空港Yawan空港など様々な空港がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Afghan Biographies - Adib, Shah Wali Dr. Waliullah Adeeb Wali Ullah”. Afghanistan Online. 2014年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Area and Administrative and Population”. Islamic Republic of Afghanistan (2013年). 2014年2月3日閲覧。
  3. ^ Topological Information About Places On The Earth”. topocoding.com. 2014年3月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k The U.S. Board on Geographic Name”. U.S. Department of the Interior. 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ プロジェクトサイトの位置”. 外務省. 2015年12月6日閲覧。
  6. ^ Innermost Asia: Detailed report of explorations in Central Asia, Kan-su and Eastern Iran, 5 vols. M. Aurel Stein. 1928. Oxford. Clarendon Press. Reprint: New Delhi. Cosmo Publications. 1981, Vol. II, p. 877.
  7. ^ 「シルクロードの古代都市」P29の地図を参考に作成
  8. ^ 加藤九祚『シルクロードの古代都市』岩波書店、2013年、29-31頁。ISBN 978-4004314448
  9. ^ マルコ・ポーロ、愛宕 松男『完訳 東方見聞録1』平凡社、2000年、151-156頁。ISBN 978-4582763263
  10. ^ 高橋 博史 (1996年). “タリバーンによる全国制覇への動き―タリバーンの首都制圧 1996年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2019年10月12日閲覧。
  11. ^ 高橋 博史 (1997年). “タリバーンによる全国制覇の失敗―マザリシャリフ攻防戦 1997年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2019年10月12日閲覧。
  12. ^ a b 高橋 博史 (1998年). “タリバーンによるマザリシャリフの攻略―ドストム将軍の凋落 1998年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2019年10月5日閲覧。
  13. ^ Historic Earthquakes Magnitude 6.6 Afghanistan-Tajikistan Border Region 1998 May 30 06:22:28 UTC”. USGS Earthquake Hazards Program. 2014年4月7日閲覧。
  14. ^ アフガニスタンの地震一覧
  15. ^ Historic Earthquakes Magnitude 7.4 HINDU KUSH REGION, AFGHANISTAN 2002 March 03 12:08:19 UTC”. USGS Earthquake Hazards Program. 2014年4月7日閲覧。
  16. ^ Badakhshan Province”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2014年3月10日閲覧。
  17. ^ アフガン大統領、NATO・米軍の「無差別」作戦を非難”. AFP BBNews (2007年6月24日). 2014年2月22日閲覧。
  18. ^ アフガニスタン、2007年は自爆攻撃が多発、タリバン掃討作戦で犠牲者増大”. AFP BBNews (2007年12月18日). 2014年2月22日閲覧。
  19. ^ Badakhshan Province”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2014年2月17日閲覧。
  20. ^ アフガニスタン駐留兵の今年の死者600人に、過去最悪のペース”. AFP BBNews (2010年10月26日). 2014年2月22日閲覧。
  21. ^ 2010年の民間人死者、タリバン政権崩壊後最悪に アフガニスタン”. AFP BBNews (2010年3月9日). 2014年2月22日閲覧。
  22. ^ シャフレボゾルグ郡、ヤフタレソフラ郡、アルガンジ郡、バハラク郡、タシュカン郡、ケシェム郡、オルゴイ郡
  23. ^ アフガニスタン:治安情勢”. 外務省. 2014年2月6日閲覧。
  24. ^ 2014 Elections Results”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2015年2月24日閲覧。
  25. ^ a b 2014 Afghanistan Opium Survey”. 国連薬物犯罪事務所 (2014年). 2015年3月2日閲覧。
  26. ^ Mirwais Harooni (2015年4月13日). “Taliban overrun Afghan forces in northeast, killing 18”. reuters. 2015年10月30日閲覧。
  27. ^ 登利谷 正人 (2016年). “ターリバーンとISの攻勢拡大により治安が急速に悪化 : 2015年のアフガニスタン”. 日本貿易振興機構(ジェトロ) アジア経済研究所. 2019年10月5日閲覧。
  28. ^ Mirwais Harooni、Jessica Donati (2015年6月11日). “Afghan security forces and militants battle over northeastern district”. reuters. 2015年10月29日閲覧。
  29. ^ 3 posts overrun in Badakhshan, vehicle destroyed”. アフガニスタン・イスラム首長国(タリバン) (2015年8月14日). 2015年10月29日閲覧。
  30. ^ Associated Press (2015年7月26日). “Afghan officials say Taliban take control of remote police base in deal after heavy fighting”. FOX NEWS. 2015年10月29日閲覧。
  31. ^ Mirwais Harooni、Jessica Donati (2015年7月26日). “Taliban seize Afghan police base, push closer to strategic pass”. reuters. 2015年10月29日閲覧。
  32. ^ JOSEPH GOLDSTEIN (2015年7月28日). “Taliban Make Gains Across 3 Provinces in Afghanistan”. The NewYork Times. 2015年10月14日閲覧。
  33. ^ Mirwais Harooni、Jessica Donati (2015年10月2日). “Taliban hold out in northern Afghan city, district in northeast falls”. reuters. 2015年10月29日閲覧。
  34. ^ a b c Afghan Forces Retake Wardooj District After Five Years”. TOLONEWS (2015年10月2日). 2019年10月5日閲覧。
  35. ^ Taliban’s Advance In Badakhshan Sparks Concern Among Locals”. TOLONEWS (2017年5月7日). 2019年10月5日閲覧。
  36. ^ 米軍、アフガン駐留を延長へ オバマ政権方針転換”. BBC (2015年10月16日). 2019年10月5日閲覧。
  37. ^ Raghistan Gold Mine Second Biggest Funding Source For Taliban”. TOLO NEWS (2016年10月22日). 2019年10月5日閲覧。
  38. ^ Geologic map of the Weka Dur gold deposit, Badakhshan Province, Afghanistan, modified from the 1967 original map compilation of M.P. Guguev and others”. USGS. 2019年10月5日閲覧。
  39. ^ Taliban Fleecing Raghistan Gold Mine Of 3m AFs A Month”. TOLO NEWS (2017年4月7日). 2019年10月5日閲覧。
  40. ^ Security Forces Clear Zebak And Ishkashim Of Insurgents”. TOLO NEWS (2017年5月11日). 2019年10月5日閲覧。
  41. ^ Military Operation Launched To Clear Faizabad City Of Militants”. TOLO NEWS (2017年8月25日). 2019年10月5日閲覧。
  42. ^ トランプ米大統領、アフガン新戦略発表 増派に道開く”. reuters (2017年8月22日). 2019年10月5日閲覧。
  43. ^ Badakhshan’s Kohistan District Falls to Taliban”. TOLO NEWS (2018年5月3日). 2019年10月5日閲覧。
  44. ^ 米政府代表団がタリバンと接触、和平交渉に向けドーハで協議 米紙報道”. AFP (2018年7月27日). 2019年10月5日閲覧。
  45. ^ 治安悪化の中で“見切り発車” アフガニスタン議会選挙”. NHK (2018年10月19日). 2019年10月5日閲覧。
  46. ^ Sar-e-Pul Oil Reservoirs Under Taliban Threat: Officials”. TOLO NEWS (2019年1月3日). 2019年10月5日閲覧。
  47. ^ タリバンが春季攻勢開始を宣言、和平協議に逆行 アフガニスタン”. reuters (2019年4月13日). 2019年10月5日閲覧。
  48. ^ Govt Criticized For Insecurity In Badakhshan’s District”. TOLO NEWS (2019年3月31日). 2019年10月5日閲覧。
  49. ^ Arghanj Khwa District Retaken By Security Forces”. TOLO NEWS (2019年4月3日). 2019年10月5日閲覧。
  50. ^ Keran Wa Manjan District Falls To Taliban: Sources”. TOLO NEWS (2019年7月24日). 2019年10月5日閲覧。
  51. ^ Large-Scale Military Operations Launched In Badakhshan”. TOLO NEWS (2019年7月24日). 2019年10月5日閲覧。
  52. ^ Central Statistics Organization (2013年). “Settled Population of Badakhshan province by Civil Division , Urban, Rural and Sex-2012-13”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年2月8日閲覧。
  53. ^ Badakhshan Province District Atlas”. OCHA(国連人道問題調整事務所) (2014年). 2019年10月5日閲覧。
  54. ^ a b Agriculture Development”. Islamic Republic of Afghanistan (2013年). 2013年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月12日閲覧。
  55. ^ Ministry of Mines and Petroleum (2012年12月8日). “PREFERRED BIDDER FOR CURRENT MINERAL TENDERS”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年4月6日閲覧。
  56. ^ CENTAR Announces Signing of Historic Afghan Gold and Copper Mining Agreements” (英語). www.businesswire.com (2018年10月5日). 2019年10月13日閲覧。
  57. ^ a b c Ministry of Rural Rehabilitation and Development (2013年). “Badakhshan Provincial Profile”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年4月5日閲覧。
  58. ^ Afghanistan, Ethnic Groups (detailed)”. コロンビア大学 (2014年). 2015年10月28日閲覧。
  59. ^ Tajikistan, Afghanistan and AKDN Lay Foundation Stone for Fifth Bridge Between Countries”. Aga Khan Development Network (2011年10月31日). 2015年3月21日閲覧。

関連項目[編集]