ウルーズガーン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルーズガーン州
座標: 北緯32度50分 東経66度0分 / 北緯32.833度 東経66.000度 / 32.833; 66.000
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
州都 タリーン・コート
行政[1]
 - 州知事 Abdul Haq Shafiq
面積[2]
 - 計 11,473.7km2 (4,430mi2)
標高[3] 1,328m (4,357ft)
人口 (2012)[2]
 - 計 333,500人
 - 人口密度 29.1人/km² (75.3人/mi²)
等時帯 UTC+4:30
ISO 3166コード AF-URU
主要言語 パシュトー語
座標は[4]

ウルーズガーン州Orūzgān パシュトー語表記で ؤروزگان)は、アフガニスタン南部のである。面積は約1万1474平方キロメートル(34州中20位)[2]、州の総人口は33万3500人(34州中30位)[2]、人口密度は29人/平方キロ(34州中21位)[2]。州都はタリーン・コート

地理[編集]

アフガニスタン南部の河川

ウルーズガーン州はヒンドゥークシュ山脈の中にあり、ヘルマンド川の支流のTirin川の盆地を中心とする州である。

Gizab郡 
Chora郡 
Tarin Kowt の近くの渓谷 

歴史[編集]

冷戦時代[編集]

1950年頃、ウルーズガーン州は南部州(現在のパクティヤー州)の一部だったが、1964年頃に分割されて独立した州になった[5]。1966年頃、パクティヤー州の一部を再分割してKatawaz・ウルーズガーン州とする構想が練られたが実現しなかった。その頃の州都はQala-Hazar Qadamにあったが、1971~1972年頃に現在の州都であるタリーン・コートに移動した[5]

アメリカ同時多発テロ事件以降[編集]

2005年から2007年の麻薬生産量の推移

2001年9月、アメリカ同時多発テロ事件が起き、10月にはアメリカ合衆国がアフガニスタンに侵攻し、有志連合北部同盟と共に戦闘を開始した。ウルーズガーン州では2001年にSayyd Alma Kalay空爆、2004年にはアズベリ・パーク作戦(6月)が実施された。2004年3月、北部を分離してダーイクンディー州とした[5]。10月には第一回の大統領選挙が実施され、ウルーズガーン州ではハーミド・カルザイ(約77%)が最多得票を得た[6]。その後、治安維持は国際治安支援部隊(ISAF)が行うことになり、第三段階として2006年7月からアフガニスタン南部で活動を開始した。2007年、戦争は激しさを増し、自爆テロ無差別爆撃によってISAFや民間人に多数の犠牲者が出た[7][8]。ウルーズガーン州では2006年にパース作戦(7月)が実施され、2007年にはChoraの戦い(6月)、Firebase Anacondaの戦い(8月)、2008年にはKhaz Oruzganの戦い(9月)が起きた。

政治[編集]

ターリバーンの指導者ムハンマド・オマルの生地、カンダハール郊外のシンゲサル村の属する州である。

そのような事情から生じる治安上の懸念や、ターリバーンの暴動のために、国際的援助機関やNGOのオフィスは一時的なものしか設置されていないが、2006年8月オランダ軍の指揮の下、国際治安支援部隊はタリンコートで地方復興チーム (PRT) の運営を始めた。

2002年1月から2006年3月まで、ウルーズガーンはジャン・ムハンマド・ハーン知事の支配下にあった。彼はカルザイ大統領につながる軍閥指導者で、大統領と同じポーパルザイ部族に属し本州出身であったが、腐敗した無教養な人物とされ評判は良くなかった。2006年3月18日、カルザイはパクティヤー州出身のマウラヴィー・アブドゥルハキーム・ムーニーブを新知事として任命したが、彼はこれ以前にカルザイ政権との和解を果たしていたものの、ターリバーン政権で辺境担当次官を務め、安保理決議第1267号のターリバーン関係者リストにもその名が掲載されている人物であった。しかし同時に、彼は教養が高く、凄腕の行政官としても評価されている。

2006年8月にNATO米軍から引き継いでウルーズガーンの治安維持を担当し、オランダ軍を派遣した。しかし、ターリバーンの活動は引き続き活発で、2007年現在、オランダ軍の行動範囲は現在のところターリン・コートの基地のごく周辺に限定されざるを得ない状況である。何ら有効な策が打たれないまま、本州のケシの生産量は2006年に過去最高を記録した。

行政区分[編集]

ウルーズガーン州の郡

1市6を擁する[9]

  1. Tirinkot
  2. Dehraou
  3. Chora
  4. Shahidhassas
  5. Khas Urozgan
  6. Gizab
  7. Chinarto

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Afghan Biographies - Shafaq, Abdul Haq Shafiq”. Afghanistan Online. 2015年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e Area and Administrative and Population”. Islamic Republic of Afghanistan (2013年). 2014年2月3日閲覧。
  3. ^ Topological Information About Places On The Earth”. topocoding.com. 2014年3月9日閲覧。
  4. ^ The U.S. Board on Geographic Name”. U.S. Department of the Interior. 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ a b c Provinces of Afghanistan, Statoids, 2015年02月28日閲覧
  6. ^ Kandahar Province”. Independent Election Commission of Afghanistan. 2014年3月10日閲覧。
  7. ^ アフガン大統領、NATO・米軍の「無差別」作戦を非難”. AFP BBNews (2007年6月24日). 2014年2月22日閲覧。
  8. ^ アフガニスタン、2007年は自爆攻撃が多発、タリバン掃討作戦で犠牲者増大”. AFP BBNews (2007年12月18日). 2014年2月22日閲覧。
  9. ^ Settled population of province by civil division Urban .Rural and sex -2013-2015”. Islamic Republic of Afghanistan (2015年). 2015年2月26日閲覧。

関連項目[編集]