アブドラ・アブドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アブドラ・アブドラ
عبدالله عبدالله
Abdullah Abdullah August 2014 (cropped).jpg
生年月日 (1960-09-05) 1960年9月5日(56歳)
出生地 アフガニスタンの旗 アフガニスタン王国 カーブル
出身校 カーブル医科大学
前職 医師
現職 行政長官
所属政党 アフガニスタン国民連合

アフガニスタンの旗 行政長官
在任期間 2014年9月29日 -
大統領 アシュラフ・ガニー

アフガニスタンの旗 外務大臣
内閣 ハーミド・カルザイ
在任期間 2001年10月2日 - 2006年4月20日
テンプレートを表示

アブドラ・アブドラアブドゥッラー・アブドゥッラーパシュトー語: عبدالله عبدالله、英:Abdullah Abdullah、1960年9月5日 - )は、アフガニスタンの政治家。現在、同国行政長官(首相に相当)。妻帯、1男3女を有する。パシュトゥー語英語アラビア語を話す。

来歴[編集]

医師[編集]

カーブル出身。アブドラによると、両親はカーブル出身で、父はパシュトゥーン人、母はタジク人だった[1]。父は首相府の土地監査部に勤務していたため、幼少の頃は父に連れられカーブル・カンダハールパンジシールを転々とした。

1976年にカーブルのギムナジウム「ナディラ」を卒業し、1977年カーブル医科大学に入学し眼科を専攻。1983年に大学を卒業し博士号を取得する[2]1984年から1986年まで、ヌール眼科専門病院とカーブル病院で医師として働く。また、1984年末にムジャーヒディーンに参加した。

1985年9月にはパンジシール峡谷の主任医師となり、アフマド・シャー・マスードの支配地の保健局長を務めた[3]

1986年のムハンマド・ナジーブッラーによる共産政権樹立による混乱に伴いアフガニスタンを離れ、パキスタンペシャーワルの病院で医師として働いた。

政治家[編集]

ジョン・ケリーと会談するアブドラ、ガニー(2014年8月8日)

1992年のナジーブッラー政権崩壊後に、ブルハーヌッディーン・ラッバーニー大統領の報道官兼外務次官に就任した[3]。1990年代中盤からは、北部同盟の外務大臣を務めた。

2001年12月、ボンで開かれたタジク人の会議においてハーミド・カルザイ暫定政権の外務大臣として承認され、2004年に正式な政府が発足した際に留任し、2006年まで務めた[4]。カルザイ政権が進めるターリバーンとの和解や武装放棄した一部のターリバーンの政治参加については一貫して反対しており、「対話ではターリバーンを再び勢いづかせるだけだ」と述べている。

2006年6月にマスード財団の事務局長に就任。医療・教育・農業などの分野で国内の人道支援を行った。

2009年1月、アメリカ合衆国を訪問した際、「バラク・オバマは、カルザイの4人の後継者を面接した。彼はその1人だ」と評された。野党・アフガニスタン国民戦線から大統領選に出馬。8月20日の投票では30%を得票し、カルザイ(49.6%得票)の有力な対抗馬となった。長期間の紛争の末、投票7日前の11月1日に立候補を取り下げた。大統領選後、アブドラはカルザイに対抗するための野党連合・アフガニスタン国民連合英語版を結成し、2010年9月18日のアフガニスタン国民議会選挙では249議席中90議席を獲得し野党第一党に躍進した[5][6]

2014年アフガニスタン大統領選挙に立候補。2014年9月29日アシュラフ・ガニーがアフガニスタン第2代大統領に就任し、大統領選の決選投票で敗れたアブドラも首相格の行政長官に就任した[7]

脚注[編集]

  1. ^ “Dr. Abdullah Abdullah”. www.khaama.com. http://www.khaama.com/dr-abdullah-abdullah 2015年1月30日閲覧。 
  2. ^ The Transition to Democracy in Afghanistan and the Challenges Ahead”. Council on Foreign Relations (2002年10月17日). 2015年1月30日閲覧。
  3. ^ a b Abdullah, Abdullah. “Dr. Abdullah Abdullah: In His Own Words”. 2015年1月30日閲覧。
  4. ^ “Afghan President Karzai appoints new cabinet”. Pakistan Times. (2004年12月24日). オリジナル2009年5月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090517044236/http://pakistantimes.net/2004/12/24/top5.htm 2009年5月15日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ “Afghan opposition says new parliament can check Karzai”. Reuters. (2010年11月24日). http://www.reuters.com/article/idUSTRE6AN2TM20101124 
  6. ^ “2010 Afghan Parliamentary Election: Checks and Balances of Power”. Khaama Press. (2010年12月9日). http://www.khaama.com/?p=1302 
  7. ^ “アフガニスタン ガニ新大統領が就任”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年9月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140929/asi14092917290002-n1.htm 2015年1月24日閲覧。 
公職
先代:
(創設)
アフガニスタンの旗 アフガニスタン共和国行政長官
初代:2014 -
次代:
(現職)
先代:
ワキル・アフメド・ムタワッキル英語版
アフガニスタンの旗 アフガニスタン共和国外務大臣
2001 - 2006
次代:
ランギーン・ダードファル・スパンター