タールカーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Tāloqān
طالوقان طالقان
—    —
タールカーンの市場
Tāloqānの位置(アフガニスタン内)
Tāloqān
Tāloqān
タールカーンの位置
座標: 北緯36度43分 東経69度31分 / 北緯36.717度 東経69.517度 / 36.717; 69.517
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
タハール州
標高 876m (2,874ft)
人口 (2015)
 - 計 219,000人
等時帯 Afghanistan Standard Time (UTC+4:30)

タールカーン(ペルシア語/パシュトゥー語: طالقان)はアフガニスタン北東部のタハール州の州都である。2015年の人口は約21.9万人だった。 [1]

歴史[編集]

1275年マルコ・ポーロが訪れ、「タイカン城には大きな穀物市場が有る。南に聳える丘は大きい。白い塩から成り、鉄槌でしか砕けない程堅い。一周するのに30日かかるが、その行為はこの世で最も純粋だと考えられているようだ。世界中の国の需要を賄える程の塩がここには有る。」と述べた。 [2]

1603年ベント・デ・ゴイスが訪れた。彼は隊商でカブールからカシュガル王国の首都のヤルカンドまで旅していた。 [3]

タールカーンのタハール県庁

2001年1月、タリバンがタールカーンを征服した。 [4] 多くの市民が難民となり、イマーム・サーヒブ村英語版ピャンジシェール谷英語版を目指した。北部同盟軍がタリバンの市北部・東部への進軍を阻もうとしたが、失敗した。11月、北部同盟軍がタールカーンを包囲し、集団墓地で70人の女性と子供の遺体を発見した。彼らは捕虜の家族やパシュトゥーン人だったという事で虐殺された。

脚注[編集]

  1. ^ Tāloqān”. World Gazetteer. 2013年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月19日閲覧。
  2. ^ Dupree, Nancy Hatch (1977) [1st Edition: 1970]. An Historical Guide to Afghanistan (2nd Edition, Revised and Enlarged ed.). Afghan Tourist Organization. 
  3. ^ "The Journey of Benedict Goës from Agra to Cathay" - Henry Yule's translation of the relevant chapters of De Christiana expeditione apud Sinas, with detailed notes and an introduction. In: Yule (translator and editor), Sir Henry (1866). Cathay and the way thither: being a collection of medieval notices of China. Issue 37 of Works issued by the Hakluyt Society. Printed for the Hakluyt society. pp. 558–559. http://books.google.com/books?id=KzEMAAAAIAAJ. 
  4. ^ Filipov, David (10/06/2002). “Amid the ruins of war, Afghans tread warily”. The Boston Globe. オリジナル2009年8月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090805073818/http://www.e-ariana.com/ariana/eariana.nsf/7eca40d3d348841987256b79007d1cb8/05a2b19f9a3171e987256c4a005c8f1a?OpenDocument 2007年12月19日閲覧。 

外部リンク[編集]