ヤルカンド県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区
莎車県
アマニサハン記念陵
アマニサハン記念陵
カシュガル地区中のヤルカンド県の位置
カシュガル地区中のヤルカンド県の位置
簡体字 莎车
繁体字 莎車
拼音 Shāchē
ウイグル語 يەكەن
ウイグル語ローマ字転写 Yeken
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
行政級別
面積
総面積 9,036.55 km²
人口
総人口(2003) 62.1 万人
経済
GDP(2003) 12.61億元
電話番号 0998
郵便番号 844700
行政区画代碼 653125
公式ウェブサイト http://gat.xinjiang.gov.cn/

ヤルカンド県(-県、イェケン県、ウイグル語:يەكەن 転写:Yeken)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区カシュガル地区に位置する県。

地理[編集]

ヤルカンドは新疆西南部、崑崙山脈北麓、パミール高原南面のヤルカンド河沖積平野に位置する。 南はポスカム県カルギリク県、西はイェンギサール県アクト県、東はマルキト県、西北はヨプルガ県疏勒県、西南はタシュクルガン・タジク自治県と接する。 平均海拔1231.2メートル、山地が39.18%、平原が60.82%を占め、耕地面積126万畝である。 暖温帯大陸性気候に属する。四季は分明で、気候は乾燥しており、日照時間は長い。年平均気温は12.3℃、年平均降水量56.6ミリ。

歴史[編集]

ヤルカンドは2000年あまりの歴史を有し、かつて莎車国(前漢の時代)、渠沙国、ヤルカンド・ハン国を形成した。 1943年から1956年にかけて莎車専署所在地となり,1956年以降はカシュガル地区行署に所属している。

行政区画[編集]

ヤルカンド県は傘下の7鎮、21郷、1民族郷、その他から構成されている。

  • 鎮:ヤルカンド鎮(莎車鎮)、チャレク郷(恰熱克鎮)、エリシク鎮(艾里西湖鎮)、ハンディ鎮(荒地鎮)、アワト鎮(阿瓦提鎮)、ベシケント鎮(白什坎特鎮)、エゲルチ鎮(依蓋爾其鎮)
  • 郷:キュルバグ郷(古勒巴格郷)、アラル郷(阿熱勒郷)、チャルバグ郷(恰熱巴格郷)、トミョステン郷(托木吾斯塘郷)、イェンギヨステン郷(英吾斯塘郷)、オダンリク郷(烏達力克郷)、アルスランバグ郷(阿熱斯蘭巴格郷)、ヤカエリク郷(亜喀艾日克郷)、コシェリク郷(喀群郷)、コシラプ郷(藿什拉甫郷)、ダムスィ郷(達木斯郷)、ミシャ郷(米夏郷)、イシクル郷(伊什庫力郷)、ペキチ郷(拍克其郷)、トミョステン郷(塔尕爾其郷)、コシェリク郷(闊什艾日克郷)、デョンバグ郷(墩巴格郷)、アラメト郷(阿拉買提郷)、アザドバグ郷(阿扎特巴格郷)、バグアワト郷(巴格阿瓦提郷)、カラス郷(喀拉蘇郷)
  • 民族郷:ゼレプシャト・タジク族郷(孜熱甫夏提塔吉克族郷)
  • 類似郷級行政単位:カシュガル監獄、良種繁育場、第一林場、国営二林場、園芸場、蚕種場、魚苗場、農科院ヤルカンド農業試験場、工業園区管理委員会、イェンギアワト管理委員会(英阿瓦提管理委員会)

経済[編集]

2003年の全県生産総額は12.61億元であった。うち工業総生産額は2.57億元、農業総生産額は15億元,農民の一人当たり純収入は1549元。 農業は綿花や小麦、トウモロコシの栽培を主とし、ハミウリざくろ、葡萄、杏も産する。 工業は棉紡績、電力、建材、冶錬、食料加工などが主な業種である。

外部サイト[編集]