バインゴリン・モンゴル自治州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 新疆自治区 巴音郭楞蒙古自治州
略称:巴州


新疆ウイグル自治区の中のバインゴリン州の位置
新疆ウイグル自治区の中のバインゴリン州の位置
簡体字 巴音郭楞
繁体字 巴音郭楞
拼音 Bāyīnguōléng
カタカナ転写 バーイーグォーロン
モンゴル語キリル文字 Баянголын
モンゴル語ローマ字転写 Bayangolin
ウイグル語 بايىنغولىن موڭغۇل ئاپتونوم ئوبلاستى
ウイグル語ローマ字転写 Bayingholin
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆
行政級別 自治州
面積
総面積 472,472.1 km²
人口
総人口(2004) 112.65 万人
経済
電話番号 0996
郵便番号 841000
ナンバープレート 新M
行政区画代碼 652800
公式ウェブサイト http://www.xjbz.gov.cn/

バインゴリン・モンゴル自治州( - じちしゅう)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区東南部に位置する自治州

新疆最大の地方行政単位であり、漢族が約68%を占める。モンゴル族人口は4.6万人に過ぎず、ウイグル族人口36.5万人などとなっている。

なお、新疆生産建設兵団約20万人が入植している。首府はコルラ市。

地理[編集]

自治州中央部は東西にタクラマカン砂漠が走り、オアシスは南北の山際に点在する。タクラマカン砂漠は天然ガス石油など多数の鉱物資源が豊富に埋蔵されている。

北はハミ地区ウルムチ市、イリ・ハザク自治州、西はアクス地区ホータン地区、南は西蔵自治区青海省、東は甘粛省と接する。

歴史[編集]

古くからシルクロードが域内を貫通し、西域三十六国中、楼蘭、若羌、且末、小宛、戎戸、山国、輪台、焉耆、尉犁、渠犁、危須の十一国があった。紀元前60年前漢は鳥塁(今、輪台県内)に西域都護府を設置し、西暦91年には後漢が楼蘭に西域長史を置いた。648年にはが焉耆都護府を設置している。清朝1759年カラシャール弁事大臣を置いて、焉耆やコルラを統括させた。

また西域南道の且末や若羌は于闐(ホータン)弁事大臣の管轄に属した。1771年モンゴル・トルグート部(カルムイク人参照)がボルガ河流域から東帰し、和硯県付近で遊牧を許された。1902年には焉耆府が設置されて、新平(今、尉犁)、若羌、輪台の三県を管轄。新中国成立後、1950年4月12日成立焉耆専署が置かれ、1954年6月23日バインゴルン・モンゴル自治区とコルラ専署に分割されたが、1960年12月にコルラ専署がバインゴルン自治州に編入され、州政府所在地が焉耆からコルラに移った。

行政区域[編集]

1市・7県・1自治県を管轄する。

  • コルラ市(庫尓勒市) - 面積7219平方キロ、人口39万。
  • ブグル県(輪台県) - 面積14184平方キロ、人口9万。県人民政府は輪台鎮に所在。
  • ロプノール県(尉犁県) - 面積59399平方キロ、人口10万。県人民政府は尉犁鎮に所在。
  • チャルクリク県(若羌県) - 面積198318平方キロ、人口3万。県人民政府は若羌鎮に所在。
  • チャルチャン県(且末県) - 面積138645平方キロ、人口6万。県人民政府は且末鎮に所在。
  • 和静県 - 面積34976平方キロ、人口17万。県人民政府は和静鎮に所在。
  • ホショード県(和硯県) - 面積12753平方キロ、人口6万。県人民政府はトウリク鎮。
  • バグラシュ県(博湖県) - 面積3603平方キロ、人口6万。県人民政府は博湖鎮に所在。
  • 焉耆回族自治県 - 面積2429平方キロ、人口12万。自治県人民政府は焉耆鎮に所在。

年表[編集]

焉耆専区[編集]

新疆省コルラ専区[編集]

  • 1954年7月16日 - 焉耆専区がコルラ専区に改称。(5県)
    • 和靖県・ホショード県・焉耆回族自治県がバインゴリン・モンゴル自治州に編入。
  • 1955年9月13日 - 新疆ウイグル自治区の成立により、新疆ウイグル自治区コルラ専区となる。

新疆省バインゴリン・モンゴル自治州[編集]

  • 1954年7月16日 - 焉耆専区和靖県ホショード県焉耆回族自治県を編入。バインゴリン・モンゴル自治州が成立。(2県1自治県)
  • 1955年9月13日 - 新疆ウイグル自治区の成立により、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州となる。

新疆ウイグル自治区コルラ専区[編集]

  • 1959年6月16日 - チャルクリク(婼羌)県がチャルクリク(若羌)県に改称。(5県)
  • 1960年4月22日 - コンチェ県がロプノール県に改称。(5県)
  • 1960年11月22日 - コルラ県・ロプノール県・ブグル県・チャルチャン県・チャルクリク県がバインゴリン・モンゴル自治州に編入。

新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州[編集]

  • 1960年11月12日 - コルラ専区コルラ県ロプノール県ブグル県チャルチャン県チャルクリク県を編入。(7県1自治県)
  • 1965年11月3日 - 和靖県が和静県に改称。(7県1自治県)
  • 1970年11月25日 (8県1自治県)
  • 1979年9月2日 - コルラ県・焉耆回族自治県の各一部が合併し、コルラ市が発足。(1市8県1自治県)
  • 1983年8月19日 - コルラ県がコルラ市に編入。(1市7県1自治県)
  • 2009年9月 - ロプノール県の一部がコルラ市に編入。(1市7県1自治県)
  • 2012年12月17日 - コルラ市の一部が分立し、自治区直轄県級行政区の鉄門関市となる。(1市7県1自治県)

外部リンク[編集]