ジェミナイ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区
吉木乃県
トスト郷市街地
トスト郷市街地
簡体字 吉木乃
繁体字 吉木乃
拼音 Jímùnăi
カタカナ転写 ジーミーナイ
ウイグル語 جېمىنەي
ウイグル語ローマ字転写 Jeminəy
カザフ語アラビア文字 جەمەنەي
カザフ語キリル文字 Жеменей
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
副省級自治州 イリ・カザフ自治州
地区 アルタイ地区
行政級別
面積
総面積 7,145.04 km²
人口
総人口(2003) 3.7 万人
経済
電話番号 0901
郵便番号 836800
行政区画代碼 654326
公式ウェブサイト http://61.243.91.210/

ジェミナイ県(-けん)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区に位置する。県政府の所在地はトプテレク鎮(托普鉄熱克鎮)。

地理[編集]

新疆北部の辺縁、ジュンガル盆地の北縁、サウル山(薩吾爾山)の北麓、エルティシ河(額爾斉斯河)南岸にあたる北緯47度00分~47度59分、東経85度33分~87度09分、西はカザフスタン共和国と141kmに渡り国境を接し、東はブルルトカイ県、南はタルバガタイ地区コブクサル・モンゴル自治県、と北はカバ県ブルチン県に隣接する。県域は東西約120km、南北約110km。行政区域面積8,222km2。カザフスタン・ジュンガルプレート上、西ジュンガル古生代弧盆系、タルバガタイ(塔爾巴哈台)——サウル島弧帯に位置している。地質構造の発育、マグマの侵入および火山活動が頻繁、鉱産は比較的豊富で、各種鉱産物は28大類107種にのぼる。県内では石炭天然ソーダ大理岩粘土硫酸ナトリウム石膏などが開発利用されている。

歴史[編集]

「ジェミナイ」は九姓鉄勒のうちの一つの氏族名である。「吉木乃」の他「吉別乃」とも音訳される。清朝ジュンガル部平定の後、イリ将軍轄下のタルバガタイ参賛大臣の管理下に置かれ、1906年のホブド(科布多)、アルタイ(阿勒泰)の分治時には阿勒泰弁事大臣の管轄となった。辛亥革命後、1916年に県佐を設け、1930年に県制を正式に開始、県城は初め吉木乃(今の吉木乃鎮の所在地)に設けられた。1962年4月には元の県城が農十師一八六団の管轄となり、県城はトプテレク鎮へ移転した。

行政区画[編集]

5郷2鎮を管轄:

  • :トプテレク鎮(托普鉄熱克鎮)、ジェミナイ鎮(ジェメネイ鎮、吉木乃鎮)
  • :ベステレク郷(別斯鉄熱克郷)、トスト郷(托斯特郷)、カルジャイ郷(喀爾交郷)、シャルシカイ郷(恰勒什海郷)、トプテレク郷(托普鉄熱克郷)


農十師一八六団を有する。

主な観光地・名勝[編集]

  • 木斯島雪山
  • 塔特克什岩石画
  • 北沙窩(夏夏合特沙漠)
  • 沙漠植物園
  • 国門
  • 中哈界橋
  • 界碑
  • ジェミナイ口岸
  • 第四紀氷河跡
  • サウル高山草原
  • 托海闊拉斯岩画
  • 森塔斯湖石人および墓群
  • 吉恩思汗墓
  • 拉斯特河穀風景区
  • カルジャイ河風景区

人口[編集]

総人口37,733人のうち男性19,090人、女性18,643人;漢族13,209人、県内の15少数民族の総人口24,524人;非農業人口18,530人、農業人口19,203人;城鎮人口総数10,121人(2005年)。カザフ族が人口の60%以上を占める。