水磨溝区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区 水磨溝区
紅山公園。道路の左側はサイバグ区
紅山公園。道路の左側はサイバグ区
略称:水区


ウルムチ市の中の水磨溝区の位置
ウルムチ市の中の水磨溝区の位置
中心座標 北緯43度48分 東経87度35分 / 北緯43.800度 東経87.583度 / 43.800; 87.583
簡体字 水磨沟
繁体字 水磨溝
拼音 Shŭimógōu
ウイグル語 شۇيموگۇ رايونى
ウイグル語ローマ字転写 Shuymogu
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
地級市 ウルムチ市
行政級別 市轄区
面積
総面積 277.56 km²
人口
総人口(2019) 54 万人
経済
電話番号 0991
郵便番号 830017
ナンバープレート 新A
行政区画代碼 650105
公式ウェブサイト http://www.xjsmgq.gov.cn/

水磨溝区(すいまこう-く、ウイグル語:شۇيموگۇ رايونى)は、中華人民共和国新疆ウイグル自治区ウルムチ市に位置する市轄区。ウルムチ市の中心的区域の一つで、総面積約278平方キロメートル、29の民族が居住し、人口約54万人[1]

地理[編集]

水磨溝区はウルムチ市の北東地域にあり、ジュンガル盆地の南端に位置し、天山山脈ボゴダ峰の西側北嶺に当たる。現在この区画は、南は江山路で米東区天山区と接し、南東は達坂城区と接し、西は河灘高速道路サイバグ区新市区に接しており、北と東は米東区と接している。

歴史[編集]

この近辺は代から西漢初期、車師の頃から遊牧民の地域であった。西漢王朝の宣帝神爵2年(紀元前60年)に「西域」を統括する西域都護烏壘タリム盆地チャーディル近辺)に設置し、現在の水磨溝区の地域も正式に西漢の版図に入った[2]

唐代には水磨溝区は輪台県(ブグル県)に属し、安西大都護府の管轄であった。明代モンゴル族オイラトの一部族ホシュートや、ジュンガルがこの地を治めていた。その後清代になってがこの地域を隷属し、迪化州、迪化府、迪化県の管轄となり、現在の六道湾七道湾の辺りが開拓された[2]

中華人民共和国成立後、迪化市、その後ウルムチ市となった。1956年にウルムチ市五区とウルムチ県一区の一部が合併し、水磨溝工鉱区が設立された。1969年には八道湾鎮が水磨溝工鉱区に併合された。さらに同年、水磨溝工鉱区は水磨溝区に改称された[2]

観光[編集]

  • 南湖人民広場
  • 水磨溝風景区:水磨溝公園
  • 紅山公園

行政区画[編集]

15街道を管轄:

  • 街道弁事所:水磨溝街道、六道湾街道、八道湾街道、葦湖梁街道、新民路街道、南湖南路街道、南湖北路街道、七道湾街道、楡樹溝街道、石人子溝街道、水塔山街道、華光街街道、竜盛街街道、振安街街道、河馬泉街道

脚注[編集]

  1. ^ 水磨沟简介 [1]
  2. ^ a b c 水磨沟区历史沿革[2]