アラトゥルク県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区 アラトゥルク県
伊吾県
新疆ウイグル自治区中のアラトゥルク県の位置
新疆ウイグル自治区中のアラトゥルク県の位置
簡体字 伊吾
繁体字 伊吾
拼音 Yīwú
カタカナ転写 イーウー
ウイグル語 ئارا تۈرۈك ناھىيىسى
ウイグル語ローマ字転写 Ara Türük
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
地級市 クムル市
行政級別
面積
総面積 19,519[1] km²
人口
総人口() 22,400[1] 万人
経済
電話番号 0902
郵便番号 839300
行政区画代碼 652223
公式ウェブサイト http://www.xjyiwu.gov.cn/

アラトゥルク県(アラトゥルク-けん、ウイグル語:ئارا تۈرۈك ناھىيىسى、中国語:伊吾县)は、中華人民共和国新疆ウイグル自治区クムル市に位置する。中国語では伊吾県と呼ばれる。

概要[編集]

アラトゥルク県は新疆ウイグル自治区の北東部、天山北嶺の東側に位置している。北東にはモンゴルと国境で接し、西はバルクル・カザフ自治県と接し、南は山を隔て伊州区と接している。伊州区市街地まで176キロの距離である[2]

県の中心であり人民政府の置かれている伊吾鎮は、周囲を岩山に囲まれており、気候が変わりやすいのが特徴である。

歴史[編集]

アラトゥルク県は漢代の伊吾盧の地にあたり、屯田が行われた[3]晋代に伊吾県が設置されるが、五胡十六国時代から南北朝時代にかけての間、しばしば伊吾は異民族の襲撃を受けた。

1935年に哈密県から伊吾設治局が分割され、1943年に県に改められた[1]

人口[編集]

総人口は約21.2万人で、その内ウイグル族が47%、漢族27%、カザフ族22%が占めている。その他、回族チワン族満州族などの15の民族が居住する[1]。流動人口は高峰シーズンには4万人を超える[2]。、

地理[編集]

カルリク山主峰は4888メートル、淖毛湖盆地の最低海抜は260メートル、県の市街地の標高は1700メートル。総面積は19,519平方メートル。県域の東西は215キロメートル、南北は175キロメートル[2]

行政区画[編集]

3鎮、3郷、1民族郷を管轄:

  • :アラ・テュリュク鎮(伊吾鎮)、ノム鎮(淖毛湖鎮)、トゥズキョル鎮(塩池鎮)
  • :アダク郷(葦子峡郷)、バイ郷(下馬崖郷)、トゥフル郷(吐葫芦郷)
  • 民族郷:ナリンキル・カザフ族郷(前山哈薩克族郷)

気候[編集]

アラトゥルクの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F −5
(23)
−3
(27)
3
(37)
11
(52)
19
(66)
22
(72)
24
(75)
23
(73)
18
(64)
10
(50)
1
(34)
−3.3
(26.1)
10
(50)
平均最低気温 °C°F −17
(1)
−15
(5)
−9
(16)
5
(41)
10
(50)
12
(54)
10
(50)
5
(41)
−2
(28)
−10
(14)
−15
(5)
−2
(28)
降水量 mm (inch) 1
(0.04)
1
(0.04)
2
(0.08)
5
(0.2)
9
(0.35)
19
(0.75)
27
(1.06)
14
(0.55)
8
(0.31)
3
(0.12)
1
(0.04)
1
(0.04)
91
(3.58)
出典:Weatherbase[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 伊吾概況(2013年4月閲覧)
  2. ^ a b c 伊吾县人民政府「伊吾概况」[1]
  3. ^ 『精選中国地名辞典』、25-26頁
  4. ^ [2](2013年4月閲覧)

参考文献[編集]

  • 『精選中国地名辞典』(塩英哲編訳, 凌雲出版, 1983年3月)

外部リンク[編集]