アラル市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区
アラル市
新疆ウイグル自治区の中のアラル市の位置
新疆ウイグル自治区の中のアラル市の位置
簡体字 阿拉尔
繁体字 阿拉爾
拼音 Ālā'ĕr
カタカナ転写 アーラール
ウイグル語 ئارال
ウイグル語ローマ字転写 Aral
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
行政級別 県級市
面積
総面積 3,927.10 km²
人口
総人口(2003) 15.1 万人
経済
電話番号 0997
郵便番号 833000
ナンバープレート 新N
行政区画代碼 659002
公式ウェブサイト http://www.ale.gov.cn/

アラル市(-し)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区に位置する自治区直轄の県級市

タリム盆地の西北部に位置する、新疆生産建設兵団農一師により管理された新興軍墾都市の一つである。綿の生産が比較的発達している。

アラル市街アラル鎮はタリム墾区の中心地帯であり、元は新疆生産塀団農一師9団の駐屯地であったが、1957年に開墾が開始された。20世紀末にここは兵団の発展基地の一つに確定され、大規模な都市建設が進められた。2002年中華人民共和国国務院はアラル市の設立を特別許可し、タリム河沿岸の農一師7団、8団、9団、10団、11団、12団、13団、14団、15団、16団などの団場と元々アクス市に属していた托喀依郷を含めた。アラル市は石河子体制を実行した。すなわち名義上は新疆ウイグル自治区政府に直属となった。但し実際は新疆生産建設兵団に所属する農一師の管理下にあり、市長は農一師の師長兼任の軍政合一であるいわゆる「師市」である。

アラルはウイグル語で「緑色の島」を意味し、市街はタリム盆地とタクラマカン砂漠西北辺縁のオアシス内にある。タリム河が貫流しており、上流には勝利、多浪など多くのダムがある。全市年平均気温は10℃、降水量は52mm。人口中90%以上が漢族である。経済は綿花関係の産業が主で、栽培、研究、紡績加工等の全ての生産過程を含む。中国最大の長絨綿の産地かつ重要な細絨綿の産地である。このほか、香梨紅棗の栽培などの産業や地区性を有するテレビ局や農業に力を入れた総合大学タリム大学が設置されている。

行政区画[編集]

4街道、1郷を管轄:

  • 街道:金銀川路街道、幸福路街道、青松路街道、南口街道
  • :トカイ郷(托喀依郷)