アクス地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中華人民共和国 新疆自治区 阿克蘇地区
スバシ故城
スバシ故城
新疆ウイグル自治区の中のアクス地区の位置
新疆ウイグル自治区の中のアクス地区の位置
簡体字 阿克苏
繁体字 阿克蘇
拼音 Ākèsū
カタカナ転写 アーカースー
ウイグル語 ئاقسۇ ۋىلايىتى
ウイグル語ローマ字転写 Aksu
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆
行政級別 地区
面積
総面積 128,097.39 km²
人口
総人口(2003) 219.33 万人
経済
電話番号 0997
郵便番号 843000
ナンバープレート 新N
行政区画代碼 652900
公式ウェブサイト http://www.aksu.gov.cn/

アクス地区( - ちく)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区に位置する地区級行政単位。古来シルクロードの重鎮であるオアシス都市アクスを中心とする。人口ではウイグル族が74.6%、漢族が24.1%を占める。

地理[編集]

天山南麓、タクラマカン砂漠北縁に位置し、東はバインゴリン・モンゴル自治州と接し、南はタクラマカン砂漠を隔ててホータン地区を望む。西南はカシュガル地区、西北はキルギス共和国及びカザフスタン共和国と国境を接する。

行政区画[編集]

1市・8県を管轄する。

県級市:

県:

年表[編集]

新疆省アクス専区[編集]

新疆省南疆行政公署アクス専区[編集]

新疆ウイグル自治区南疆行政公署アクス専区[編集]

  • 1956年4月21日 - 南疆行政公署アクス専区がアクス専区に改称。

新疆ウイグル自治区アクス地区[編集]

  • 1958年5月29日 - オンスー県がアクス県に編入。(8県)
  • 1962年10月20日 - アクス県の一部が分立し、オンスー県が発足。(9県)
  • 1975年1月30日 - アクス専区がアクス地区に改称。(9県)
  • 1983年8月19日 - アクス県およびオンスー県の一部が合併し、アクス市が発足。(1市8県)
  • 2002年9月17日 - アクス市の一部が分立し、自治区直轄県級行政区のアラル市となる。(1市8県)
  • 2013年1月23日 - アクス市・アーバード県・カルピン県の各一部がアラル市に編入。(1市8県)

事件[編集]

ウイグル族と漢族による民族対立から、しばしば暴力や爆発事件が発生。2014年1月には、アーバード県とトクス県で警官、公安当局者が負傷する規模の衝突、爆発事件が発生した [1]

出典[編集]

  1. ^ “新疆で連続爆発、5人死傷=ウイグル族3人射殺も―中国”. 時事通信. (2014年1月24日). オリジナル2014年1月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140125033942/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140124-00000209-jij-cn 2014年1月25日閲覧。 

観光[編集]

クチャ県のキジル千仏洞やクチャ古城が名高い。   

外部リンク[編集]