アルトゥシュ市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国 新疆ウイグル自治区
阿図什市
スルタン・サトゥク・ブグラ・ハン陵
スルタンサトゥク・ブグラ・ハン
クズルス自治州の中のアルトュシュ市の位置
クズルス自治州の中のアルトュシュ市の位置
中心座標 北緯39度40分 東経76度43分 / 北緯39.667度 東経76.717度 / 39.667; 76.717
簡体字 阿图什
繁体字 阿圖什
拼音 Ātúshí
ウイグル語 ئاتۇش
ウイグル語ローマ字転写 Atush
キルギス語アラビア文字 ارتىش
キルギス語キリル文字 Артыш
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 新疆ウイグル
自治州 クズルス・キルギス自治州
行政級別 県級市
面積
総面積 15,697.78 km²
人口
総人口(2003) 20.5 万人
経済
電話番号 0908
郵便番号 845300
ナンバープレート 新P
行政区画代碼 653001
公式ウェブサイト http://www.xjats.gov.cn/

アルトゥシュ市(-し)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州に位置する県級市。同自治州の政府の所在地であり、住民の80%をウイグル族が占める。

地理[編集]

「アルトゥシュ」はキルギス語で「二つの山の間」を意味する。天山南麓、タリム盆地の西北部の地で、市域北部は皆山地であり、中南部は砂漠が多い。年平均気温12℃、降水量80mm。

歴史[編集]

時代は疏勒に、時代には突厥に属し、は疏勒都督府を設けた。古代のシルクロード上の重鎮となり、今日に至っても依然に貿易が盛んである。代からはカラハン国に属した。代には阿斯図阿図什と称され、後に阿図什へと変遷した。1942年に阿図什県を設け、1986年に市となった。

行政区画[編集]

2街道1鎮6郷を管轄:

  • 街道弁事所:幸福街道、光明街道
  • :ウストゥン・アルトゥシ鎮(ユステュン・アトゥシ鎮、上阿図什鎮)
  • :スンタグ郷(スュンタグ郷、松他克郷)、アザク郷(阿扎克郷)、アグ郷(阿湖郷)、カッタイラク郷(格達良郷)、テギルメティ郷(テュギュルミティ郷、吐古買提郷)、カラジュル郷(カラジョル郷、哈拉峻郷)

経済[編集]

アルトゥシュの経済は農業が主で、産物は綿花、葡萄、綿羊などが主である。特産品はイチジクであり、品質は最上で、名高く、生産量は中国第一である。市内には岩塩鉱などの資源もある。